東京(三田・新橋)のおすすめ和菓子♪『文銭堂本舗・梅どら焼き』!


東京・三田の文銭堂本舗『梅どら焼き』をピックアップ!

僕が働くプロジェクトメンバーからいただいた「梅どら焼き」

”梅×どら焼き”の組み合わせが非常にユニークなので、手土産にオススメですよ♪




手作り和菓子”文銭堂本舗”とは?

新橋に本店を構える”文銭堂本舗”1946年(昭和21年)に設立。

Wikipediaによると…

慶應義塾大学のそばにある三田店では「学問のすゝめ」という名の最中を販売しており、受験者に縁起担ぎで購入されているそうです。

この他「文銭最中」や「汽笛一声」などをテーマとした菓子を販売。

豆大福も有名みたいで超うまそうです♪

View this post on Instagram

スイーツ♡メモ 新橋・文銭堂本舗 豆大々福つぶし餡194円 創業祭ウィークはお値段そのままで通常より1.5倍の大きさ😋😋😋 ・ 柔らかいお餅の中には、お上品な甘さのつぶ餡がたっぷり。 1.5倍、食べ応えあり!至福のときでした💕💕💕 ・ 今年11/15で創業70周年を迎えた老舗和菓子店。 年二回、いつもより大きめ豆大々福が味わえます。次回は節分あたり。 この豆大々福を買いに行く、我が家の年中行事に追加決定です😆 ・ #文銭堂本舗#文銭堂 #新橋#新橋スイーツ#新橋和菓子#老舗#老舗和菓子店#老舗の味 #創業祭 #豆大々福#豆大福#豆大福食べ比べ #豆大福大好き #和菓子大好き #和菓子メモ✍️ #豆大福メモ✍️ #スイーツメモ✍️ #eccoスイーツメモ✍️

Etsukoさん(@eccohappyface)がシェアした投稿 –

いざ『梅どら焼き』を実食!

まずは”梅どら”パッケージを見てみましょう!

「梅どら焼き」のパッケージの様子。


和菓子らしくシンプルなデザインです。

生菓子なので早めに召し上がってね。

生菓子なので早めに召し上がってね。

裏返すと…

5日間日持ちするみたいです。

開封!味はどんな感じ?

いざ、梅どら開封です!

見た目は普通のどら焼き♪お皿は金継ぎしてます。

見た目は普通のどら焼き♪お皿は金継ぎしてます。

包丁でスパッと切って断面チェック

白あんベースで、ペーストされた梅の実が入ってる!

ペーストされた梅の実が入ってる!

梅の実が1個丸ごと入ってるのを想像していたので、意外でした!

梅は紀州産

一口食べてみると…生地がふんわり。梅の風味もふわりと漂い、上品な味でございます。

梅の酸っぱさはまるでなく、優しい梅の味です。

僕が今まで食べてきたどのどら焼きにも似ていないので、調べてみると、

はなんと『白隠元(しろいんげん)』!

文銭堂本舗のこだわりを感じる、とってもオシャレな和菓子でした。

『梅どら焼き』はどこで販売してる?

直営店(新橋本店・三田支店)、日本橋髙島屋/新宿高島屋/日吉東急百貨店で購入できます。

新橋本店

【営業時間】平日8:30~19:00 / 土曜日9:00~16:00

【定休日】日曜日・祝日 ※節句などの物日は営業します。

【アクセス】新橋烏森通り、新橋三丁目交番の並びです。
・●JR「新橋駅」烏森口から徒歩3分
・●東京メトロ 銀座線「新橋駅」下車、JR烏森口から徒歩3分
・●都営地下鉄 浅草線「新橋駅」下車、JR烏森口から徒歩3分
・●都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A1出口から徒歩3分

三田支店

【営業時間】 平日9:00~18:30 / 土曜日9:00~15:00

【定休日】日曜日・祝日 ※節句などの物日は営業します。

【アクセス】慶應義塾大学東門の隣り、福沢諭吉先生の看板が目印です。
・●JR「田町駅」三田口(西口)から徒歩8分
・●都営地下鉄 浅草線「三田駅」A3出口から徒歩10分
・●都営地下鉄 三田線「三田駅」A10出口またはA8出口から徒歩7分
・●都営地下鉄 大江戸線「赤羽橋駅」赤羽橋口出口から徒歩8分

売店のご案内

日本橋髙島屋/新宿高島屋/日吉東急百貨店は以下のURL参照です。

通販サイトはこちらから↓

以上、東京・三田の文銭堂本舗『梅どら焼き』をピックアップしました!

最近、文銭堂本舗ゲーム『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』に登場する「花咲屋のミッシェル最中」を販売!

View this post on Instagram

あやかし見廻り隊「月下の黒兎」さん(@phantom.moep)がシェアした投稿

ゲーム好きには堪らないミッシェル最中要チェックです♪

ガルパのCDもAmazonで販売してました。(僕は全く興味ないw…)

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク