『君の名前で僕を呼んで』に登場するクレマ・セーリオ川のほとりへ。

アクセス,クレマ,おすすめ,地図,観光,君の名前で僕を呼んで,ロケ地,映画,crema,行き方,北イタリア,聖地巡礼湖,池,沼,セリオ川,Laghetto dei Riflessi (キャッチアイ)

『イタリア・クレマのセリオ川の畔の湖』をピックアップ!

2019年7月に決行した北イタリア旅行。

今日紹介する”セリオ川の池”は、第90回アカデミー賞・脚本賞を受賞した「君の名前で僕を呼んで(Call me by your name)」にしばしば登場するロケ地でもあります。

アクセス,クレマ,おすすめ,地図,観光,君の名前で僕を呼んで,ロケ地,映画,crema,クレーマ,行き方,北イタリア,ブログ,聖地巡礼湖,池,沼,セリオ川,Laghetto dei Riflessi (2)

Call Me by Your Nameのワンシーン。

知る人ぞ知る”秘境感あふれるセーリオ川の池(湖?)”は、映画の魅力を高めています。

まずは”セリオ川の池「Laghetto dei Riflessi」”のアクセスから見ていきましょう(^^)/




セリオ川「Laghetto dei Riflessi」への行き方。

セリオ川の池「Laghetto dei Riflessi(ラゲットデリフレッシ)」は、クレマ駅から車で15分、自転車では25分の場所にあります。

徒歩で行くとクレマ駅からは1時間弱くらいかかるので、私はホテルの自転車を借りて訪れました。

大聖堂がある”サンタマリアデッラクローチェ通り”は通らずに、ブレシア通り⇒ガルツィデ通りを進みましょう。

サンタマリアデッラクローチェ

サンタマリアデッラクローチェとは逆の通りにあるので注意。

ちなみに「Laghetto dei Riflessi(ラゲットデリフレッシ)」は日本語だと「物語の池」と訳せるかもしれません。

セーリオ川の池への道のり。

自転車でクレマ駅からセーリオ川の池へ向かいます。

橋の上から見下ろすセーリオ川。

橋の上から見下ろすセーリオ川。

なだらかに流れるセリオ川は見ていて気持ちがいい。

ブレシア通りを進むとブリキの人形が音楽を演奏していました。

ブリキの演奏会

ブリキの演奏会

ブリキのひまわりもある

ブリキのひまわりもある

さらに通りをまっすぐ進むと、教会のような建物

この教会を左へ進む。

この教会を目印に左へ進む。

カラフルなフレスコ画が目印だ。

カラフルなフレスコ画が目印だ。

左折するとガルツィデ通りをひたすらまっすぐ走る

ガルツィデ通り

ガルツィデ通り

北イタリアの風景を楽しもう。

時刻はすでに17時くらいだけれど、北イタリアの日没は21時

日本の夏だと14時くらいの日差しが照りつけている。

北イタリアの夏は”遊べる時間”が長く、最高だ。

まだまだ日が高い北イタリアの夏。

まだまだ日が高い北イタリアの夏。

時折通る車にも注意。イタリアは右車線だから気をつけよう。

セーリオ川に沿うように進む。

セーリオ川に沿うように進む。

途中、追い抜かれた車の助手席から10代くらいの女の子が顔を出し、イタリア語で「すみませーん、湖はどこー?」みたいなことを聞かれる。

会話が面倒くさいので「Sorry,I don’t know~!」と叫ぶ。

私だってGoogleMapが頼りだから正確な場所は分からない。

辺りは農業地帯

川沿いにあるとうきび畑は映画・インターステラーのシーンを彷彿とさせる。

もしくはフィールド・オブ・ドリームスか。

とうきび畑。

とうきび畑。

しばらく道を進むと駐車場っぽいのが見えてくる。

GoogleMapが示す通り、左折して、自転車を降り、池を探すことに。

なかなか見つけづらいセリオの湖。

自転車を降りると農地みたいな場所を進んでいた。

湖ではしゃぐ大きな声は聞こえるのだが、肝心のが見つからない。

しばらく進むと湖に続く道のようなものが出現。

泥の坂道を登る。

泥の坂道を登る。

パラータ・メナシウット自然保護区の看板。

パラータ・メナシウット自然保護区の看板。

林を抜けると目的地の湖が広がっていた。
穏やかな湖だ。

穏やかな湖だ。

映画のワンシーンと比べてみよう。

セリオ川の畔の映画のワンシーン。

セリオ川の畔の映画のワンシーン。

直径100メートルの湖で、草野球場くらいの広さ。

向かいの岸では陽気なイタリアーノが水遊びを楽しんでいた。

底は泥のようで透明度が高い。

底は泥のようで透明度が高い。

私は水陸両用の海パンを履いていたが、訪れるだけで大満足でした。

帰りに助手席から声を掛けてきたティーンエイジャーの女の子とその彼氏に遭遇。

「湖はどこ!? レ・イ・ク!?」

猛暑の中、15分くらい歩いているのだろうから、少しキレている(^-^;

私はまっすぐ行って左だよ。と教えてあげる。

彼女をなだめる彼氏も大変そうだった(^^)

以上、『イタリア・クレマのセリオ川の畔の湖』をピックアップしました!

湖の周りは人が少なく知る人ぞ知る避暑地なのかもしれません。

イタリアを訪れた際は是非、足を運んでみてはいかがでしょうか?

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク