『アークテリクスのジャケット』は釣り・登山・街歩きにおすすめ!

ARC' TERYX_アークテリクス‗ジャケット_ (キャッチアイ)

今日は街歩き・釣り・登山に大活躍の『ARC’ TERYXのジャケット』をご紹介!

アークテリクスのデザインはシルエットがかっこいいので、街中でもスマートに見えるのでとってもオススメ!

この記事では、外見だけでなく、機能面についてもピックアップします♪

※紹介するジャケットは1年間使用してます。




ARC’ TERYX(アークテリクス)ってどんなブランド?

ARC' TERYX_ロゴ

最近、街中でよく見かけるようになったアークテリクス。

Wikipediaによると、

アークテリクス(Arc’teryx )は、衣料品、アウトドア用品を手がけるメーカー。
1989年に、カナダ ブリティッシュコロンビア州ノースバンクーバーで設立。
アークテリクスという社名は、最古の鳥類として知られる始祖鳥の学名にちなんでいる。
ロゴは、発見された化石の中で最も状態の良いベルリン標本をもとにデザインされている。

始祖鳥マークのロゴは、原始的な記号っぽくてCOOLです。

ロッククライミング、スキー、スノーボード、トレッキング、ハイキングに関連したアパレル、ギアを商品主力としているようです。

アークテリクスのジャケットを徹底レビュー!

ARC' TERYX_アークテリクス‗ジャケット_ (29)

アークテリクスジャケットの機能の詳細をレビューします♪

知れば知るほど好きになります、アークテリクスは。

フード部分の詳細。

フードの丸で囲った部分に注目。

フードの丸で囲った部分は硬めの芯が入っているようです。日差し除けにもなるし、視界が開けているので視野率が保持されます。

左右にあるネック部分の調節が可能。

フードの頬部分の調節が可能(左右にあります)。すきま風の侵入を防ぎます。

フードの後頭部にある調節ポッチは、締め付けることによって風の抵抗を受けにくくします。

フードの後頭部にある調節ポッチは、締め付けることによって風の抵抗を受けにくくします。

リスト部分は?

手首は風が入らないように、ややきつめに設計。

釣りのキャスト時邪魔にならなくて最高です。

手首部分は異なる素材を使用しているので、多少ストレッチ性はあります。

手首部分は異なる素材を使用しているので、多少ストレッチ性はあります。

ガーミンやG-ショックなど、いかつい時計はジャケットの上から装着した方がいいです。

ガーミンやG-ショックなど、いかつい時計はジャケットの上から装着した方がいいです。

「裾部分」や「ポケットの収納」は?

両サイドにある調節ポッチで、下から入り込む風をシャットアウト!

裾の両サイドにある調節ポッチで、下から入り込む風をシャットアウト!

内ポケットはなぜかオレンジ色。カードや定期入れ、ポケットティッシュなど入ります。

内ポケットはなぜかオレンジ色。カードや定期入れ、ポケットティッシュなど入ります。

ジャケットの外側ポケットの裏面。メッシュになってます(分かりやすいようにレシート入れてます)。

ジャケットの外側ポケットの裏面。メッシュになってます(分かりやすいようにレシート入れてます)。

細身のシルエットなので、ポケットにスマホなど入れるとシルエットが崩れるので、カッコ悪いっす。

細身のシルエットなので、ポケットにスマホなど入れるとシルエットが崩れるので、カッコ悪いっす。

「商品タグ」と「防水」チェック!

僕はアークのジャケット東京駅にある大丸で購入

品ぞろえ豊富でしたよ。

水をはじきますが、念のため防水スプレーをしといたほうがいいかも。 ゴアテックスではないので、雨の日はあまり着たくないです。

水をはじきますが、念のため防水スプレーをしといたほうがいいかも。 ゴアテックスではないので、雨の日はあまり着たくないです。

アークテリクスのジャケット サイズ感は?

僕は『身長169cm、体重56キロ』XSサイズでピッタリです。

ZOZOスーツで計測した僕のサイズです。参考にしてね。

ZOZOスーツで計測した僕のサイズです。参考にしてね。

首元までチャックが閉まるのが嬉しい。ポケットは両サイドにあります。

首元までチャックが閉まるのが嬉しい。ポケットは両サイドにあります。

側面の様子。フードの調節は開放しているので、風の抵抗を受けます。

側面の様子。フードの調節は開放している状態。

以上、今日は『ARC’ TERYXのジャケット』をピックアップしました!

今回紹介したジャケットは、防寒効果は小さいけれど、防風には強いです。

日本人に多いXSサイズ、Sサイズは品切れになるのが早いので、早めの決断が大事ですよ♪

「ヒコトピ!」の人気のレビュー記事はこちらです。アウトドア派必見!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク