雲取山から下山。三条の湯~サオラ峠~丹波山村の民宿へGo!

2021,なぜ,雲取山,カモシカ,おすすめ,穴場,熊,鬼滅の刃,縦走,行き方,駐車場,バス,サオラ峠,三条の湯,日帰り登山,装備,きめつ,遭難,きつい,難易度,時間,温泉,往復,初心者,レベル,トイレ,最短ルート,民宿 (1)

『雲取山からの下山~丹波山村の民宿の様子』をピックアップ!

2021年3月、東京都・埼玉県・山梨県の境界にある雲取山(標高2017m)へ縦走登山。

最近では「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」で雲取山周辺が人気のようです。

しかしながら雲取山~三条の湯~サオラ峠では危険な道が点在しており、 初心者にはなかなか厳しい山でした。

本記事では登山・旅行好き必見の内容をお届け。

カモシカが登場するYoutube動画もUPしているので、お楽しみに。

まずは『雲取山の登山時間』から見ていこう(^^)/




奥多摩駅~雲取山~丹波山村の登山時間。

留浦バス停から雲取山~サオラ峠~丹波山村の縦走「約27キロ・9時間」かかりました(^^;

かなり速いペースで歩いたので、体力的にはハードです。

留浦バス停から雲取山~サオラ峠~丹波山村の民宿一泊 / ミッチー🏃‍♂️🏔さんの小雲取山(山梨県)雲取山の活動データ | YAMAP / ヤマップ

ザックリした登山タイム詳細

「奥多摩駅出発 AM7:25 ~ 留浦バス停 AM8:00 ~ 雲取山AM12:10(ランチ) ~ 三条の湯 PM14:23 ~ サオラ峠 PM16:00 ~ 丹波山村 PM17:00」です。

登山装備や難易度は以下の記事にまとめているので参考にしてね👇

雲取山山頂からいざ下山!

2021,なぜ,雲取山荘,アクセス,おすすめ,穴場,熊,鬼滅の刃,行き方,駐車場,軽アイゼン,持ち物,トレラン,日帰り登山,装備,山小屋,ブログ,遭難,難易度,時間,三条の湯,往復,初心者,レベル,テント泊,最短ルート (5)

東京都最高峰の山頂(2017m)でおにぎりを食べた後、三条の湯方面へ下山しました。

下山時にすれ違った人は1名のみで、かなり心細い山行でした(^^;

雪の多い山頂エリアを下る。

山頂から続く道は積雪が多く、足跡も1、2人分しかないのでやや辟易。

下れば雪も少なくなるだろうとポジティブに考え下山しました。

フカフカの雪の上を下山

フカフカの雪の上を下山

シャーベット状の雪質はスパイクシューズの裏にべっとりつくので不快です(^_^)

靴の裏に雪が付く。

靴の裏に雪が付く。

しばらく下ると雲取山山頂が見えた。

結構下ってきたな。

結構下ってきたな。

危険な落ち葉の道を抜けて、三条の湯へ。

丹沢の山と違い、奥多摩は落葉の道が多かった。

フカフカして楽しいが、落ち葉の下に隠れている枝や小石の上に乗ると体勢が崩れるので意外と危ない。

慎重にフカフカの道を歩く。

慎重にフカフカの道を歩く。

土砂で流された道もあり、ヒヤヒヤしながら進みました。

登山慣れしている人でも怖く感じると思います。

14:20頃に三条の湯に到着。

日帰り温泉も利用できる三条の湯。

日帰り温泉も利用できる三条の湯。

ここで1泊することも考えましたが、シュラフを持参しないといけないので諦めました。

なかなか雰囲気の良い山小屋で、テント泊にも良さそう。

山小屋の脇を通り抜ける。

山小屋の脇を通り抜ける。

トイレや水場もあります。

トイレや水場もあります。

カモシカと遭遇。

三条の湯を通り過ぎると、横からゆっさゆっさと動物が出てくる。

動物を探せ!

動物を探せ!

こちらをジーーーとみてくるのはカモシカでした。

初めてみる野性のカモシカ。

初めてみる野性のカモシカ。

全く微動だにせず、見つめてきます。

そんなに見つめなくても・・・

そんなに見つめなくても・・・

カモシカは基本的におとなしい性格で、出産期の5月~6月中旬は少しピリついているそうです(参考:特別天然記念物カモシカの習性と見かけた場合の対処法について)

必要以上に近づいたり、威嚇はしないようにしよう。

筋肉質で可愛らしいカモシカ。またね👋👋

筋肉質で可愛らしいカモシカ。またね👋👋

サオラ峠までの長い道のり。

三条の湯からサオラ峠までは登りが続きます。

ただ体が登山慣れしているので、あまり辛くはなかった。

情報処理するように山を登っていきます。

情報処理するように山を登っていきます。

午後16時 サオラ峠到着。

頑張ったかいもあり、想定より一時間半早く着いた。

本来なら登山のデッドラインは16時なので、ちょっと無理があったプランでした😓

サオラ峠からの下山は急登が続き、厳しい道が多かったです。

丹波山村が見えホッとする。

丹波山村が見えホッとする。

登山口にはスミレが小さく咲いていたので、踏みつぶさないように注意です。

指サイズのスミレ。

指サイズのスミレ。

心温まる民宿・たちばな。

今回は丹波山村にある「民宿・たちばな」1泊2食付きで利用。

民宿を経営するおばあちゃんと奥さんが温かく迎えてくれました。

※前日に電話で民宿に一報を入れておくと親切かも。

「ばあちゃんちの家」みたいで、どこか懐かしさがこみ上げます。

6畳ワンルームの部屋。

6畳ワンルームの部屋。

部屋は鍵がない(!)ので、貴重品管理は自己責任です(^^;

浴室にも鍵がない(!!)ので、ホント実家のようだ(^_^)

アメニティは?

楽天トラベルの口コミにあるように、アメニティはほぼゼロなので、寝間着やタオルは持参しよう。

共同の家族風呂。お湯が沸いていました。

共同の家族風呂。お湯が沸いていました。

お風呂は清潔感があって、一人で入るとかなり広い。

ただ民宿にドライヤーは無いので、ロングヘアーの方は注意です。

1階浴室。

1階浴室。

2階の共同水面所。

2階の共同水面所。

困ったのは部屋にティッシュボックスがなかった点!

私は花粉症だったので、自前のポケットティッシュが持つか不安でした(^^;

夕飯が美味しくボリューミー。

夕飯も郷土料理のようで、フキノトウの天ぷらなど、旬な野菜が沢山。

鍋もグツグツ。

鍋もグツグツ。

手打ちそばもあり、登山でカロリー消費した体にピッタリです。

手打ちならではの味わい深い蕎麦。

手打ちならではの味わい深い蕎麦。

お腹いっぱい食べました(^_^)

隣に相席した夫婦&元気な五歳児がいて、有難いことに日本酒をふるまってくれました。

楽天トラベルで1泊2食付き8000円「少し高いかな?」と感じたが、明朝6:30に出発する私のために朝ごはんを用意していただけたので、頭が下がる思いです🙇

ちなみにホテルの予約は楽天トラベルを利用するとポイントがたまるのでお得ですよ(^^)/

YoutubeではGoproで撮影したハイキング&民宿の様子をハイクオリティで配信しています☺

可愛らしいカモシカは必見!

以上、『雲取山からの下山~丹波山村の民宿の様子』をピックアップしました!

次回は翌日に登った百名山・大菩薩嶺を紹介します。お楽しみに~。

他にも関東の山を多く登っているので、読んでみてくださいね♪

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

『ヒコトピ!』を投げ銭で応援する✨

パタゴニアシャツ、イイネ!

いつも『ヒコトピ!』をご覧いただきありがとうございます。

「この記事に満足した!」
「コーヒーを一杯ごちそうしてやろうかな?」

という方は”投げ銭”していただけるとありがたいです✨

投げ銭はAmazonギフト券で15円から自由に金額設定できます。

ギフト送信時『受取人』に入力するメールアドレスは「COPYボタン」でコピー可能です👇

life.is.beatiful.japan2021@gmail.com
Copy

※上記のアドレスは投げ銭受け取り専用です。他のメールは受け取れない設定にしてます。

メッセージも添えてくださるととてもに嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク