電車移動や船旅にOK!釣りにおすすめな『折りたたみ式キャリーカート』

キャリーカート,電車移動,恥ずかしい,釣り旅行,3輪タイヤ,Amazon,アマゾン,楽天,フェリー,飛行機,ランガン,おすすめ,レビュー,口コミ,自立,収納,折りたたみ,コンパクト,シマノ,ダイワ,ブログ,ランキング (3)

クーラーBOXやタックルボックスなど重たい荷物を運ぶのに便利な『おすすめBUNDOKキャリーカート』をピックアップ!

前回の伊豆大島釣りで役立った折りたたみが出来るキャリーカート。

私の釣り仲間が購入していて便利だったのでレビューします♪

釣りやアウトドアの大きな荷物は船旅や電車移動が超ネック

しかも釣具屋さんやネットショップでは多くのキャリーカートが並んでいて、どれを選ぶか悩んでしまう…。

そんな悩みを1発解決してくれるキャリーカートをご紹介♪

まずは『BUNDOK折り畳み式キャリーカートの仕様』から見ていきましょう(^^)/




BUNDOK折りたたみ式キャリーカートの仕様。

BUNDOK(バンドック)は新潟県三条市にあるアウトドアブランド。

キャンプ用品やレジャーグッズを取り扱っている会社のようです。

伊豆大島釣行ではクーラーボックス、タックルボックス、ボストンバッグがサクッと収納出来て便利でした。

クーラーボックス、タックルボックス、ボストンバッグをセットした様子。脇にショルダーバッグも括りつけてます。

クーラーボックス、タックルボックス、ボストンバッグをセットした様子。脇にショルダーバッグも括りつけてます。

●ゴムバンド付属で荷物を固定できます
●コンパクトに折りたたみ収納可能
●専用ゴムバンド〔品番:BD-338・BD-490〕を別売り

サイズがS/M/Lの三種類あるので、お手持ちのバッグサイズに合わせて購入しましょう。

ちなみに昨年伊豆大島を訪れたときは「マグナカートのキャリーカート」を使用していました。

2020年の釣りで使用したマグナカートのキャリーカート。

2020年の釣りで使用したマグナカートのキャリーカート。

マグナカートは丈夫なのですが、その分重さがあるんですよね…。

軽快に釣りをするには軽量化が大事です。

BUNDOK折りたたみ式キャリーカートの詳細を見てみよう。

「伊豆大島で釣れたかどうか」は別としてキャリーカートの詳細を見ていこう。

コンパクトで軽量なカート。

車の荷台にも出し入れしやすいほどコンパクトなキャリーカート。

片手でひょいと持ち上げられる。

片手でひょいと持ち上げられる。

上から見た様子。ぺたんとコンパクトになる。

上から見た様子。ぺたんとコンパクトになる。

ワンタッチでカートが開閉できるので、移動中快適でした。

パタンと自立できる。一人でもセッティングしやすいね。

パタンと自立できる。一人でもセッティングしやすいね。

ちなみにタックルボックスは以前レビューしたDAIWAの鏡牙を使用。

ゴムバンドでしっかり固定しよう。

バランスが安定するように積むのがポイント。

バランスが安定するように積むのがポイント。

ゴムバンドを荷物に1周させて固定します。

フックで固定します。

フックで固定します。

ワイドなボックスも運搬できる。

ワイドなボックスも運搬できる。

ハンドルは手に馴染みやすいのでグリップが良い。

ハンドルは手に馴染みやすいのでグリップが良い。

フェリーの荷物置き場に置いた様子です👇

自立するので倒れることもなかった。

自立するので倒れることもなかった。

使用してみて気になる部分は?

BUNDOKキャリーカートは軽量な分、安定性にはやや劣っているかなという印象。

段差は慎重に乗り上げないと、ガタついて荷物が落ちてしまうこともありました。

一人の釣行では階段が辛いので、3輪タイヤのキャリーカートをおすすめします。

2輪タイヤでは段差が乗り越えられない。

2輪タイヤでは段差が乗り越えられない。

階段では2人で運搬する際、後ろの突起部分を支えて登ってました。

階段では2人で運搬する際、後ろの突起部分を支えて登ってました。

以上、『おすすめBUNDOKキャリーカート』をピックアップしました!

キャリーカートはピンからキリまであるので購入時に悩みますが、コンパクトで軽量な点・コスパを重視するならBUNDOKかなと感じました

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

伊豆大島でランガン!

夜釣りや防災に大活躍する最強懐中電灯とは?

夏釣りカッコよくスタイリッシュに紫外線ケア!

あわせて読みたい釣りの記事はこちら!

釣果UP!?ダイワ腰巻きライフジャケットを徹底調査!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク