激しくかわいい!冬にもおすすめな『札幌円山動物園のレッサーパンダ』

おすすめ,GOPRO,動物,撮り方,撮影,来日公演,かわいい,円山動物園,札幌,観光,冬,穴場,レッサーパンダ,ビリーアイリッシュ,ファッション,蜘蛛,マスク,病気,ペット,グラミー賞,曲,badguy,和訳,歌詞,英語 (2)

冬にもおすすめな『札幌円山動物園のレッサーパンダ』をピックアップ!

円山動物園は1951年、国内で10番目の動物園として開園(比較対象がおかしくないか?)。

2018年3月ホッキョクグマ館2019年3月にはゾウ舎がオープンし、新しい施設が続々と誕生しています。

その中でも本記事ではレッサーパンダに注目!

日本では立ち姿が愛らしい風太くんが話題になりましたが、正直こんなに魅力的な動物だとは思いませんでした(^^;

あなたもレッサーパンダのとりこになること間違いない(YouTubeでも紹介!)。

まずは『円山動物園のアクセス』から見ていきましょう(^^)/




冬もおすすめ!『円山動物園』のアクセス。

札幌円山動物園地下鉄東西線「円山公園駅」下車、徒歩約15分。

札幌の街中から数分で円山公園駅まで行けるので、ぶらり旅にちょうどいい距離感です。

動物園の駐車場は700円/一回となっています。

65歳以上はなんと無料だ!

入園料は大人(高校生以上)600円。

札幌市内に居住の65歳以上の方、障害者手帳などをお持ちの方は無料です。

※小人(中学生以下)も無料。

年間パスポートは1,000円(高校生以上)なので、アニマル好きにとってはお得ですね。

ビリーアイリッシュの来日公演チケット…じゃなくて動物園のチケットね(なぜかハイエナ)。

ビリーアイリッシュの来日公演チケット…じゃなくて動物園のチケットね(なぜかハイエナ)。

いざ『円山動物園』へGo!

冬の動物園は雪景色が魅力的だ。

私は2019年の年末に訪れましたが、アジア系の観光客など意外と人が多い。

穴場な観光スポットなのかもしれませんね。

敷地が広い円山動物園

敷地が広い円山動物園

そしてレッサーパンダさんアジアゾーンの高山館にいらっしゃいます。

アジアゾーンの高山館に入る。

アジアゾーンの高山館に入る。

かわいいレッサーパンダの見どころ。

高山館に入ると、いきなりトラがいらっしゃったのですが今回は割愛。

レッサーパンダの部屋に入ると、ちょこちょこと動き回るレッサーさんを発見!

モフモフで可愛いレッサーパンダ!

モフモフで可愛いレッサーパンダさんがいらっしゃいます。

レッサーパンダとの距離感が近い。

レッサーさんとの距離感が近い。

ガラスの柵で囲まれているのでレッサーパンダには触れられませんが、至近距離で非日常の動物が見れるのは感動を超えて感動です。

ブレるレッサーパンダ

ブレるレッサーパンダ

シセンレッサーパンダ国内の動物園でよく飼われている種類だそうだ。

【分布】インド北東部、中国(四川省西部)、ネパール、ブータン、ミャンマー北部に分布しています。

標高1,500~4,800mにある温帯・亜熱帯の森林や竹林に生息します。

【食性】竹や筍のほか、小型哺乳類、鳥類の卵、昆虫、動物の死骸、果実等

【寿命】野生下:約8~10年 飼育下:約10~20年

【減少の理由】
森林伐採や単一種の植林、焼畑等による生息地の破壊、毛皮・ペット目的の密猟や狩猟等により生息数は減少しています。

野生での生息数は5,000頭以下と推測されており、日本の動物園で飼育されているほとんどはシセンレッサーパンダとなっています。

※円山動物園の公式サイトより引用

活動的に動き回るレッサー。

それにしてもせわしなく歩くさまは見ていて飽きません。

よく動くからよくブレる。

よく動くからよくブレる。

顔をよく見るととてつもなくかわいい。

そして、パンダと違って常に歩き回っています。

そしてブレる。

そしてブレる。

歩き回ることで縄張りを主張しているのかもしれませんね。

猫のようなタヌキのようなイタチのようなレッサーパンダ。

猫のようなタヌキのようなイタチのようなレッサーパンダ。

縦横無尽に歩き回る!

レッサーパンダの部屋に入った時は気づかなかったが、上を見ると線路のように道ができていた。

 ちょうど頭の上を通過するビリーアイリッシュ、じゃなかったレッサーパンダ。

ちょうど頭の上を通過するビリーアイリッシュ、じゃなかったレッサーパンダ。

足音がカタカタいっとります。

足音がカタカタいっとります。

上から落ちないか不安でしたが、器用にテクテク歩いている。

通路の形状も工夫している。

通路の形状も工夫してるぞ。

地上の木をつたって、天空の通路に行くのがナイス。

地上の木をつたって、天空の通路に行くのがナイス。

下にもレッサー、上にもレッサーと何時間でもいられるわい。

下にもレッサー、上にもレッサーと何時間でもいられるわい。

屋外にもレッサーパンダが沢山!

雪の上でもお構いなしで歩きまわるレッサーパンダさん。

程よい感じの個数が動き回る。

程よい感じの個数が動き回る。

温帯・亜熱帯に生息しているので冬は寒かろうと思うのだが、見ていると全然寒そうじゃない。

寒いから動き回っているのかな?

寒いから動き回っているのかな?

レッサーパンダは立ち止まると肛門を地面にこすりつけてマーキングしているようでした(非常にキュートなバッドガイだ)。

運が良ければ食事中のレッサーパンダさんを見れるかも?

毛皮があたたかそう。

毛皮があたたかそう。

屋外でも近くで見ることができる。

屋外でも近くで見ることができる。

雪なんてお構いなしだ。

雪なんてお構いなしだ。

レッサーパンダはこんなに行動的な動物だとは思わなかった。

一昔前の小池百合子みたいだ。

こりゃ人気出ますね。

YouTubeで見るともっと可愛さが分かりますよ!

『円山動物園』の基本情報。

円山動物園冬でも全然楽しめます。

所要時間は半日は見込んでおいた方が良いですよ(^^)/

【住所】札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

【営業時間】
・3月1日010月31日 9時30分016時30分
・11月1日02月末 9時30分016時

【定休日】
・毎月第2、4水曜日、12月29・31日
※ほか4月と11月に不定休あり

【料金】・大人 600円 中学生以下無料

【年間パスポート】1,000円(初回入園日より1年間有効)

【駐車場】700円/一回
・2月1日010月31日 9時017時30分
・11月1日01月31日 9時016時30分
※第二駐車場は冬期(11月1日04月20日)閉鎖

【電話】
・011-621-1426

以上、『円山動物園のレッサーパンダ』をピックアップしました!

皆さんも円山動物園に遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

他にも”札幌観光スポット”を特集しているので是非ご参考くださいね♪

レッサーパンダよりもかわいいのが、多摩川の猫さんです。



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク