【東京・西調布】おいしいお肉が食べたいときは野地精肉店がおすすめ!

東京・調布市にある『野地精肉店』をピックアップ!

「精肉店」って敷居が高いイメージがあって店内に入りづらいけれど、「上質な肉」を食べたい気持ちに屈しましたw。

今日は僕の住む町・西調布『野地精肉店』をご紹介します(^^)/




『野地精肉店』初来店~注文までの様子。

そもそも『精肉』とは、”よく選んだ品質の上等な肉”という意味(by日本国語大辞典)。

『野地精肉店』シンプルな看板に自信を感じます。

【東京・西調布】おいしいお肉が食べたいときは野地精肉店がおすすめ!

画像引用元:西調布振興会 公式ホームページ

いざ入店!

店内に入るとガラスケースの中にお肉たちが陳列しています。

「100グラム○○円」と値札があるのですが、

肉100グラムのイメージが沸かないので、とりあえず『豚ロース』2切れ注文。

豚ロース100グラム・250円。

秤で量ると、豚ロース2切れで247グラムでした。

ということで、豚ロースは617円(税別)。

やっぱりスーパーで買うより値段は高めですね。

注文後『筋切り』してくれる!

注文をすると熟練の店員さんがガツガツ『筋切り』をしていました。

脂身部分に筋が入っています。

脂身部分に筋が入っています。

『野地精肉店』はお惣菜も豊富。

揚げたてのロースカツ・メンチカツ・コロッケやポテトサラダもあり、お惣菜が豊富でうれしいです。

ポテトサラダ(190円)

ポテトサラダ購入(190円)

領収書

領収書。合計871円。

意外!「買い物袋」が超かわいい♪

購入したお肉は「お肉大好き女子大生」が描いたイラストのビニール袋に入れてくれます。

「東京都食肉事業協同組合」のマスコットキャラクター「モグモグ」と「メイプル」。

「東京都食肉事業協同組合」のマスコットキャラクター「モグモグ」と「メイプル」。萌え。

ネットで調べると、

2008年、当時21歳の女子大生だった譲葉ゆいさんという方が描いたキャラクターらしいです。

『おにく食べよ♪』お肉の開封~調理まで。

お肉は渋いデザインの包装紙に包まれています。

開封すると…

新鮮な豚ロースが登場!

新鮮な豚ロースが登場!これが噂の #フォトジェ肉 か!

スーパーで売ってるお肉より、気のせいか光り輝いて見えます!

肉の厚さも1センチ以上!文句なしの肉です。

肉の厚さも1センチ以上!文句なしの肉です。

塩・胡椒で焼きました。

やや脂身部分が反ってしまったので、筋切りをもう少ししておけばよかった…

やや脂身部分が反ってしまったので、筋切りをもう少ししておけばよかった…

お肉は柔らかく、ジューシーで満足でしたよ♪

何か”特別な日”上質なお肉を買って食事するのも、プレミアムな過ごし方ですよね(^^)

みなさんも近所に精肉店があるか、調べてみてはいかがでしょうか?

『野地精肉店』の基本情報。


『野地精肉店』西調布駅から徒歩2分です。

【電話】042-483-2901
【営業時間】10:00~19:00
【定休日】日曜・祝日
【お支払い】支払いカード不可・電子マネー不可

以上、今日は西調布『野地精肉店』をピックアップしました!

お肉の『筋切り』ミートソフターと呼ばれる筋切り機を使うと、あっという間に筋切りができるし、力もさほどいらないのでオススメです♪

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク