京都・嵐山のゲストハウス『つばめ家』はバックパッカーにおすすめ!

京都嵐山つばめ家

京都特集・第9弾京都嵐山にほど近いゲストハウス 『つばめ家』をピックアップ!

『つばめ家』は嵐山エリアを経費を抑えて旅行したい方やバックパッカーにオススメ♪

ゲストハウスの内部の様子~周辺の施設までご紹介いたします。

まずは”つばめ家のアクセス”から見ていきましょう(^^)/




『つばめ家』へのアクセスは?

※上記のGoogleMapでは焼肉屋さんになってるかもしれませんが、『つばめ家』は2階になります。

焼肉屋さんはなかったけど、閉店したのかな?

山陰本線太秦(うずまさ)駅からは徒歩15~20分

嵯峨嵐山駅太秦駅のほぼ中央『つばめ家』はあります。

太秦駅。たいほう駅だと思ってました(笑)。

嵐電・撮影所前駅。仁和寺や龍安寺も行けるのでGOOD。

太秦駅から徒歩1分で『嵐電・撮影所前駅』に行けます。仁和寺や龍安寺も行けるのでGOOD。

嵯峨嵐山駅からも徒歩15~20分。

嵯峨嵐山駅からも徒歩15~20分。

僕は太秦駅からつばめ家へ行ったのですが、道中の住宅街でカメの散歩させてるおじさんがいてビックリ。

太秦 カメの散歩で検索するとHITしますよ。

『つばめ家』の外観・内観の様子は?

外観の様子。

つばめ家の外観は目立つのですぐわかると思います。

【駐車場】一泊800円 要予約です。

つばめ家の外観

つばめ家の外観

夜はライトアップされてるので、わかりやすい。

夜はライトアップされてるので、わかりやすい。

ゲストハウスの内観は?

受付(フリースペース)と客室は別々の入り口になっています。

受付・客室は全体的に、スナック兼カラオケルームを改装したような、ユニークなつくり

客室の廊下。

客室の廊下。

チェックアウトの際にKEYボックスに入れます。手軽ですね。

チェックアウトの際にKEYボックスに入れます。手軽ですね。

客室の玄関です。ちょっと狭いかも。

カラオケボックスっぽい客室の玄関です。ちょっと狭いかも。2重扉になってます。

僕の部屋?は2段ベッドの下(笑)。

ベッドの住人が身動きすると揺れるので初めは地震かと思いました。

宿泊費が安いだけに寛げないです(笑)。

シャワールームもあります。僕は利用しませんでしたが、清潔な感じでしたよ。

シャワールームもあります。僕は利用しませんでしたが、清潔な感じでしたよ。

洗面所と洗濯機。このスペースで女性と一緒になると気まずいんだよなぁ(笑)。

洗面所と洗濯機。このスペースで女性と一緒になると気まずいんだよなぁ(笑)。

他にはこんなサービスもある!

・共用バスルーム(シャンプー、リンス、ボディーソープ 有)
・トイレ男女別(ウォシュレット付き)

・洗濯機(30分・300円)
・衣類乾燥機(30分・300円)

【フリースペース】24時間利用できます。

・キッチン
・電子レンジ
・IHクンキングヒーター
・電気ケトル
・トースター
・冷凍庫
・冷蔵庫

※使用した食器は洗ってね。

館内無料wifi

自転車レンタル 500円/日

他には耳栓や歯ブラシ、タオルも有料で販売・レンタルしてます。

『つばめ家』の周辺施設は?

つばめ家の『手作りマップ』が超役立った!

画像が見づらいですが、重宝しました

画像が見づらいですが、とても重宝しました。

受付の女性の方にもらったA3サイズの「つばめ家周辺マップ」は、飲食・コンビニ情報が32か所、銭湯情報が4か所も記載されているので、大助かり!

英語表記もあるから、サービスが行き届いています。

ふわとろ!たこ焼きがうまい。『お好み焼き「ふうふう」』

つばめ家さんに勧められて行った『お好み焼き「ふうふう」』

ラストオーダー(22:30)間際に行ったのに、親切に対応してくれて有難い!

関西風たこ焼きは、ふわとろで幸せな気持ちになります。

インスタもしているようですよ↓↓↓

薪で沸かす銭湯!『鹿王湯』

ここもつばめ家さんに勧められたのですが、僕は「風風の湯」に行ってしまいました(笑)。

調べると『鹿王湯(ろくおうゆ)』昭和な雰囲気が残る良い銭湯でしたよ。

View this post on Instagram

#京都 #kyoto #鹿王湯 #昭和の銭湯 #セピアな感じ

かずひさん(@kazuhi5296)がシェアした投稿 –

『つばめ家』に1泊してみての感想。

ゲストハウスは安いだけに貴重な体験ができます。

2段ベッドで眠れなかったり、他のお客さんと交流したり、部屋が酒臭かったり(笑)。

(※お部屋での飲食は原則禁止されています。)

だけど、つばめ家の女将さんは親切でチャーミングな女性でしたよ。

近くにスーパー・コンビニもあるので不自由しません。

チェックアウト11:00なので、荷物を宿に置いて、朝早く起きて「竹林の小径⇒亀岡⇒竜安寺」に行けたのは「つばめ家」のおかげです。

嵐山エリアを散策する際は「また利用してもいいかも」と思わせるようなゲストハウスでしたよ♪

以上、今日はゲストハウス『つばめ家』をピックアップしました!

京都にはゲストハウスが沢山ありますが、行きたい観光スポットや予算に合わせて選択してみてはいかがでしょうか?

バックパッカー必読の本もオススメです(^^)

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク