コスパ最高!ODLOのおすすめランニング・ロングタイツ(メンズ)

ODLOのランニングロングタイツレビューサイズ感‗オドロ (キャッチアイ)
ODLO特集第3弾!『ODLO(オドロ)のランニング・ロングタイツ』をレビュー!

寒い季節のランニングに欠かせない”ロングタイツ”。

まずは『ODLO(オドロ)オムニウス ランニング ロングタイツ』の仕様から見ていきましょう♪




『Odlo オムニウス ランニング ロングタイツ』の仕様。

日本メーカーにはない、スタイリッシュなデザイン特徴的です。

●素材:【本体】ポリエステル78%/ポリウレタン22% 【別布】ポリエステル83%/ポリウレタン17%
●Mサイズ詳細:【股上】25cm 【股下】71cm 【すそ周り】22cm 【わたり幅】24cm
●スリランカ製

サイズ感の詳細は以下の章でご紹介しますが、僕はSサイズを購入

『 Odlo オムニウス ロングタイツ 』の詳細を見てみよう。

見た目は「ゆるそうなタイツ」に見えますが、履くと意外とピッタリ

ナイトランも安心。

ふくらはぎ部分リフレクター素材になっているので、ナイトランも安心です

コインポケットが付いてる。

ロングタイツ内正面右側に、コインポケットがついてます。

コインポケットを開いた様子。

コインポケットを開いた様子。

一般的に『ポケット付きロングタイツ』はあまり見かけないので、この商品は、”ロングタイツのみでランニングした状態”を想定して作られたのでしょうかねぇ?

部位ごとに素材が違う。

膝裏やふくらはぎなど、部分ごとに使用されている素材が違います。

膝裏部分。

膝裏部分。

ふくらはぎ部分。

ふくらはぎ部分。

伸縮性と通気性を両立しているので、ランニングに支障が出ない設計になっていると思います。

商品タグの確認。

ロングタイツの洗濯のポイントは『裏返して』『漂白剤・柔軟剤は使わない』ことですね。

ロングタイツの洗濯のポイントは『裏返して』『漂白剤・柔軟剤は使わない』こと。

ロングタイツの洗濯を一度してみましたが、洗濯後のシワやのびは特に気にならなかったです。

色移りもしませんでした。

気になる『Odlo オムニウス ランニング ロングタイツ』のサイズ感は?

サイズの参考までに”ZOZOスーツ”で計測しました。

僕は身長169cm、体重56㎏です。

ZOZOスーツ計測結果。

ZOZOスーツ計測結果。

海外仕様のサイズなので、Sサイズがちょうど良さそうです。

へそ上くらいまで余裕があります。

へそ上くらいまで余裕があります。

実際に身に着けてランニングチェック!

ODLOで全身装備(ジャケット、ショートパンツ、ロングタイツ)

ODLOで全身装備(ジャケット、ショートパンツ、ロングタイツ)

早速ランチ前に多摩川を10キロ走ってきました!

ランニングした日は気温11度でしたが、寒さは感じませんでした。

タイツを履いた時の窮屈な感じはなかったので、サイズもちょうどいいみたいです。

以上、今日は『ODLO(オドロ)のランニング ロングタイツ』をピックアップしました!

実際に試着してみたい方Xebioスポーツやビクトリアで取り扱っているので、ぜひチェックしてみてください♪

ゼビオのオンラインショップはランニング商品の品ぞろえが豊富。

お宝商品がたまに見つかります(^^)


高品質でリーズナブルなロングタイツ。
北欧ブランド侮れません!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

ランニング関連の記事はこちら!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク