これが北海道のダイナミズム!安藤忠雄設計『頭大仏殿 』の見どころは?

頭大仏殿,頭大仏,雪,安藤忠雄,建築,名所,札幌,北海道,スポット,アクセス,グッズ,真駒内滝野霊園,南区,モアイ,ラベンダー,カフェ,営業時間,巨大,見どころ,冬, (キャッチアイ)

2019年1月に訪れた、札幌市南区にある安藤忠雄建築『真駒内滝野霊園 頭大仏殿』をピックアップ!

頭大仏殿の見ごろラベンダーが咲き誇る6月下旬~7月中旬がベストですが、真冬に訪れた様子をご紹介します。

まずは真駒内滝野霊園『頭大仏殿』へのアクセスから深掘りしていきます。

※真駒内滝野霊園は墓地です。利用者にとって神聖な場所なので、マナーは必ず守りましょう!




真駒内滝野霊園『頭大仏殿』へのアクセス・場所

●タクシーの場合
【地下鉄真駒内駅から】予想運賃 3,200円~4,000円 距離 約11.3km

【地下鉄福住駅から】予想運賃 4,500円~5,500円 距離 約14.1km

【三井アウトレットパーク札幌北広島から】予想運賃 5,000円~6,000円 距離 約18.5km

●路線バスの場合
地下鉄真駒内駅からバスの乗車時間は約20分。
季節によって路線バスのダイヤが変更されるので、最新情報は以下の公式サイトをご参照ください。

僕はで霊園に行きました。
北海道の冬道はよく滑るので、車の運転に気を付けましょう。

滝野霊園の駐車場は無料です。

冬(年始)に頭大仏殿のを見に行く。

車で真駒内滝野霊園に到着。

滝野霊園入り口から入場すると、左手にモアイ像の列、右手に頭大仏殿があります。

滝野霊園入り口。左手にモアイ像が見えています。

滝野霊園入り口。左手にモアイ像が見えています。

営業時間外の年末年始は閉鎖されています。除雪はされていません。

営業時間外の年末年始は閉鎖されています。除雪はされていません。

頭大仏殿は閉鎖中なので一旦引き返しました。

頭大仏殿は閉鎖中なので一旦引き返しました。

ひょっこり!頭大仏の”頭”!

後日、頭大仏殿再来訪

雪の丘の上からひょっこり出しています。

恵庭岳(標高は1,320 m)を背景に大仏様の頭が見えます

恵庭岳(標高は1,320 m)を背景に大仏様の頭が見えます。この丘一面がラベンダーになるそうです。きれいだろうなぁ。

回廊を奥に進む。

入り口から入場し頭大仏殿へ向かいます。

打ちっぱなしのコンクリート安藤忠雄建築らしい力強さを感じますね。

恵庭岳(標高は1,320 m)を背景に大仏様の頭が見えます

頭大仏殿を正面から撮影。

冬以外の季節「水庭」と呼ばれる水路のようなものが回廊前に広がり、結界の役目を果たします。

View this post on Instagram

K-Nakamuraさん(@k_nakamura_pl6)がシェアした投稿

雪道を歩くと左手壁面にお線香を販売。

さらに前へ進むと灯篭のようなものがあります。

頭大仏殿へ向かう回廊も興味深いデザイン。

この回廊はドゥニ・ヴィルヌーヴ作品のような重厚感、圧迫感を感じます。

この回廊はドゥニ・ヴィルヌーヴ作品の映画セットのような重厚感、圧迫感を感じます。

薄暗い回廊をさらに奥へ進みます。

頭大仏殿を拝む。

正面に雪をかぶった大仏様が見えました。

見上げるとかなり大きいです(高さ 13.5m!)。

空間の円形構図が美しい。

空間の円形構図が美しい。

螺髪(らほつ(仏像の丸まった髪の毛))はいくつあるんだろう?

ちなみに東大寺大仏は492個、飛鳥大仏は700個、鎌倉大仏は657個らしいです。

祭壇の前にはお賽銭皿があります。

お賽銭も雪をかぶってます。

お賽銭も雪をかぶってます。

頭大仏を取り囲むように仏像がいます。

こちらは首から上がない仏像です。

中国から渡来した仏像のようです。どんな歴史があったのかな?

中国から渡来した仏像のようです。どんな歴史があったのかな?

頭大仏の背後。肩の雪を払ってあげたいけれど、さすがに届きません。

大仏様は見る角度によって厳しく見えたり、優しく見えたりします。

大仏様は見る角度によって厳しく見えたり、優しく見えたりします。

「願いを込めて。」メッセージ献灯もあります。

回廊横の祭壇にてメッセージを書いて献灯が出来ます。

メッセージ献灯は500円。

メッセージ献灯は500円。

”頭大仏”意外にも見どころがある!

ふかい意味がある。迫力のモアイ像の列。

真駒内滝野霊園の入り口のモアイ像の列も迫力があります。

モアイ像. モアイの『モ』には未来、『アイ』には生きるという意味があり、生きた証を後世へ永遠に伝承できるように建てられました。

大きいものは高さ9.5m重さ120t。その他は高さ6.5m重さ60t。

施設のご案内(霊園全体)より引用

奥へ進むと鹿もいます。

雪に埋もれて苦しそう…。

雪に埋もれて苦しそう…。

未来に希望を。ストーンヘンジ。

さらに奥へ進むとストーンヘンジが!

「大地・自然・空に接する神聖な場所に生きた証を残し、後世の人々へ未来の希望を与えられる」ような意味合いがあるそうです。

北海道ならではのスケール感ですね!

「マザー2 ギーグの逆襲」のストーンヘンジを思い出しました(^^)。

頭大仏殿はラベンダー開花の季節がベスト。

冒頭でも述べましたが、頭大仏殿の見ごろラベンダーが咲き誇る6月下旬~7月中旬がベスト。

冬とはまた違った印象・インパクトを受けそうです。

View this post on Instagram

M.YAMAHANAさん(@sazzannka)がシェアした投稿


以上、今日は『真駒内滝野霊園 頭大仏殿』をピックアップしました!

今回初めて真駒内滝野霊園を訪れましたが、広い敷地内なのに霊園全体が整備・管理されていて驚きました。

ラベンダー維持協力金や拝観寄付金として300円を忘れずに払いましょうね。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

エキセントリックな佐渡島の長谷寺はこちら♪



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク