僕がウンベラータをオススメする4つの理由。

ウンベラータ上

今日はお部屋のインテリアに最適な『ウンベラータ』をご紹介!

僕は親の影響で室内外で植物を育てていますが、その中でも『ウンベラータ』を絶賛しています。

今日はその理由をヒコトピしていきます!




メンテナンスが楽

葉っぱが大きいので、落葉しても掃除が楽です。

僕は『シマトネリコ』という観葉植物も部屋で育てているのですが、
これは葉が小さく、よく落葉するので掃除が嫌になります(笑)。


左-シマトネリコ。右がウンベラータ。

水やりに関しては、
夏は土がよく乾くので、乾く前にたっぷりと水を与えましょう。
ウンベラータの葉が下へ向きだしたら水分不足のサインです。

僕は今年の7月下旬に1週間家を留守にしたのですが、何とか耐えてくれました。

東京の暑い夏を室内で1週間耐え抜くのは、相当タフだと思います。

冬は水を吸い上げる力も弱くなってきますので、少しずつ水やりの間隔を空けて、土の表面が乾いて2~3日後に与えるようにします。

『植物は枯らせてしまうから苦手。』という方は、ウンベラータはおすすめです。

僕も未だに植物を枯らせてしまうことがありますが、「トライ&エラー」だと割り切って
自分に合う植物を探していますよ。

存在感がある

成長が早く大きくなるし、葉が大きいので存在感があります。
リビングに置くだけでパッと明るい印象になりますよ。

また葉っぱに丸みがあり、ハート形をしているので
リラクゼーション効果で心が落ち着きます。

開店開業のお祝いに贈ると喜ばれるかもしれませんね。

僕は観葉植物がない部屋ってなんか落ち着かないんですよね~。

生命力が強い

下の画像は初めて買ったウンベラータ↓↓

ウンベラータ

2014年3月のウンベラータ

4年経つとこうなります↓↓

2018年8月のウンベラータ

成長が早い! 途中経過がなさ過ぎて不気味な感じもしますが(笑)。

身長が 30cm ⇒ 150cm に伸びました。

ウンベラータはご覧の通りよく成長するので、途中で剪定(せんてい)して『挿し木』で増やします。

切った枝を水につけておくと、2週間くらい根っこが伸びてきまよ。

(水は1日ごとに入れ替えます。)

『取り木』という増やし方も確実に増やせそうです。

挿し木で成長
挿し木で成長

愛着がわく

『メンテナンスが楽』『成長が早い』とくると、さすがに愛着がわきます。
ウンベラータの花言葉は、「すこやか」「永久の幸せ」「夫婦愛」らしいです。

恋愛運を高める風水効果をより発揮させるため、南~南東、西の方角に置くのがおすすめみたいですw。

ウンベラータ

今は3本のウンベラータを育てています。なんか家族みたいだ。

植物にも親子関係があって、森林では根っこから子に向けて養分を出しているみたいですよ。

TEDでやってました(笑)。

興味のある方はぜひご覧ください↓↓↓

以上、今日はウンベラータをピックアップしてみました。

下の画像無料で届けてくれる『ブルーミングスケープ』リンクを張っておきますので、

よかったら参照してね↓↓↓

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク