沖縄・石垣島『御神崎(おがんさき)の灯台』が神々しい雰囲気を放つ。

御神崎,心霊,星空,釣り,マップコード,平久保崎,川平湾,石垣島,観光,日の入り,名蔵湾,読み方,駐車場,カフェ,灯台,インスタ映え,フォトジェニック(キャッチアイ)

沖縄県石垣島の景勝地『御神崎灯台』をピックアップ!

真っ白い灯台断崖が素晴らしい『御神崎灯台』写真好きには堪らない観光スポット。

今日は屋良部半島の西海岸にある御神崎灯台をご紹介。

まずは『御神崎灯台』のアクセスから見ていきましょう(^^)/




『御神崎灯台』へのアクセス。

『御神崎灯台』へは石垣市内から車で約30分石垣島空港からは約35分ほど

私は5月下旬・14時ごろに訪れましたが、快晴絶好の写真撮影日和でした(^^♪

夕日もなかなかキレイみたいです。

この投稿をInstagramで見る

rukaさん(@churajimadaisuki)がシェアした投稿

川平湾~御神崎灯台へ向かう。

私は川平湾から御神崎へ向かいました。車で15分ほどです。

崎枝湾もナイスビュー

崎枝湾もナイスビュー

駐車場は10台ほど停めるスペースがあります。

坂道が続く。駐車場からは徒歩1、2分程度で灯台へ。

坂道が続く。駐車場からは徒歩1、2分程度で灯台へ。

トイレもあります。

トイレもあります。

温故知新古きをたずねて新しきを知る。先人の知恵に学ぶこと。昭和27年にあった海難事故の教訓でしょうか?

温故知新。古きをたずねて新しきを知る。先人の知恵に学ぶこと。昭和27年にあった海難事故の教訓でしょうか?

灯台のふもとで夜行貝のアクセサリーも売ってました。

灯台のふもとで夜行貝のアクセサリーも売ってました。

少し離れた木陰でおじいさんがハンドメイドでアクセサリーを作ってました。

『御神崎灯台』とは?

御神崎(おがんさき)は屋良部半島の西海岸にある岬。

航行する船舶の目印となる御神崎灯台があります。

周辺にはお土産屋や食堂は無く駐車場にトイレと自動販売機があります。

御神崎の説明。直訳すると「絶景ですごいよ!」

御神崎の説明。直訳すると「絶景ですごいよ!」

御神崎の周辺地図

御神崎の周辺地図

西表石垣国立公園の説明

西表石垣国立公園の説明

御神崎はテッポウユリが押し見たい。

御神崎はテッポウユリが押し見たい。

『御神崎灯台』の見どころは?

いざ御神崎灯台の麓へ!

長~い階段を駆け上がる。躓かないようにね!

長~い階段を駆け上がる。躓かないようにね!

灯台本体には登る事ができないので、麓で写真を撮りました。

パノラマモードで撮影。

パノラマモードで撮影。

灯台だけに見晴らしが良い位置にある。

灯台だけに見晴らしが良い位置にある。

山側は崖です

山側は崖です。

御神崎の先端は風が気持ちいい。

灯台を降りて、御神崎の先端へ移動。

振り返ると…

切り立った崖に灯台が勇ましい。

切り立った崖に灯台が勇ましい。

堂々とした佇まい魅力的な灯台ですね。

御神崎では昔、遭難事故あったそうで、仏様が海へ向かって祈りを捧げています。

昭和27年12月8日、この岬の沖合で那覇から石垣へ航行していた八重山丸が季節風により遭難し、死者行方不明者35人を数える大惨事があったそうです。亡くなられた方々の碑も建てられています。

さらに光の刺す方へ。

なんだかミスチルの歌みたいになってしまいましたが、さらに先へ進んでみます。

崖とコバルトブルー、スカイブルーが美しい。

またまた振り返ってみると…

歩くたびに違う景観を楽しめる

歩くたびに違う景観を楽しめる

海が澄んでいて爽快な気分になる

海が澄んでいて爽快な気分になる

冬の北風が強い日は海が荒れるため、穏やかできれいな海は見れないそうです。

断崖絶壁と凛とした灯台のコントラストがイイネ!

断崖絶壁と凛とした灯台のコントラストがイイネ!

帰り道のアダンの実が気になった…

灯台から駐車場へ向かう帰り道”アダンの実”が気になってしまいました。

亜熱帯を描いた日本画科・田中一村の絵でお馴染みの植物ですが、札幌出身の私にとって新鮮な植物。

持ってみると、意外に重い。

持ってみると、意外に重い。

アダンはずっしりとしていて、頭に落ちてきたらひとたまりもないや、イヤダンって感じでした(やれやれ)。

『御神崎灯台』の基本情報。

御神崎,心霊,星空,釣り,マップコード,平久保崎,玉取崎展望台,川平湾,石垣島,観光,日の入り,名蔵湾,読み方,駐車場,カフェ,灯台,インスタ映え,フォトジェニック (18)

【アクセス】
1.出発地:石垣市役所(石垣市美崎町)
距離:約19 km、時間:約28分
2.出発地:南ぬ島石垣空港(石垣市字白保)
距離:約24 km、時間:約38分

【駐車場】
・無料(約10台)

【バリアフリー】
・駐車場から灯台手前まで車椅子やベビーカーで行けます。

以上、石垣島『御神崎灯台』をピックアップしました!

荒々しい岩と海が印象的で「絵手紙にしたくなるような光景」が見れました。

皆さんも石垣島を訪れた際は是非、御神崎に行ってみてはいかがでしょうか?

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

沖縄関連の記事はこちら!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク