ベネチア絶景の展望台『鐘楼』当日券の買い方&営業時間、混雑具合は?

鐘楼,展望台,予約,行き方,アクセス,ベネチア,ヴェネツィア,営業時間,混雑,当日,チケット,入場料,料金,おすすめ,階段,混雑,売り場,買い方,キャッチアイ

ヴェネツィア・サンマルコ広場の『鐘楼』をピックアップ!

2019年7月に訪れたヴェネツィア。

今日ご紹介するサン・マルコ広場の「鐘楼(Campanile di San Marco)」は、ベネチアにある観光名所の中でも特に有名であり街のシンボルとされています。

塔の高さは98.6mあり、見下ろす街並みは「ベニスを見て死ね」といわれるほど!

死ぬまでに一度は訪れたい憧れの光景が広がっています。

まずは「鐘楼」へのアクセスから見ていきましょう(^^)/




ヴェネツィア・サンマルコ広場の『鐘楼』のアクセス。

サンマルコ寺院の入り口前にある鐘楼サンタルチア駅から徒歩約30分。

徒歩30分と聞くとゲンナリしてしまいますが、ヴェネツィアは歩けば歩くほど発見のある街

道の途中にあるリアルト橋『コンタリーニ・デル・ボヴォロの階段』などを巡り、ゆっくりサンマルコ広場へ向かうのがオススメです。

鐘楼の赤いれんが造りでシンプルなフォルムは寺院とは対照的な美しさ。

開放的なサンマルコ広場に立つ鐘楼。

開放的なサンマルコ広場に立つ鐘楼。

鐘楼下の大理石とブロンズのエレガントな装飾は建築家ヤコポ・サンソヴィーノによる16世紀の物で見逃せない。

当日券を鐘楼の下で購入。

鐘楼下にあるチケット売り場で当日券を購入。

鐘楼下にあるチケット売り場で当日券を購入。

私は17:30頃鐘楼を訪れました。

鐘楼下のチケット売り場私の前に1,2人並んでいる程度。

少し不機嫌そうなチケット売り場の係員に挨拶をして(ボナセーラ!)、人数を伝え、8ユーロ支払います。

当日券のチケット。

当日券のチケット。

朝・昼間かなり混雑するようなので、ネットでもチケットの予約が可能です。

サンマルコ大聖堂 3€
サンマルコの大鐘楼 5€(入場料8€が加算され合計13€)

英語が苦手な方や、カード払いが不安な方当日券を窓口で買うのがオススメです

豪華なエレベーターホール。

大理石で装飾された絢爛なエレベーターホールを抜けて、エレベーターに乗り込みます。

エレベーターの天井。ライオンの紋章が見える。

エレベーターの天井。有翼のライオンの紋章が見える。

なぜ翼のあるライオンなのか?

それは新約聖書の一部となっている「ヨハネの黙示録」に、聖マルコが「翼のあるライオン」として描かれているからだそうです。

地上100メートルの鐘楼から見えた景色。

エレベーターで展望台へ上ると、ヴェネツィアの絶景が広がっていた。

先ほどまで歩いていた”ごちゃごちゃしていた街並み”「街一体」となって見渡せる。

一体感のあるベニスの街並み。

一体感のあるベニスの街並み。

眼下に広がるラグーナ(潟)の眺望も美しい。

詩人・ゲーテが生まれて初めて海を見たのがこの鐘楼だったことでも有名だ(初めて知った…)。

右に見える塔はサン・ジョルジョ・マッジョーレ聖堂だ。

右に見える塔はサン・ジョルジョ・マッジョーレ聖堂。

西日を受けた鐘楼が影を作り、ベニスの光景に溶け込む。

西日を受けた鐘楼が影を作り、ベニスの光景に溶け込む。

金網があるので、レンズを金網に乗せて景色を撮影しよう。

金網があるので、レンズを金網に乗せて景色を撮影しよう。

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂も見えた。まるでケーキみたいだ。

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂も見えた。まるでケーキみたいだ。

「水の都」を作り上げた人々の情熱と歴史を感じる鐘楼は、ベネチアを訪れたら外すことができないスポットです。

サンマルコ小広場にある2本の柱。

街を見下ろすと見えるサンマルコ小広場。

広場にある2本の柱は、その昔、柱の間には絞首刑の死刑執行台が置かれていたといい、ヴェネツィア人は不吉として柱の間を通らなかったそうです。

柱の上には有翼の獅子が載っている。

柱の上には有翼の獅子が載っている。

夕方(17:30頃)の混雑具合は?

私が訪れた17:30頃の展望台の込み具合そこそこ混んでいました。

通路を歩くのに苦痛ではないが、展望台の窓が人で7,8割が埋まる程度。

7月の日没(20時ごろ)は大変美しいので人も多いかもしれませんね。

この投稿をInstagramで見る

Brahim El Hadeqさん(@brahimelhadeq)がシェアした投稿

景色だけじゃない、展望台の見どころ。

展望台にある大きな鐘も大迫力。

当時使用されていた5つの鐘が残り、かつては5つの鐘それぞれに異なる役目がありましたが、現在は時を知らせるためだけに鐘が鳴り響きます。

歴史を感じるらせん状の階段。

歴史を感じるらせん状の階段。

展望台の壁に目をやると、知り合いの名前を見た気がした。

ガリレオ・ガリレイ。小学生のとき同じクラスだったような既視感。

ガリレオ・ガリレイ。小学生のとき同じクラスだったような既視感。

鐘楼は科学的にも有名な場所

ガリレオ・ガリレイは鐘楼から空を観察し、実験を行うために、鐘楼の屋根裏部屋を使用。

1610年にはこの実験室で、彼の発明品である望遠鏡を使ってみせました。

イタリアの歴史に胸が震えました。ガリレオはイタリア出身だったんですね…。

ヴェネツィア『鐘楼』の歴史がすごい。

グリマーニによって再建された鐘楼は、エレベーター設置が決まった1902年まで存続。

しかし、エレベーター設置の計画は、鐘楼にとって良い案ではなく悲劇をもたらすことに…。

1902年7月14日9時55分に、鐘楼は崩壊。

高さ98mもの巨大な塔の崩壊でしたが、幸運にもサン・マルコの他の建物に何の被害を及ぼすこともなく、ひとりのケガ人も出しませんでした(何たる強運!)。

1912年に鐘楼は修復され、崩壊前の外観を完璧に取り戻しました。

動画で見ると当時の様子がよ~くわかります。

ベネチア・鐘楼の基本情報・営業時間は?

【開館時間】

〇復活祭~6/30、10~11月

・9:00〜19:00

〇7/1~9/30

・8:30〜21:00

〇11/1~復活祭

・9:00〜15:45

※チケット売り場は鐘楼が閉場60分前まで。

【休館日】
・12月25日頃~約20日間

【料金】
・大人 €8
・8歳~18歳 €6

以上、ヴェネツィア・サンマルコ広場の『鐘楼』をピックアップしました!

鐘楼から見える景色に、ベネチアの歴史を感じ、胸が熱くなりました。

ヴェネツィア観光でリアルト橋とともに訪れてみてはいかがでしょうか?

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

ベネチア関連の記事はこちら♪



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク