2019年オープン!風を感じるウトナイ湖・展望台は解放感MAX!

ウトナイ湖,展望台,観光,シマエナガ,釣り,イベント,野生鳥獣保護,ブログ,野鳥,料金,道の駅,アクセス,ボート,2019,営業時間,温泉,白鳥.キャンプ,散策,苫小牧,キャッチアイ

北海道苫小牧市『ウトナイ湖・展望台』をピックアップ!

新千歳空港から車で約10分。

2019年3月、北海道苫小牧市にあるウトナイ湖湖畔を一望できる展望台が完成した!

ブログ・ヒコトピ!の開始当初『室蘭&苫小牧特集』でチラリと取り上げましたが、レベルアップした旅行ブロガー(私)がもう一度ピックアップ(笑)!

展望台が出来てさらに魅力を増した道の駅・ウトナイ湖は見逃せない観光スポットです。

※道の駅・ウトナイ湖は開業(2009年)から1年足らずで来館者100万人を突破した(驚)。

まずはパワーアップした『ウトナイ湖・展望台』のアクセスから見ていきましょう(^^)/




『北海道ウトナイ湖・展望台』へのアクセス。

札幌から車で1時間、新千歳空港から10分で行ける道の駅・ウトナイ湖

国道36号に面し「苫小牧フェリーターミナル」にも近く、交通アクセスに優れた地域です。

苫小牧フェリー八戸港(青森県)、仙台港(宮城県)、大洗港(茨城県)へもアクセス可能なので旅行の選択肢が広がります。

道の駅・ウトナイ湖の地図。

道の駅・ウトナイ湖周辺野鳥観察や散策にも最適。

あのモフモフの野鳥・シマエナガも冬に観ることができるかもしれませんよ!

『北海道ウトナイ湖・展望台』の見どころ。

それではウトナイ湖・展望台の見どころを解剖していきましょう(^^)/

円柱型で景観を損なわない建築デザイン。

道の駅の駐車場から売店を抜けウトナイ湖へ行く途中にある展望台。

展望台のデザイン円柱型で、周りの景色に馴染む落ち着いた色合いだ。

設計は地元苫小牧の設計事務所『上神田構造設計事務所』。

展望台の事業費は、約1億8000万円!(道が9割、市が1割を負担)2018年8月に着工したそうだ。

展望台の建設は、新千歳空港の深夜早朝時間帯(午後10時~午前7時)の発着枠拡大に伴う道の地域振興策の一環らしい。

ウトナイ湖展望台1階の様子。

1階には芸術作品などを展示できるホールがある。

私が訪れたときは苫小牧の観光ポスターがあった。

1階ホールの様子。

1階ホールの様子。

ウトナイ湖のライブ映像もあり、なかなか臨場感がある。

ウトナイ湖のライブ映像もあり、なかなか臨場感がある。

エスカレーターもあるので、ユニバーサルデザインな展望台だ。

展望台2階へ上がってみた。授乳室もある!

手すりのある階段を通り、2階へ上がってみる。

2階のフロアマットがかわいい。

苫小牧はアイスホッケーが有名だ。

苫小牧はアイスホッケーが有名だ。

2階フロアガイド

2階フロアガイド

2階は湖畔側をガラス張りにした展望ホール。

なんと子どもが遊べるキッズスペース、授乳室まで設置してあるので驚いた!

キッズスペース、授乳室

キッズスペース、授乳室

展望室も至れり尽くせりで”双眼鏡”もある。

これで入場料無料は素晴らしいですね!

4台の双眼鏡が設置されている。

4台の双眼鏡が設置されている。

野鳥観察が楽しめます。

野鳥観察が楽しめます。

千歳空港が近く、飛行機も飛んでいました。

ウトナイ湖上空を飛行機が飛ぶ。

ウトナイ湖上空を飛行機が飛ぶ。

さらに展望台3階へ!

3階も手すり付きで上がることができ、屋外を直接眺めることができる展望エリア。   .

外に出ることもできます。

外に出ることもできます。

屋上へ上がってみよう。

屋上へ上がってみよう。

解放感がハンパない展望デッキ!

屋上からは水鳥が飛び交うウトナイ湖をはじめ、周辺の森、苫小牧市街地を一望できる。

広い屋上。デッキチェアがあればなお良しですね。

広い屋上。デッキチェアがあればなお良しですね。

360度の眺望動画で撮影(LeicaQ)してみました(無音です)。

湖の広さが良くわかると思います。

少し風が強かったけれど、北海道の大自然をカラダ全体で感じることができます。

ウトナイ湖の畔へ散策♪

消毒マットを踏んで湖へ。

消毒マットを踏んで湖へ。

展望台を降りて、ウトナイ湖のそばまで歩いてみよう。

おなじみの鳥さんオブジェ。今年は…?

湖へ行く手前に小鳥のオブジェが載った柵がある。

ファッションショーの如く着せ替えが変わっているので、私はひそかにウトナイ湖を訪れた時の楽しみにしているのだ。

2017年のウトナイ湖の鳥のオブジェ

2017年のウトナイ湖の鳥のオブジェ。寿司が乗っている!

2017年のウトナイ湖の鳥のオブジェ

2017年のウトナイ湖の鳥のオブジェ。派手でギャルっぽい。

2019年3月version。

2019年3月version。これまた鳥に良くフィットしたデザイン(笑)。

そして2019年8月は…。

後ろから。雨上がりで袋をかぶっていてよくわからなかった(^-^;

後ろから。雨上がりで袋をかぶっていてよくわからなかった(^-^;

キャラクターが乗っているようだが・・・

キャラクターが乗っているようだが・・・。なんだろう?

皆さんも鳥の着替えを楽しみにして訪れてみましょう(^^)/

野鳥観察の道。

野鳥観察の道。

ウトナイ湖に白鳥はいるかな?

へ近寄ってみます。

ラムサール条約登録湿地!

ラムサール条約登録湿地!

ウトナイ湖周辺には様々な生物が生息しているようだ

ウトナイ湖周辺には様々な生物が生息しているようだ

広ーい湖・ウトナイ湖。

広ーい湖・ウトナイ湖。

ふと横を見ると、白鳥がもくもく草を食べてた。

今年は1羽だけ白鳥がいた。

今年は1羽だけ白鳥がいた。

ウトナイ湖の周りにはハクチョウのフンがあるので気をつけましょう(^-^;

ウトナイ湖の・展望台の基本情報。

◆電話 (0144)-58-4137

◆休館日 年末年始(12月31日~1月2日)

◆開館時間
・9時00分~18時00分(3~10月)
・9時00分~17時00分(11~2月)

※入館無料。

以上、『北海道ウトナイ湖・展望台』をピックアップしました!

道の駅・ウトナイ湖は売店では「ほっき海鮮まん」や「豚まん」も販売。

お土産屋さんも充実しているので、次回の記事で特集します♪

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

初々しい苫小牧&室蘭の記事はこちら♪



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク