『自宅トレーニング』に必要なオススメ器具やメニューをご紹介!

オススメ自宅トレ

僕はランニングのため筋力トレーニングを取り入れています。

『走ること』って簡単にできるように感じますが、『長い距離を速く走り続けるため』には、筋トレが必須!

今日は自宅トレーニングを効果的に行う方法を紹介します♪

まずは自宅トレメリット・デメリットを確認しましょう。




自宅トレの「メリット」

自宅トレのメリット

お金・時間の節約になる。

自宅トレ

ジムにお金を払い続けても、自分の手元に残るモノはありませんよね?

自宅トレだと初期投資はかかりますが、ランニングコストプロテイン代くらいです。

ジムに通う移動時間が掛からない『自分のペースでトレーニングできる』のも魅力です。

トレーニング後、たんぱく質がすぐ摂取できる!

トレーニング後から1時間以内『ゴールデンタイム 』と呼ばれるように、
すぐプロテインが飲めるのはもちろん、ステーキもすぐ焼いて食べることが出来ますよ(^^)。

自宅トレの「デメリット」。

ガーミンウォッチ困った

ある程度の”運動スペース”がないとできない。

ダンベルトレーニング用のベンチを置くスペースが必要。

運動を行うのに少なくとも畳2畳分は必要になります。

補助やアドバイスを頼めない。

限界に達したら床に下すだけでいい種目ならば問題ありませんが、
限界の重量にチャレンジすることは難しくなります。

僕の筋トレの目的は、ランニングの補助的な意味合いが強いので特に問題ないです。

高いモチベーションが持続できない可能性も。

周りからの視線が無いと楽なぶん、ついサボりがちになってしまうかもしれません。

まわりから刺激を受けないとモチベーションを維持することができないような人は、
続けることがむずかしいかもしれませんね。

胸や腕の筋肉大きい筋肉なので、成長度合いが分かりやすいので、モチベーションにつながるかも(笑)。

自宅トレ必須アイテム4選!

これさえ買い揃えれば、自宅トレは十分はかどります!

初期投資は、ザックリ合計3万円くらいでした。

IROTECのダンベル60キロセット

僕が使っているIROTECのダンベルのセット内容は以下の通り。

・1.25㎏プレート×4枚

・2.5㎏プレート×4枚

・5㎏プレート×4枚

・2.5㎏のバー×2本

最初はゴムのにおいに辟易しましたが、一度食器用洗剤で洗ったり、天日干し後に使っているうちににおいが消えました。

ラバーが赤いのでやる気に繋がるかも?

リーディングエッジ 折り畳める『トレーニングベンチ』

トレーニングベンチベンチプレス・ドラゴンフラッグなどで使用するので、メニューの幅が広がります。

ベンチを折りたたむ前の様子。

ベンチを折りたたむ前の様子。

ベンチを折りたたむとこんなにスリムになります。

ベンチを折りたたむとこんなにスリムになります。

リーディングエッジのベンチ折りたためるし、安全に使用できます。

騒音防止!『トレーニングマット』

トレーニングマットは、ベンチの安定はもちろん、ダンベルや金具を落としてしまったときに役立ちます。

アパートやマンションに住んでる方は、下の階に住んでいる人への配慮にもなるので必須だと思います。

プランクをするときやヨガマットの代わりにも使えますよ。

オススメのダンベルメニュー(上半身)

僕が主に行っている上半身メニューの動画を掲載しますね。

ダンベルベンチプレス

フレンチプレス

ダンベルフライ

ワンハンドローイング

ダンベルショルダープレス

ダンベルシュラッグ

ダンベルカール

ドラゴンフラッグ

プランク

以上、他にもたくさんトレ動画はありますが、ザっとピックアップしてみました。

筋トレのし過ぎは、腰痛や故障の原因にもなるので、くれぐれもお気を付けくださいね。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク