雪山・冬山装備一式の金額のまとめ。初期費用・予算はいくらかかる?

スノーシュー,ソックス,メリノウール,雪山装備リスト,予算,装備一式,みんなの,金額,服装,初心者,安く,ギア,必要なもの,神器,スコップ,ビーコン,登山,北海道,札幌,靴,使い方,雪崩,凍傷,おすすめ

『気になる冬山装備の初期費用』をピックアップ!

2020年に冬山を始めた初心者の私ですが、雪山はとにかく装備品にお金がかかる…(^^;

登山ウェアやスノーシューなど高価な製品が多いです。

ちなみに私の雪山登山の目的はスノーシューで巡る「写真撮影」。

これがバックカントリー(山スキー)になるとさらに費用が増します。

本記事では私が実際に揃えた雪山装備一覧&これから揃えたいものを詳しくご紹介♪

登山好きやウィンタースポーツ好き必見の内容をお届けいたします。

まずは『実際に冬山装備にかかった費用』から見ていこう(^^)/




意外と高い冬山装備。かかった費用は?

スノーシュー,ソックス,メリノウール,雪山装備リスト,予算,装備一式,みんなの,金額,服装,初心者,テント,安く,ギア,必要なもの,神器,スコップ,ビーコン,登山,北海道,札幌,靴,使い方,雪崩,凍傷,おすすめ (2)

冬山装備にかかった費用はズバリ169,078円

リュックなど夏山用を使っているので、これでも抑えたほうです(^^;

今回新しく買った装備は以下の通りです。

ミレー冬服上下ウェア ¥48,614
アイゼン(12本爪) ¥17,325
厳冬期用登山靴 ¥56,100
厳冬期用ソックス ¥5,451
バラクラバ ¥3,135
スノーシュー ¥24,035
手袋(テムレス) ¥2,178
ストック ¥11,000
バスケット ¥990
スノーブラシ ¥250

バックカントリーもしてみたいが、スキー板(約4万)、ビンディング(約4万)、シール(約1万)、ゴーグル(約2万)、ヘルメット(約1万)などなど、合計すると30万超えるので敷居が高い(^^;

私はとりあえずスノーシューで満足です(^^)

装備の詳細は当ブログで詳しく紹介してます。

登山用ゲイターは親から借りがいるが、やや小さい…

登山用ゲイターは親から借りているが、やや小さい…

他に揃えなければならない必要なものは?

私がまだ購入していない『雪山三種の神器』と呼ばれる「雪山用スコップ・ゾンデ・ビーコン」。

スポーツメーカーの押し売りでは?と眉唾モノで疑っていますが、揃えなきゃいけないものかと逡巡しています。

私が狙っているアイテムは以下の通りです。

ブラックダイヤモンドのストックの使用感が良かったので、私の推しメーカーです。

ピッケルミレーの編インナーも欲しい…。

おすすめ厳冬期用ソックスとトレッキングポール。

これまで紹介していなかった靴下とトレッキングポールを紹介します。

実際に風不死岳や札幌岳で使って満足でした(^_^)

厚手の靴下おすすめ2選。

3000m級の山にも対応したキャラバンのソックス(\2,871)。

メリノウール製で履き心地がとにかく柔らかい。

立体製法でフィット感Good!

立体製法でフィット感Good!

ぶあつい靴下です。

ぶあつい靴下です。

ソックスの中はもこもことして暖かい。

ソックスの中はもこもことして暖かい。

左右の足に合わせて作られているのでずれにくいです。

L/Rと分かりやすいソックス

L/Rと分かりやすいソックス

もう一つはノースフェイスのソックス。

ザ・ノース・フェイス THE NORTH FACE トレッキング ウール ラギッド パイル Trekking Wool Rugged Pile NN81729

ザ・ノース・フェイス THE NORTH FACE トレッキング ウール ラギッド パイル Trekking Wool Rugged Pile NN81729

普通に買うと¥4,730くらいしますが、メルカリで新品\2,580で購入。

締め付けが良く、暖かいのが特徴です。

防臭機能のあるウール糸使用。

防臭機能のあるウール糸使用。

この2つのソックスは防寒効果が高いので、冬山登山以外にもスキーやスノーボードにもおすすめです。

ブラックダイヤモンド・トレッキングポール。

スポーツショップ・秀岳荘で購入したブラックダイヤモンドのストック(\11,000)。

伸縮するタイプのストック。

伸縮するタイプのストック。

スノーハイキングにはパウダーバスケットが欠かせません。

ブラックダイヤモンドのパウダーバスケット(990円)

ブラックダイヤモンドのパウダーバスケット(990円)

スクリュータイプのバスケット。

軽さ、ビンディングの操作性、雪との接地感が向上したらしいです。

雪の結晶のようなデザイン。

雪の結晶のようなデザイン。

くるくると装着するとこんな感じ。

しっかり固定しないと紛失します。

しっかり固定しないと紛失します。

私は初めてのスノーハイキングの時にゆるく装着していたのでバスケット1個紛失(^^;

気を付けましょう。

ポールは左右にL/R表記があるので分かりやすい。

左用のポール。

左用のポール。

手に馴染むグリップ。

手に馴染むグリップ。

グリップは吸水性のあるスポンジ素材でできているため、氷点下の環境で使っているうちにグリップに浸み込んだ水が凍ってしまい滑ってしまうのが問題。

この問題を解決するにはシルネットで防水処理を施してやればいいようです。

ワンタッチで伸縮可能。

ワンタッチで伸縮可能。

重量:490g(1ペア)
サイズ:64ー140cm(収納時64cm)

キャップを外して使おう。

キャップを外して使おう。

ツイッターでみんなの冬山装備は?

バックカントリー,ヒグマ,スノーシュー,駐車場,行き方,車,ピッケル,12月,スキー,登山口,冬,雪山,装備,難易度,ヤマレコ,駐車場,登山口,難易度,おすすめ,北海道,札幌岳,yamap,服装,豊平峡温泉,地図,レベル (8)

Twitterでみなさんの冬山装備のトレンドを検索してみよう。

以上、『気になる冬山装備の初期費用』をピックアップしました!

冬山登山は景色が素晴らしいですが、経験者やグループで登り、安全に冬山を楽しみたいものです。

あわせて読みたい旅行記事はこちらです♪

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク