OVAファイルからVMDKファイル⇒VHDXファイルに変換する方法

キャッチアイ.azure,vmdk,ovaとは,vdi,vhd,vhdx,vhdxとは,vm,vmware,取り出し方,変換,ファイル,ツール,インフラ,PowerShell,仮想マシン,仮想化,クラウド,移行,手順

『OVAファイルからVMDKファイル⇒VHDXファイルに変換する方法』をピックアップ!

まともな記事がこの世に存在していなかったので、私の備忘録として本記事を作成。

私はVMwareをまともに触ったことはないですが、ヴイエムウェアはクラウド(AZURE・AWS)に座を奪われ、過去の遺産(レガシー)になりつつある気がします。

将来性.azure,vmdk,ovaとは,vdi,vhd,vhdx,vhdxとは,vm,vmware,取り出し方,変換,ファイル,ツール,インフラ,PowerShell,仮想マシン,仮想化,クラウド,移行,手順

Googleトレンドで「VMware」を検索(2004年から2019年のグラフ)

それでもクラウド移行に伴い、私のようなエンジニアがネットの情報を漁ることに…。

まずは『OVAファイルとは?』から確認しよう(^^)/




そもそもOVAファイルとは?

大葉.azure,vmdk,ovaとは,vdi,vhd,vhdx,vhdxとは,vm,vmware,取り出し方,変換,ファイル,ツール,インフラ,PowerShell,仮想マシン,仮想化,クラウド,移行,手順

これは大葉ね。

VMware vSphere Clientから「OVF テンプレートのエクスポート」を実行し、フォーマットを「単一のファイル(OVA)」指定して実行するとOVAファイルが作成されます。

OVFパッケージ は、仮想マシンを定義するファイルエレメントとメタデータ、およびそのパッケージ内のアプリケーションの配備および動作に必要な追加情報で構成。

ファイル拡張子は .ovf です。

OVA(Open Virtual Appliance) は単一のファイルアーカイブにまとめられたOVFパッケージで、拡張子は .ova です。

※オリジナル・ビデオ・アニメーションではないぞ。

OVAファイルからVMDKファイルに変換手順。

VMware OVF Toolを準備

VMware社が公式に配布している「VMware OVF Tool」を使用します。

ダウンロードボタンをクリックすると(面倒なことに)MyVmwareアカウントが必要。

作成時に個人情報の入力をしますがメールアドレス、電話番号以外は適当でいいかもしれません(SMS認証するので)。

VMware OVF Toolのインストール後、ovftoolコマンドで変換。

(1)PowerShellを管理者として実行し、以下のpushdコマンドでフォルダへ移動。

pushd C:\Program Files\VMware\VMware OVF Tool

(2)以下の変換コマンドにてVMXに変換する。

.\ovftool 変更元ovaファイル 変更後vmxファイル

例) .\ovftool D:\VMware\before.ova D:\VMware\after.vmx

※注意 PowerShellではフォルダ名半角カッコ”(”などがあると、コマンドとして認識しないので注意。

変換実行中画面

変換実行中画面

変換完了画面

変換完了画面

VMDKファイルが作成される。

VMDKファイルが作成される。

VMDKファイルからVHDXファイルに変換。

Microsoft Virtual Machine Converter をインストール。

Microsoft Virtual Machine Converterをインストールする。

実行コマンド

(1)モジュールをインポートする。

import-module “C:\Program Files\Microsoft Virtual Machine Converter\MvmcCmdlet.psd1”

(2) VHDXファイルに変換する。(実行時の階層にVHDXファイルが作成。空き容量に注意!)

convertto-mvmcvirtualharddisk -sourceliteralpath 変換元.vmdk -destinationliteralpath 変換後.vhdx -vhdformat vhdx -vhdtype dynamicharddisk

(3) 実行後、コマンドを実行した階層にVHDXファイルが作成されます。

※変換先の空き容量がない場合、以下のエラーが出る可能性があります。

convertto-mvmcvirtualharddisk : デバイスが接続されていません。
convertto-mvmcvirtualharddisk : ディスクに十分な空き領域がありません

後はVHDXファイルをHyper-v上にインポートして遊ぶもよし、Azureへ移行するなりあなたの自由です。

VHDXファイルをAzureへ移行する方法はこちらです。

以上、『OVAファイルからVMDKファイル⇒VHDXファイルに変換する方法』をピックアップしました!

VMware需要や将来性は明るくないが、知識としてはあってもいいのかもしれませんね。

10年前(2009年ごろ)まではVMwareは流行っていたようですが、今後は衰退していくのだろうと思うと少し寂しいですね。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク