2018年発売!神戸のお土産『コウベノオモイデ 神戸はいからクッキー』

2018年に発売された301カンパニー『コウベノオモイデ』をピックアップ!

神戸旅行へ行ってきた方からお土産でいただいた「コウベノオモイデ」。

301カンパニー昭栄堂製菓(株)のコラボレーションによって、2018年に誕生した新しい商品です。




『コウベノオモイデ』とは?

企画から製造まで

「コウベノオモイデ」は、2018年5月1日に菓子商品の企画・開発をスタート。

2018年6月19日に完成

企画~完成まで50日でお菓子って出来るものなんですね。

クッキーの製造は、大正15年に設立された「昭栄堂株式会社」が製作。

地元に根付いた製菓会社が製造しているのは安心ですね。

かわいい商品デザインは?

お菓子の包装は、神戸らしいモチーフがいっぱいのデザインで可愛らしいです。

昭和初期に”ハイカラ”と呼ばれていた当時の神戸のイメージ。

View this post on Instagram

吉田宗平さん(@sohei.yoshida)がシェアした投稿

デザイン神戸にあるデザイン事務所「株式会社インデス」が制作しています。

いわゆる『製菓会社 × デザイン会社 × 301カンパニー』“B to B (企業間取引)”ですね。

クッキーは『30枚入り』と『6枚入り』の商品を発売中です(2018年11月現在)。

”株式会社301カンパニー”とは?

”株式会社301カンパニー”2018年4月に設立。

会社名がなんで「301」なんだろう?」と思って調べると、会社の住所が「神戸市東灘区深江本町2-8-8-301」に由来しているようです。

代表取締役の梓野寛之(あずさのひろゆき)さんは、2015年設立の菓子メーカー「ガトー·スヴニール」の神戸本社営業部兼販売流通管理部らしいです。

「ガトー·スヴニール」沖縄のお土産も販売してます。

いざ『コウベノオモイデ』を実食!

2018年発売!神戸のお土産『コウベノオモイデ 神戸はいからクッキー』

「コウベノオモイデ」のパッケージの様子。

クッキーは個包装になっており、袋の材質は「アルミ蒸着」を採用。

ビール瓶のラベルにも使用される「アルミ蒸着」見た目がクールだし、品質保護においても優れています。

アルミ蒸着紙とは?

A:紙をベースに金属の蒸着膜を堆積させたものをいい、金属箔と同等の外観を有しながら紙の特性をもつことが特徴。

引用:アルミ蒸着紙とはどういうものですか。

賞味期限は120日間日持ちするみたいです。

袋を開封!味はどんな感じ?

2018年発売!神戸のお土産『コウベノオモイデ 神戸はいからクッキー』

クッキーの直径は40ミリほど。

一口かじると…

2018年発売!神戸のお土産『コウベノオモイデ 神戸はいからクッキー』

素朴で、やさしい味わいのクッキー。

ミスターイトウのクッキーと比べると、食感コウベノオモイデの方が硬い印象

国内産小麦粉を使用しているので、体に安心です。

『コウベノオモイデ』はどこで販売してる?

販売店はこちらで確認できます↓↓↓

日に日に販売店が増えているようですね。

Amazonでも購入できますよ♪

以上、今日は301カンパニー『コウベノオモイデ』をピックアップしました!

今のところ「コウベノオモイデ」ブログの記事にしたのは、ヒコトピが日本初じゃないかな(たぶん)。

機会があれば”異国情緒あふれる神戸”に、ぜひ足を運んでみたいと思います♪

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

合わせて読みたい、チーズケーキ革命スイーツの記事はこちら!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク