調布でインスタ映え!強烈なキャラがいる『鬼太郎ひろば』のアクセス。

おすすめ,のっぺらぼう,インスタ映え,場所,徒歩,ブログ,マップ,観光,鬼太郎,目玉おやじ,鬼太郎公園,ぬらりひょん,写真,深大寺,一反木綿,地図,駐車場,調布,穴場,妖怪,鬼太郎ひろば)

『東京都調布市・鬼太郎ひろば』をピックアップ!

2019年5月18日(土)、水木しげるさんの名作「ゲゲゲの鬼太郎」に登場するキャラクターのオブジェや遊具が楽しめる公園「鬼太郎ひろば」がオープン♪

かつては京王線の電車が通ていた線路が、写真好きな方やコスプレイヤーには堪らないテーマパークに様変わりしていました!

クオリティの高いゲゲゲのキャラクターたちに、鬼太郎妖怪ワールドのとりこになること間違いない。

本記事では「鬼太郎公園のアクセスは?」「キャラクターは何がいるの?」と気になる方必見の内容です。

まずは『鬼太郎広場のアクセス』から見ていきましょう(^^)/




調布市『鬼太郎ひろば』へのアクセス。

”鬼太郎ひろば”京王線調布駅から徒歩約10分で行くことができます。

ちょうど調布駅と西調布の中間地点にあるので、「味の素スタジアム」の帰りがてらや深大寺で楽しんだ後にも行くことも可能。

公園は鶴川街道沿いに面しているので分かりやすい位置にあると思います。

近隣は住宅街なのではしゃぎすぎないように注意しましょうね。

鬼太郎ひろば入口から見た様子。縦長の公園だ。

鬼太郎ひろば入口から見た様子。縦長の公園だ。

公園オープンセレモニーも賑やかに行われたようだ(^^)

インスタ映え必至!鬼太郎公園の見どころ。

鬼太郎ひろばをテクテク徘徊してみます。

土曜日の14時くらいでしたが、人気(ひとけ)がなく、写真撮り放題でした(^^;

調布駅から少し離れているので、意外と穴場スポットなのかもしれませんね。

目玉のおやじを見逃すな!

鬼太郎ひろばを入ると渋い小屋が!

「お邪魔しま~す。」と小屋の中をのぞくと茶碗が置かれていました

ちゃぶ台の上に何かいる。

ちゃぶ台の上に何かいる。

小屋に入ると目玉のおやじが寛いでいました(^^;

「極楽極楽 い~湯加減じゃのぅ」

「極楽極楽、 い~湯加減じゃのぅ」

目玉のおやじが入っているお風呂のお湯は温泉で、自律神経不安定症、不眠症、便秘に効くそうです(嘘です)。

小屋は滑り台にもなっているので、床下浸水を気にしなくてもよさそう。

子供もうれぴー目玉のおやじ滑り台。

子供もうれぴー目玉のおやじ滑り台。

「お~い!」と呼び止められて振り向くと、前髪系男子がいましたw

髪型がイイネ!鬼太郎と呼子。

今にも喋りかけられそうな鬼太郎。前髪もばっちりキマッています。

スカルプケアのDepthを使用しているのでしょうか?

オ~イ!って言いそう。

オ~イ!って言いそう。

鬼太郎が呼び掛けていたのは鬼太郎準ファミリー呼子だったのかもしれません。

気弱で臆病な妖怪として頼り無かった「呼子」

気弱で臆病な妖怪として頼り無かった「呼子」

山のこだま現象呼子の仕業らしいぞ。

出っ歯、一つ目、一本足は強烈だ。

出っ歯、一つ目、一本足は強烈だ。

強烈な風貌は呼子だけではありませんでした((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル!ぬらりひょん。

休憩スポットで休もうとしていたら、強面のお爺さんが先着で座っていた。

どこかで見たことのある爺さんだなぁと思ったら、卑怯で狡猾な手口を使う最大の敵「ぬらりひょん」だった。

すんごい怖い顔面フェイスのぬらりひょん

すんごい怖い顔面フェイスのぬらりひょん

勇気を出してぬらりひょんをアップで撮ってみました。

鬼太郎ラスボスのぬらりひょん。映えるぜ。

鬼太郎ラスボスのぬらりひょん。映えるぜ。

ぬらりひょんにビビった後は、愛すべき巨大な妖怪に癒されよう。

子供に人気!ぬーりーかーべ~!

ぬりかべのボルダリングは子供たちに人気のようです。

ぬりかべについた汚れをメラミンスポンジで掃除したくなるのは私だけでしょうかね?

公園奥の一反もめんがユーモラス!

鬼太郎公園の奥には、鬼太郎ファミリーの最強妖怪・一反木綿!

インスタグラマーを狙う女子は一反もめんにまたがって自撮りしよう♪

かつての京王線の列車みたいだ。

かつての京王線の列車みたいだ。

子供たちがはしゃぐ姿が目に浮かびます

子供たちがはしゃぐ姿が目に浮かびます

全てが妖怪に見える鬼太郎ひろば。

公園の一番奥のベンチでは、京王線が地下に潜る様子を見ながら一休み。

水飲み場もあるので、暑い夏も安心してはしゃげるぞ。

妖怪ミズノミバー。

妖怪ミズノミバー。

落ちているバスケットボールもなんだか妖怪に見えるので、鬼太郎ワールドに足を踏み入れてしまったようです。

妖怪…じゃないな。

妖怪…じゃないな。

ゲゲゲの鬼太郎のコスプレをして公園で楽しもう。

私が見つけた鬼太郎コスプレグッズを身に着けて遊ぶのも面白そうだ。

以上、『東京都調布市・鬼太郎広場』をピックアップしました!

猫娘や子泣き爺はいなかったけれど、キャラクターのクオリティーが良いので満足度が高い鬼太郎ひろばでした。

子供から大人まで楽しめる公園は、ずっと大切に利用したいものです。

これを機会にゲゲゲの鬼太郎を見直すのもいいかもしれませんね(猫娘がかわいすぎる)。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

以下の記事を読んで、ポテンシャルが高い調布の凄さを知ろう。



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク