望遠レンズ(SEL200600G)のカバーを自作。安い迷彩ネオプレーン生地が最高。

望遠レンズ,保護,意味,fe 200-600mm f5.6-6.3 g oss,作例,SONY,バズーカ,野鳥,いらない,初心者,おすすめ,値段,レンタル,ケース,カメラバッグ,A6600,迷彩,かっこいい,ネオプレーン生地,手持ち,大きさ (1)

『ネオプレーン生地で望遠レンズコートを自作』してみました。

野鳥撮影やスポーツ撮影に最適なSONY FE 200-600mm F5.6-6.3 G。

SONY最高峰・Gの称号が付いたズームレンズです。

本記事ではズームレンズ(SEL200600)のレンズコートを自作した様子を詳しくご紹介。

「市販されてるレンズカバーは値段が高いから自作したい」と思ってる方必見の内容です。

まずは『そもそもレンズカバーって必要?』から見ていこう(^^)/




カメラレンズコートって意味ある?必要?

あくまでも個人の見解ですが、望遠レンズにカバーは必要と感じます。

理由は…

・レンズ本体の保護の役割

・機材の冷たさから手を保護

・野鳥から目立ちにくい

・見た目がプロっぽい

望遠レンズは大きいので、どんなに気を付けていても物にぶつけてしまいます。

事故のリスクを軽減するためにも必要。

ネットではレンズコートは野鳥撮影のマナーという意見もありましたが、実際に野鳥撮影に出かけるとレンズコートを付けてない人も意外と多い。

迷彩柄だと望遠レンズの威圧感が減ってる気がします。

札幌で野鳥撮影。冬は白い迷彩が良いのか?

札幌で野鳥撮影。冬は白い迷彩が良いのか?

カメラレンズコートの生地(ネオプレーン)はどこで売ってる?

望遠レンズ,メリット,大きさ,fe 200-600mm f5.6-6.3 g oss,レビュー,SONY,自作カバー,初心者,おすすめ,値段,評価,A6600,レンタル,カメラバッグ,ストラップ,迷彩,かっこいい,ネオプレーン生地,手持ち (1)

結論から言うとネオプレン生地は楽天市場で購入するのがおすすめ。

私の場合、生地代1,500円+送料610円、合わせて2,130円で購入しました。

Amazonで市販されているSEL200600のレンズカバーは8,000円~21,500円とかなり高価。

自作するのが多少面倒でもカバーを自作したほうがコスパが良いです。

屋外用の椅子カバーがネオプレーン生地でした。

屋外用の椅子カバーがネオプレーン生地でした。 

市販のカバーは取り寄せが面倒だし高い。

ネオプレーン生地の特徴とは。

ネオプレーン生地はウエットスーツの素材にも使用されており、汚れにくく水を通しにくい素材。

カモフラージュ柄でサイズは約90cm × 約47cm

カモフラージュ柄でサイズは約90cm × 約47cm

厚さは3mmくらい

厚さは3mmくらい

ネオプレーン生地はユザワヤでは取り扱っていないとの情報もありました。

裏面にマジックテープも付いてるので、何かに使えそう。

椅子カバーのマジックテープ

椅子カバーのマジックテープ

縫製もしっかり施されています。

縫製もしっかり施されています。

SEL200600Gのレンズコートを自作。必要な道具は?

レンズカバーを作るうえで必要な道具は…

・糸と針

・ハサミ又はロータリーカッター

・30㎝定規

生地がやや厚いためミシンは不要でした。

ハサミよりもロータリーカッターがあれば便利。

ロータリーカッターは長い距離を真っ直ぐ切れる。カッター板も必要

ロータリーカッターは長い距離を真っ直ぐ切れる。カッター板も必要

レンズコートの作り方。

作り方はかなりシンプル。

レンズの周囲に合わせてカットし、糸で縫うだけ。

かがり縫いで縫った様子。

かがり縫いで縫った様子。

かがり縫いとは、くるくると一方向から針を刺し、布端をくるんでいく縫い方です。

詳しくはこちら👇

表面から見た様子。白い部分が迷彩柄になった。

表面から見た様子。白い部分が迷彩柄になった。

突起部分は記事に穴を開けてボタンを出す。

レンズ根元にある突起

レンズ根元にある突起

穴の大きさに合わせてマジックで塗る

穴の大きさに合わせてマジックで塗る

切れ込みをいれて徐々に穴を大きくしていく

切れ込みをいれて徐々に穴を大きくしていく

糸切りはさみがあれば切りやすいです。

こんな感じでフィットします。

こんな感じでフィットします。

生地は伸縮性もあるのでGood!

生地は伸縮性もあるのでGood!

完成。全体のビフォーアフター。

上の写真がコート装着前。

下がコート装着後。

うん、カッコいいね!

うん、カッコいいね!

細かい部分を見ると気になるけど、気にしない!

細かい部分を見ると気になるけど、気にしない!

根元もカバーで覆いました(ボタンが隠れるけど)。

生地の折れ目が良い感じに絞れた感じになった。

生地の折れ目が良い感じに絞れた感じになった。

ストラップはピークデザインを使用。

ストラップはピークデザインを使用。

実際に野鳥撮影したときの感想。

レンズヒーターを付けて実際に野鳥撮影してきました。

使用したレンズヒーターはハクバの製品。

下の写真のように、レンズコートの締め付けが弱いとずれてきちゃいました。

真ん中の細いレンズコートがずれてしまった。

真ん中の細いレンズコートがずれてしまった。

マジックテープで両端をくっつけるのも一つの手かと思います。

迷彩柄はカメラが目立ちにくいので、心なしか野鳥撮影に専念できる。

森林の中ではカモフラージュ柄がイイネ!

森林の中ではカモフラージュ柄がイイネ!

富良野では初めてシマエナガの撮影に成功!

奇跡的に撮れたシマエナガ。ふわふわでかわいい・・・

奇跡的に撮れたシマエナガ。ふわふわでかわいい・・・

以上、『ネオプレーン生地で自作望遠レンズコート』をピックアップしました!

野鳥撮影に最適なα6600とSEL200600の作例です👇

野鳥撮影の初期費用はこちら👇


あわせて読みたい写真関連の記事はこちら!

スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク