鹿児島県・曽木の滝|紅葉色づくナイアガラ。所要時間・アクセスは?

アクセス,観光,紅葉,行き方,時間,鹿児島,住所,所要時間,駐車場,夜,おすすめモデルコース,インスタ映え,デート,ドライブ,地図,旅行記,口コミ,ブログ,滝,曽木の滝,お土産,ご飯,カフェ,ランチ,発電所跡 )

『鹿児島県・曽木の滝』をピックアップ!

「東洋のナイアガラ」とも呼ばれる鹿児島県の人気観光スポット・曽木の滝。

巨岩の間を落ちる幅広の雄大な滝は鹿児島旅行で欠かせないパワースポットです。

本記事では曽木の滝の紅葉の様子から見どころを詳しくご紹介♪

旅行好き&写真好き必見の内容をお届けいたします。

まずは『鹿児島県・曽木の滝のアクセス』から見ていこう(^^)/




鹿児島県・曽木の滝のアクセス。

曽木の滝の住所は〒895-2526 鹿児島県伊佐市大口宮人628−41

大口バスセンターからバスで20分鹿児島空港からは車で約50分で行けます

私が訪れたときはお土産さんから『WON’T BE LONG』が聞こえてきて、大衆的な観光スポットな印象でした(^^;

お土産屋やランチスペースもある。

お土産屋やランチスペースもある。

レンタカーで曽木の滝へ。駐車場&所要時間は?

曽木の滝公園の駐車場は広く、車を停めやすい。

曾木の滝公園の地図

曽木の滝公園の地図

滞在時間は約10~30分くらいで滝を見て回れると思います。

インスタ映えする裏ルートもあるので、写真好きは必見だ。

曾木の滝・裏ルートにあるインスタ映えな道

曾木の滝・裏ルートにあるインスタ映えな道

トイレも駐車場近くにあるので休憩にちょうどいい。

和室っぽいトイレ。滝を見ると用を足したくなります。

和室っぽいトイレ。滝を見ると用を足したくなります。

曽木の滝の見どころは?

2020年10月下旬に訪れた曽木の滝公園はイチョウが見頃で紅葉日和。

2020年10月下旬の紅葉。黄色い絨毯や~

2020年10月下旬の紅葉。黄色い絨毯や~

銀杏に関して言えば関東より紅葉が早い気がします。

滝が見えるステージに上って曾木の滝を見てみましょう。

10月下旬の紅葉の様子は?

滝のステージからは紅葉の間から曽木の滝が見えます。

桜でいえば3分咲きくらいの紅葉だ。

緑と赤が入り混じる紅葉。

緑と赤が入り混じる紅葉。

ステージからは滝が遠いので、テクテク歩いて滝のそばまで行ってみよう。

滝展望台から見る東洋のナイアガラ!

滝展望台からは迫力ある滝の姿が一望!

右も左も滝で圧倒されます。

水の勢いも力強い。

水の勢いも力強い。

動画で滝を撮影してみました。

パノラマで見るとこんな感じ。

画面いっぱいに滝が広がる。す、すごい。

画面いっぱいに滝が広がる。す、すごい。

豊臣秀吉も新納忠元と滝でバチバチやり合ったようです。

豊臣秀吉と新納忠元との言い伝え

豊臣秀吉と新納忠元との言い伝え

滝幅210メートル、高さ12メートルのスケールは、曽木の滝ならではのダイナミズムだ。

スケールが大きい曽木の滝

スケールが大きい曽木の滝

アクリル板の展望台からは…

アクリル板の展望台から滝を見よう。

アクリル板の展望台から滝を見よう。

下を見ると恐い!

下を見ると恐い!

新曽木大橋も遠くに見えます。

新曽木大橋の向こうには曽木発電所遺構がある。

新曽木大橋の向こうには曽木発電所遺構がある

ライトアップもムーディでいい感じです。

発電の仕組みも勉強できるぞ。

滝の横には除塵機や排砂ゲートがあり、説明図があるので見ごたえがあります。

除塵機の説明図。キャラクターがいかしてるぜ…

除塵機の説明図。キャラクターがいかしてるぜ…

沈砂池の説明図。不気味なキャラクターだぜ…

沈砂池の説明図。不気味なキャラクターだぜ…

発電所の説明。

発電所の説明。

洞窟きのこ園は閉鎖していました。

2016年に閉演したきのこ園。ディープだね…

2016年に閉演したきのこ園。ディープだね…

曽木の滝を見る前に、犬飼滝や丸尾滝を見てきましたが、鹿児島はどの滝も個性があって観光しがいがあります。

秋が深まるとさらに魅力が増すだろなぁ。

秋が深まるとさらに魅力が増すだろなぁ。

ツイッターで鹿児島県・曽木の滝の口コミ&評判は?

Twitter鹿児島県・曽木の滝のトレンドを検索してみよう。

以上、『鹿児島県・曽木の滝』をピックアップしました!

曽木の滝を見た後は発電所遺構を見に行こう!

他にも鹿児島観光スポットをピックアップしているので参考にしてみてはいかがでしょうか?

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

あわせて読みたい旅行記事はこちら♪



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク