ダイワ”座れる”タックルボックス・鏡牙。収納×堅牢度◎でおすすめ!

ダイワ,座れる,タックルボックス,鏡牙,バッグ,収納,おすすめ,中身,アジング,ジギング,必要,ロッド,ブログ,釣り,グッズ,かっこいい,レビュー (アイキャッチ)

軽くて収納性のある『タックルボックス・鏡牙』をピックアップ!

前回の接待釣り”ちょい見せ”したダイワのタックルボックス。

私の同期・釣り仲間であるハゼオ君が購入していて、超便利だったのでレビューします♪

タックルボックスはルアーやワームが増えてくると、ホームセンターなどで購入した道具箱では納まりきれなくなってきます。

しかも釣具屋さんに行くと所狭しとタックルボックスが並んでいて、どれを選ぶか悩んでしまう…。

そんな悩みを1発解決してくれるタックルボックスをご紹介♪

まずは『DAIWA・タックルボックス・鏡牙』の仕様から見ていきましょう(^^)/




タックルボックス『鏡牙 TB5000』の仕様。

DAIWAタチウオを究める専用ブランド「鏡牙」。

常に進化し続けるタックルで変幻自在のタチウオを完全攻略する唯一無二のブランドである。

この投稿をInstagramで見る

daiwa_sfaさん(@daiwa_sfa)がシェアした投稿

まぁ、今回ご紹介するタックルバッグは太刀魚攻略に特化したバッグではないですが…(^-^;

ソルトウォーター(海釣り)専用”座れる”タックルボックスは使い勝手が広く、かなり重宝できます。

〇収納性はもちろん、堅牢度を備えたタックルボックス
〇使い勝手のよい両開きタイプのフタで、開けた時フタが約90度で止まる
〇プライヤーなどの小物をチョイ置きできるインナートレー内蔵
〇本体サイドには多目的ホルダーを装備
〇スベリ止めシール付き

■品番:鏡牙 TB5000
■カラー:ブラック×鏡牙パープル
■本体外寸:約44cm × 29.3cm × 29.3cm
■自重:約 2.4kg
■素材:耐衝撃性ポリプロピレン

堅牢なのに持つと意外と軽い点はさすがDAIWAです。
サイズやカラーも豊富なので好みに合わせられるのも嬉しい。

品番 カラー 本体外寸(cm) 自重(kg)
ソルティガ TB9000 ブラック×ソルティガブルー 約 54 × 34 × 35 約 3.6
紅牙 TB7000 ブラック×紅牙ピンク 約 47.5 × 33.5 × 32 約 2.8
紅牙 TB5000 ブラック×紅牙ピンク 約 44 × 29.3 × 29.3 約2.4
鏡牙 TB5000 ブラック×鏡牙パープル 約 44 × 29.3 × 29.3 約 2.4

タックルボックス・鏡牙の仕様注意事項。

タックルボックス・鏡牙の仕様注意事項。

女性に人気のありそうなピンクもある。

タックルバッグ『鏡牙』の詳細を見てみよう。

タックルバッグの大きさは?座れる?

本体の大きさは約44cm × 29.3cm × 29.3cm。

計算上は37リットル入る容量だ。

500mlのペットボトルと比較。

500mlのペットボトルと比較。

蓋閉めた時もフラットなので、居心地よく座れます。

パイプ椅子だと風で飛ばされるし、荷物になるしね。

まぁ、せわしないアジンガーにとって座るなんてことはないですが(^^)。

優れた収納性。

ルアーやワームはもちろんヘッドライト、プライヤー、サビキセットまであらゆる小物が入る。

自重は約2.4kgだから「風で飛ばされる」心配は無用だ。

バッグ内部はプライヤーなどの小物をチョイ置きできるインナートレー内蔵。

納まりの良いトレー内蔵。

納まりの良いトレー内蔵。  

深さもあるトレーは使い勝手が良い。

深さもあるトレーは使い勝手が良い。

バッグの蓋が優秀。

タックルボックスは使い勝手のよい両開きタイプのフタで、開けた時フタが約90度で止まる。

また前後両サイドから開閉できるので、バッグの置き方の向きを気にしないで済む点もありがたい。

握りやすいハンドル部分。

タックルボックスの取手部分もがっしりしている。

グリップが良いので思わず落としてしまう可能性は低そうだ。

多目的ホルダーが便利!好みに合わせてカスタマイズも可能。

本体サイドには多目的ホルダーを装備。

別売りですが、釣行時に便利なロッド収納ができる”ロッドスタンド”も取り付けられる。

ロッドスタンドはマイロッドに合わせたサイズを検討しよう。

穴釣りロッド「プロマリン テトラ大物EX 120M」はスッと入る。

穴釣りロッド「プロマリン テトラ大物EX 120M」はスッと入る。

いかついロッドだとスタンドに入らない可能性もある。

いかついロッドだとスタンドに入らない可能性もある。

便利なグッズがセットになっているタイプもあるので、用途に合わせて活用しよう。

以上、『DAIWAタックルバッグ・鏡牙』をピックアップしました!

タックルボックスはピンからキリまであるので購入時に悩みますが、鏡牙ボックスひとつあればかなり幅広い釣りが網羅できそうです。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク