北海道・さいとう釣堀園でニジマスを釣る!新鮮な鱒はランチにおすすめ。

アクセス,料金,ブログ,トラウト,マス,イトウ,さいとう釣堀園,ランチ,食べれる,食事,餌,動画,おすすめ,持ち帰り,テイクアウト,販売,道南,釣り堀,札幌,虎杖浜温泉,白老,子供,レジャー,北海特産,マス釣り,,車

『北海道 白老・さいとう釣堀園』をピックアップ!

北海道の道南・白老(しらおい)にある「北海特産 さいとう釣堀園」。

私が小学生の時(90年代初期)から利用しているおすすめの釣り堀です。

小学生のころ釣り堀で釣れなかった悔しい過去があるので、四半世紀越しのリベンジ!

本記事ではニジマスの釣りの様子からニジマス定食まで詳しくご紹介♪

Youtubeで釣り動画もUPしているので釣り好き必見の内容をお届けいたします。

まずは『さいとう釣堀園のアクセス』から見ていこう(^^)/




『北海道 白老・さいとう釣堀園』へのアクセス。

さいとう釣堀園の住所は、〒059-0641 北海道白老郡白老町字虎杖浜439。

高速道路の高架下の近くにあるので、結構穴場な立地です。

・登別東ICから約5分

・登別温泉から約10分

・室蘭方面からは、わかさいも本舗の脇道から入ると近くてわかりやすい。

※さいとう釣り堀園公式サイト参照

釣り堀園の滞在時間は?

滞在時間は釣りをして、ランチ休憩の場合1時間半~2時間ほど。

私の場合、2,30分釣りをして1時間ランチでした。

釣った魚はリリース出来ず持ち帰り OR 釣り堀園で調理していただくことになります。

さいとう釣堀園の見ごたえある鑑賞池!

さいとう釣り堀園前には池があり、魚がたくさん泳いでいます。

日本三大怪魚・「魚鬼」もいます!(魚へんに鬼でイトウと読む)

幻の魚・イトウ!

幻の魚・イトウ!

メートル級のイトウさんがたくさんいる…。

ちなみに日本三大怪魚「アカメ、イトウ、ビワコオオナマズ」だそうです。

他にも渓流釣りで人気のヤマベ(ヤマメ)、貴重な青いニジマス「コバルトマス」、錦鯉のような柄「アルビノブチ」、天然記念物「オショロコマ」などほぼ全ての淡水渓流魚に会えます。すごい…。

アルビノかな?

アルビノかな?

渓流好きには堪らないトラウトがたくさんいる。

渓流釣り好きには堪らないトラウトがたくさんいる。

魚が元気なのは、前回紹介したクッタラ湖のきれいな水のおかげのようです。

まずは受付を済ませよう。料金は?

午前11時ごろにさいとう釣り堀園を訪れました。

まずは釣り堀の受付をして、餌をもらいます(料金は後払いです)。

さいとう釣り堀園の料金表。加工してもらって持ち帰りも可能だ。

さいとう釣り堀園の料金表。加工してもらって持ち帰りも可能だ。

1時間以内に釣れるかな?

1時間以内に釣れるかな?

竿(竹竿)、餌、バケツは無料で貸し出し。

釣りをしない場合でも食事や魚を持ち帰る事ができます。

ランチに最適ですね。

ヤマベ釣りも可能で、2,000円/kg(15匹前後)でお買い上げとなるようです(食事も可能)。

エサやりも癒されそう。

エサやりも癒されそう。

釣り堀でニジマス釣り開始!

竹竿を慎重に選び、釣り堀リベンジいざ開始!

※マイロッド使用も可能。ヤマベ釣りの場合は1本100円で専用ロッドも貸し出し。

針はこんな感じです。

針はこんな感じです。

エサは練りエサと魚の切り身がある。

エサは練りエサと魚の切り身がある。

魚の切り身はサーモンかと思いきや、よく考えると鱒だった(^-^;

ニジマス釣り釣行の様子。

雨がシトシト降っている中、釣り堀は家族連れやカップルが多い。

手前の池にはヤマベが泳いでいます。

ヤマベの方が釣りは難しいようです。

ヤマベの方が釣りは難しいようです。

私は奥にあるニジマスの池へ。

ニジマスが円を描くように沢山群れています。

ニジマスが円を描くように沢山群れています。

魚との駆け引きが楽しい。

魚を観察していると色々な性格の魚がいることに気づく。

エサに見向きもしない魚、針は飲まずにエサだけをうまく食べる魚。

魚をよく観察しよう。

魚をよく観察しよう。

なるべく大きな魚が釣れるように狙ってました(^^)

釣り動画はこちらです。釣り方のコツもわかると思います(BGMが流れます)。

で、釣れたのがこちら!

どでかいマスを釣りあげた!リベンジ成功じゃ!!

どでかいマスを釣りあげた!リベンジ成功じゃ!!

タモがないのでバレないか不安でした。

魚が餌を飲み込み、合わせるタイミングが難しい(そこが面白い!)。

なんだかんだ17分ぐらい釣りしてました(^-^;

ニジマスはバケツに入りきらないサイズで、しかも暴れる。

頭を棒でたたいて気絶させた方が良いようです。

受付に持って行き、魚を計量してもらうと「1.9㎏!」だった

釣った虹鱒をランチでいただく!ニジマス定食の味は?

釣った魚を「ニジマス定食」に調理してもらい、いただきました♪

とっても美味そうなニジマス定食!

とっても美味そうなニジマス定食!

新鮮なニジマスの刺身!

新鮮なニジマスの刺身!

器もかわいい(^^)

器もかわいい(^^)

刺身の味は・・・

柔らかく、臭みがない!

柔らかく、臭みがない!

サーモンよりも柔らかい気がします。

次はニジマスの唐揚げを食べてみよう。

次はニジマスの唐揚げを食べてみよう。

大きくて食べ応えのあるニジマス唐揚げ

肉厚でバリっと食べられる。唐揚げも美味い。

肉厚でバリっと食べられる。唐揚げも美味い。

あら汁も体が温まりました(^^)

ニジマスのあら汁。じわーとくるうまさ。

ニジマスのあら汁。じわーとくるうまさ。ぽっかぽか

クーラーボックスを持っていたので、刺身の一部はパックしてもらいました。

釣り&ニジマス定食の料金は?

私の場合、釣掘+昼食(2人分)の合計は4500円くらいでした。

2名で1kgの魚をランチした場合の料金目安は以下の通りです(引用元:さいとう釣り堀園)

項目名 数量 料金
ニジマスお買い上げ 1.0kg 1,500円
調理料 1.0kg 800円
アラ汁 2ヶ 400円
ライス 2ヶ 300円
お会計 3,000円

ツイッターで北海道 白老・さいとう釣堀園の口コミ&評判は?

Twitter北海道 白老・さいとう釣堀園のトレンドを検索してみよう。

以上、『北海道 白老・さいとう釣堀園』をピックアップしました!

小さい子供から大人まで楽しめるさいとう釣り堀園はレジャーにおすすめです♪

みなさんも登別や白老を訪れた際に寄ってみてはいかがでしょうか?

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

合わせて読みたい道南の記事はこちら♪



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク