メジャークラフトのショアジギングロッドn-oneに合うリールは?

メジャークラフト,ショアジギングロッド,スピニング,N-ONE,スーパーライトショアジギング,NSS-942SSJ,釣り竿,リール,おすすめ,ライン,レビュー,ヒロセマン,釣り,青物,サーフ,内房 (キャッチアイ)

メジャークラフトショアジギングロッド『N-ONE』をピックアップ!

僕が初めて買ったスーパーショアジギングロッド・エヌワン。

メジャークラフトのヒロセマンが推奨する最強の剛性&軽量性を実現した最新テクノロジー・ナノパワーを採用したエヌワンです。

今日は”ロッドの仕様~千葉県内房での実機レビュー”までご紹介!

同じく新調したシマノのリール・アルテグラスラインも取り上げます。

果たして初ロッド青物は釣れるのか!?

まずは『N-ONE(NSS-942SSJ)』の仕様から見ていきましょう。




メジャークラフト・ショアジギングロッド『NSS-942SSJ』の仕様。

僕が買ったショアジギングロッド『NSS-942SSJ』9.4フィート(2.86メートル)。

そもそもスーパーライトショアジギングとは、15グラム程度の軽いメタルジグを使った釣り方です。

様々なタックルで場所を問わず、多魚種を狙えることから人気の釣りの一つとなっています。

『NSS-942SSJ』はメタルジグの重さは15~40gまで対応。

ラインは0.6~1.5号まで対応しています。

ショアジギングをライトに楽しむ事をコンセプトに開発された、遊べるスーパーライトモデル。

ジグパラ30gやジグパラセミロング40gでサバやハマチ、タチウオ、サゴシなどを漁港やサーフで手軽に狙うのはもちろん、時には不意の大物にも対応できるクロスフォース製法のバットパワーが頼もしい。

ガチンコファイトではなく、いかにライトに楽しむショアジギングを追求したとき、きっとこのモデルにたどり着くはず。

※Amazon商品説明より引用。

メジャークラフト・ショアジギングロッド『NSS-942SSJ』の詳細を見てみよう。

僕は車を持っていないので、釣り友のハゼオの自宅に郵送させてもらいました。

『NSS-942SSJ』2ピースロッドなので思ったよりかなり長い印象

1.4メートルくらいの箱で届いた。

1.4メートルくらいの箱で届いた。結構でかい。

エヌワンは驚きの軽さ。

全体的にマットな質感

ロッドはテンションが上がるくらい軽いです(笑)。

N-ONEロッドの部分図。カッコイイ!

N-ONEロッドの部分図。カッコイイ!

【ナノパワー・テクノロジー】
メジャークラフトの“ナノパワー・シリーズ”は、東レの“ナノアロイ”技術を適用したカーボンシートを採用する最新ロッドシリーズ。

“ナノアロイ”とは、複数のポリマーをナノメートルオーダーで分散させる技術。

カーボンシートの製造過程において、異種ポリマーを均等に分散させた樹脂がカーボン繊維をしっかりと繋ぎ止める役割を果たし、最強の剛性&軽量性を獲得した。

ネット注文(Amazon)で保証書付き。

竿をネット注文するのは初めてだけれど、ちゃんと保証書が付いています。

定価より3000円安く購入できました。

N-ONEの保証書。

N-ONEの保証書。

ソフトケースも付いてる。

ロッド専用のソフトケースも付いています。

ロッドケースもCOOL!

ロッドケースもCOOL!

グリップも良い感じ。

グリップも安定しており、グッドパフォーマンスが期待できそう。

N-ONEに合うリールは?

僕はDAIWAのリールを2個持っているのですが、新たにシマノを試してみたくなりました。

釣り友のハゼオに5000円~10000円くらいのオススメリールを聞くと、以下の2種類のリールを推奨してくれました。

シマノ『アルテグラ C3000HG』

迷った挙句、SHIMANOアルテグラ(C3000HG)をネットで購入。

アルテグラ(ULTEGRA )はシマノ製品に広く使われている商標で、

Ultimate(究極)とIntegrate(統合する)を組み合わせたシマノの造語のようです。

萌えるような赤がカッコイイ。

燃えるような赤がカッコイイ。

・ギア比:6.0
・実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):3.5/9.0
・自重(g):240
・スプール寸法(径mm/ストロークmm):46.5/14.5
・ナイロン糸巻量(号-m)/フロロ糸巻量(号-m)/PE糸巻量(号-m):2.5-180、3-150、4-100/2.5-160、3-130、4-100/1-400、1.5-270、2-180
・最大巻上長(cm/ハンドル1回転):88
・ハンドル長(mm):55

剛性と耐久性が高く、これから始めたい方にも熟練のアングラーにも最適なシリーズ。

剛性と耐久性が高く、これから始めたい方や熟練のアングラーにも最適なシリーズ、らしい。

グリップも手に馴染み、違和感がないです。

グリップも手に馴染み、違和感がないです。

ラインを巻いてみました(ハゼオが巻いてくれた)。

ラインを巻いてみました(ハゼオが巻いてくれた)。

ゴールドとライトグリーンがカッコいい気がする。

シマノ『サハラ C3000HG』

釣り友・ハゼオが勧めてくれたリール『サハラC3000HG』。

アルテグラよりも安価ですが、Amazonレビューが高評価。

迷ったけれど、見た目が僕が所有しているDAIWAのレブロスと似ていたので、アルテグラ(C3000HG)を選択しました(笑)。

おすすめのライン、リーダーは?

ライン、リーダーも詳しいことはよくわからないので、ハゼオに聞いて購入w

釣り具っていっぱい種類がありすぎてよくわかんないです(^^)。

ラインは『よつあみ PEライン 200m 0.8号』

ギターの弦みたいだな。

ギターの弦みたいだな。

リーダーは『よつあみ ショックリーダー G-SOUL ナイロン 30m』

全体(竿+リール+ライン系)の合計額はどれくらい?

僕が今回購入した経費です(参考までに)。

ロッド  (19,201円)
リール  (11,319円)
ライン (2,486円)
リーダー (553円)
合計 35,457円

いざ内房で”N-ONE”実機レビュー。

アジング港でエヌワンデビュー!

2019年3月23日。

時刻は14時。

場所は僕らが昨年黄金アジを爆釣させた内房の某港。

堤防沿いに釣り人はいなく、いつになく静かな漁港。

やっぱカッコイイアルテグラ♪

やっぱカッコイイアルテグラ♪

メタルジグ15グラムを付けてキャストすると、気持ちが良いくらい飛びます。

正直もうこれだけで満足。

あとは釣れてくれれば…。

ジギングの基本・ワンピッチ・ジャークをハゼオに言われた通り実践。

しばらくすると確かな手ごたえがありました!

この感触は青物じゃない。

もしやイカでは!???(釣ったことねーけど)

ドキドキしながらリールで手繰り寄せます。

ブラックオブジョイトイ風に(笑)。

ブラックオブジョイトイ風に(笑)。

イ、イカ…じゃない!

イ、イカ…じゃない!

正体はイカに似た袋!

正直、肩の力が抜けました(笑)。

僕のファイトを見て、遠くからやってきたハゼオもイカに見えたそうです。

トホホ…。

さらに辛抱が続く…。今度こそ…。

イカ(に似た袋)を釣った10分後、さらに同じようなアタリが!

リールを巻いていくと今度は確かにイカっぽい姿が現れてきます!!

アメフラシ様…。

アメフラシ様…。

針が外しずらく、フィッシングプライヤー持っててよかった。

メジャークラフト,ショアジギングロッド,スピニング,N-ONE,スーパーライトショアジギング,NSS-942SSJ,釣り竿,リール,おすすめ,ライン,レビュー,ヒロセマン,釣り,実機,サーフ,内房 (アメフラシ

いざという時役に立つフィッシングプライヤー。ステンレス製。

納竿。リベンジは続く。

う~ん、初ロッド・初青物はならなかったけれど、間違いなくN-ONE、アルテグラは快適でした。

なんといってもロッドが軽いので、振り出しやすいし、負担がかからず楽。

アルテグラも滑らかな巻き着心地で「ずっと釣りしてたくなる」リールでした。

以上、メジャークラフトショアジギングロッド『N-ONE』をピックアップしました!

サバとかシーバス釣りたかったけれど、また次回リベンジです(^^)/

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

釣り関連記事はこちら!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク