アルペディシウジのパノラマ~リッチ~コンパッチョをトレッキング♪

地図,アルペディシウジ,ドロミテ,バス,ルート,トレッキング,コンパッチョ,シウジ高原,MAP,アクセス,行き方,イタリア,サルトリアハイキング,アイキャッチ

『アルペ・ディ・シウジのハイキング後編』をピックアップ!

2019年7月に決行した北イタリア旅行4日目に訪れたAlpe di siusi。

「ドロミテの展望台」と称されるシウジ高原は圧巻の光景が広がっていました。

前回のハイキング前編では『コンパッチョからパノラマルート』をご紹介しましたが、今日は『パノラマ~リッチ~コンパッチョまでのトレッキングルート』をご紹介♪

まずはパノラマからリッチへのルートから確認していきましょう(^^)/




パノラマ~リッチへのルート確認。

シウジエリアPDFファイルのダウンロードこちらをクリック。

(※地図はコンパッチョのホテルで無料でGETしました。)

前回の記事、CompaccioからPanoramaまでは40~50分程度の移動時間

Panorama~Ritsch間は30分、Ritsch~Compaccioまでは30~40分程度の時間を見込んでおいたほうが良いです。

左・緑矢印(パノラマ)~上・水色矢印(リッチ)~下・ピンク矢印(コンパッチョ)を結ぶルート。

右・緑矢印(パノラマ)~上・水色矢印(リッチ)~下・ピンク矢印(コンパッチョ)を結ぶルート。

パノラマからリッチへ。

標識でルート確認。

パノラマに別れを告げ、リッチへ向けて歩を運びます。

パノラマだけにパノラマ撮影がサマになる!

この投稿をInstagramで見る

hikotopi1さん(@hikotopi1)がシェアした投稿

廃屋さえも絵になる光景。

廃屋さえも絵になる光景。

この投稿をInstagramで見る

hikotopi1さん(@hikotopi1)がシェアした投稿

360度ぐるりと開放的な展望。

360度ぐるりと開放的な展望。

コンパッチョ方面雲行きが怪しかったが、雨対策はバッチリなので気にしないで進みました。

やや怪しい雲行き

やや怪しい雲行き

高山植物が咲いている(名前は知らないけど)。

高山植物が咲いている(名前は知らないけど)。

道を進むとクレーン車が土木作業をしていた。

シウジ高原に似つかぬクレーン車。

シウジ高原に似つかぬクレーン車。

新しいリゾート地やリフト乗り場ができるのかな?

クレーンで掘り起こされるシウジの大地

クレーンで掘り起こされるシウジの大地。大胆だな…

リッチ方面も明らかに雨が降っていそう。

リッチ方面も明らかに雨が降っていそう。

林へ進む(林進?)。

林へ進む(林進?)。

咲き誇る高山植物

名前は分からないけれど、7月上旬は高山植物が沢山咲いていました。

ウツボットみたいな高山植物。

ウツボットみたいな高山植物。

紫色の高山植物

紫色の高山植物

花曇りの天気

花曇りの天気

林を抜けるとリッチはもう近い

リッチに到着。

ホテルがあるリッチに到着(というかホテルしかない)。

木造のかわいらしいホテルです。

ログハウス風なホテル

ログハウス風なホテル

鹿の頭部がカッコイイ

鹿の頭部がカッコイイ

キリストの木彫

キリストの木彫

木彫のスキーヤー

木彫のスキーヤー

ホテルリッチは3つ星ホテルだとか。

ホテルリッチは3つ星ホテル。

コンパッチの集落へ戻る。

リッチからサルトリアという町まで行きたかったですが、天候が不安なのでコンパッチョまで歩いて帰ることにしました。

天気は完全に曇りだ。

天気は完全に曇りだ。

シウジエリアはバスの利用も可能。

リッチ近くにはバス停があり、コンパッチョまでバスでも行けます。

シウジエリアのバスルート

シウジエリアのバスルート

バスの時刻表

バスの時刻表

バス停に岸田さんに似た人(私の母の友人で登山好きな女性である)がいて、私は辺鄙な場所で日本人に会えたのが嬉しく「こんにちは!」と声を掛けてみた。

すると岸田さんはポカ~ンとしており、私は念のため「Are you japanese?」と聞いてみると「I’m Chinese.」と返答…。

「どこに行くの?」と尋ねると、バスでコンパッチ(ドイツ語風に言うとCOMPATSCHとなる)に行くみたいだ。

私は岸田さんに別れを告げ、歩いてコンパッチョを目指した。やれやれ。

途中で雨が降ってきた。

案の定、曇から雨粒がポツリポツリと降ってくる。

私は待ってましたとばかりに「バーグハウスのレインカバー」を取り出す。

バーグハウスのレインカバーをサクッと装着。

バーグハウスのレインカバーをサクッと装着。

ミレーのゴアテックスの上着を羽織る。

ミレーのゴアテックスの上着を羽織る。

コンパッチョに到着。

コンパッチが近づくと天気は段々晴れてくる。

道の途中にナガタニ ヨシアツ(YOSHIATSU NAGATANI)と書かれたベンチがある。

YOSHIATSU NAGATANI TOKYO 2008.09.03と書かれたベンチ

YOSHIATSU NAGATANI TOKYO 2008.09.03と書かれたベンチ

YOSHIATSU NAGATANIさんはアルペ・ディ・シウージ地域で最大の町・カステルロット(castelrotto)の創設者らしい。

ベンチの背後にはキリストの十字架。

ベンチの背後にはキリストの十字架。

ホテル予約の小屋がある。空き状況が分かるので便利。

ホテル予約の小屋がある。空き状況が分かるので便利。

先ほどまでコンパッチョを覆っていた雨雲は消え、アルペディシウジののどかな光景が広がっていた。

シウジらしい長閑で素敵な光景だ

シウジらしい長閑で素敵な光景だ

この投稿をInstagramで見る

hikotopi1さん(@hikotopi1)がシェアした投稿

ルピナスが西日に映える。ルピナスという名前はラテン語でオオカミを意味し、吸肥力が非常に強い特徴を貪欲な狼にたとえたものだそうだ。

ルピナスが西日に映える。ルピナスという名前はラテン語でオオカミを意味し、吸肥力が非常に強い特徴を貪欲な狼にたとえたものだそうだ。

以上、『アルペ・ディ・シウジのハイキング・後編』をピックアップしました!

シウジ高原トレランやサイクリングも楽しめるので、アクテビティな方は連泊するのもオススメです。

小腹が空いたときのために、非常食があると大変重宝しますよ(^^)

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

コンパッチョで泊まったビミョーなホテルの記事はこちら(^-^;

ハイキングにオススメのグッズはこちら!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク