気分がアガル!『SIWA/紙和 のクラッチバッグ』をご紹介!

SIWA_紙和 のクラッチバッグ
今日は『SIWA/紙和 のクラッチバッグ』のご紹介!

海外ドラマや映画で、登場人物が抱えている買い物袋に憧れたことってありませんか?
茶色の紙袋に、野菜やフランスパン、パスタが入っているあの感じ。

白いビニール袋だと風情は感じないけど、茶色い紙袋だとニューヨーカーっぽくてかっこいい。

『SIWA/紙和 のクラッチバッグ』は紙で出来ているのに、すごく丈夫です。

僕は購入して3年経ちますが、破れそうな感じはしないです。

大事に使っているからかなぁ?

まずは『SIWA/紙和』の紹介から♪




SIWA/紙和 とは?

千年の歴史ある和紙産地、山梨県市川大門の和紙メーカー
大直が、紙の可能性を広げる日常品「SIWA|紙和」シリーズを
工業デザイナーの深澤直人さんと一緒につくりました。

深澤さんは大直が開発した破れない障子紙「ナオロン」を、
くしゃくしゃにすることで新たな風合いがでることを見いだし、
その優しさを生かした日常品のデザインを提案しました。

「SIWA|紙和」という名前は、紙のしわと和紙の反対読みの紙和と
いう意味があります。
和紙を丹念に精製し、革を縫製するようにひとつひとつ丁寧に
生産しています。

※SIWAの公式ホームページより引用

深澤直人さんは無印良品のデザイナーでもあります。

「壁掛け式のCDプレイヤー」など見たことがある方もいるのでは?

以下の埋め込み画像は「SIWA|紙和」のインスタグラム。

クラッチバッグのサイズ感・色は?

僕が購入したクラッチバッグは一番大きいLサイズ色はブラウン

Lサイズは、高さ485 × 幅300 × 奥行135 ㎜
¥4,000(税別)です。

クッタリ感がいい味です。

クッタリ感がいい味です。

他にもサイズが2種類あり、

Mサイズは、高さ335 × 幅200 × 奥行120 ㎜
¥3,000(税別)です。

Mサイズはお弁当向きのサイズかな。

Wサイズは、高さ315 × 幅315 × 奥行70 ㎜
¥3,800(税別)です。

左から順に W、M、Lサイズ。

左から順に W、M、Lサイズ。

はサイズごとに限定されていますが、9種類あるみたいです。
(※売り切れの場合もあるので要確認です。)

クラッチバッグ使い心地は…。

僕はよくスーパーに買い物に行くときや、クリーニングに衣類を預けるときに活用します。

重いものを入れるとさすがに破れそうな気がするので、前腕で底を支えるように持ってます。

雨に塗れるとクラッチバッグにしみ込んでしまうので、要注意ですよ(破れはしないけど、耐久性が落ちそうな気がします)。

SIWA/紙和

底部分。毛玉感がありますが、手触りがいいです。縫製もしっかりしてる。

SIWA/紙和

アメリカンスナップ(凸)

SIWA/紙和

アメリカンスナップ(凹)

SIWA/紙和

アメリカンスナップを留めるとこんな感じ。「ただの紙袋じゃないぜ」と主張しているようでかっこいい。

SIWA/紙和

さりげなく、横の折れ目にタグが付いてます。

SIWA/紙和

タグのアップ。

SIWA/紙和

クラッチバッグの内部はこんな感じ。

まとめ

「SIWA/紙和」はブランド品のように華やかな存在感はないけれど、「あれはなんだろう?」と思わせるような佇まいがあります。

この前、美容室でSIWAのバッグを預けたら、美容師さんがすごい興味を持ってくれました。

一見ただの紙袋なんだけど、よく見るとアメリカンスナップやタグが付いているし、気になりますよね。

少しお値段が高い気もしますが、きっと愛着を持ってバッグと接することができますよ。

以上、今日は『SIWA/紙和 のクラッチバッグ』をピックアップしてみました!

他にも「SIWA/紙和」の商品があるので、参照してみてくださいね。

帽子財布もあるので、さりげなく目立てますよ!

銀座のショップこちら。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク