Amazonで安い電動ドリル(充電式)購入。穴開けで感じたProstormerの評判は?

電動ドリル,安い,マキタ,穴開ける,初心者,刃,安い,ホームセンター,ランキング,使い方,AMAZON,インパクトドライバー,自作,机,収納,DIY,コスパ,充電式,おすすめ,ボルト,ホームセンター,Prostormer,評判 (2)

『初心者でも使えたProstormer電動ドリル』をピックアップ!

DIYや家具の組み立てなどを効率よく進められる電動ドライバー。

穴あけとネジ締めどちらの作業も可能な便利なアイテムです。

本記事では機能的でおすすめなProstormer電動ドリルをレビュー。

安くて充電式なのでDIY初心者必見です。

まずは『Prostormer電動ドライバー』の仕様から見ていこう(^^)/




コードレス!Prostormer電動ドリル (充電式)の仕様。

電動ドリル,安い,マキタ,穴開ける,初心者,刃,安い,ホームセンター,ランキング,使い方,AMAZON,インパクトドライバー,自作,机,収納,DIY,コスパ,充電式,おすすめ,ボルト,ホームセンター,Prostormer,評判 (4)

私(DIY初心者)のドリル選びの条件は2つ。

①安さ(予算:5千円以内)

②バッテリー充電式

安い製品は品質が疑われるので、入念にサクラチェッカーツールで選びました。

電動ドリルはマキタ製品が憧れるが、使用頻度は少なそうなのでとりあえず予算は5千円以内としました。

2022年2月にProstormer電動ドリルAmazonで3598円で購入

※価格は変動するので注意です。

最大トルク 30N・m
電池電圧 12V
電池容量 1500mAhリチウムイオン
無負荷回転速度 低0-350/高0-1200rpm
チャックサイズ 0.8 〜10mm
トルク調節 18+1段階
充電時間 1時間
本体の重量 1.50kg

Prostormer 電動ドリルの仕様

Prostormer 電動ドリルの仕様

充電式のほうが電池より便利。

電動ドライバーは電池式よりも充電バッテリーのほうが安心感があっておすすめ。

Prostormer 電動ドリルはインジケーターで電池残量も確認できます。

電池残量インジケーター

電池残量インジケーター

リチウムイオンのバッテリー

リチウムイオンのバッテリー

ACアダプターで充電。ライトで充電完了がわかる。

ACアダプターで充電。ライトで充電完了がわかる。

配送時に既に充電がされていたので、すぐに使用することができました。

電動ドリルの重さとパワー。

Prostormer 電動ドリルの重さは「1052g」(バッテリー含む)。

本体の重量は1052g

本体の重量は1052g

充電パックのボルト値は12V。ボルト値は9V~12v程度はほしいものです。

Prostormer電動ドリル (充電式) 詳細を見てみよう。

付属品は電動ドリル本体、ビットセット10本、ドリルビット10本、フレキシブルシャフト1本、ビット延長アダブター1本、1500mAhバッテリー、充電アダプター、収納袋、日本語取扱説明書。

木材の机(天板)の裏に穴を開ける。

ドリルチャックを回してドリルビットを取りつけます。

ドリルチャックをくるくる回す

ドリルチャックをくるくる回す

じわじわと先端が開きます

じわじわと先端が開きます

ドリルビットはあける穴の大きさに合わせて選択。

細めのドリルビットを選んだ。

細めのドリルビットを選んだ。

最近購入した電動スタンディングデスク flexispotの天板裏に穴を開けます。

flexispotの天板は厚さ1.7㎝くらい

flexispotの天板は厚さ1.7㎝くらい

ドリルビットを取り付けた様子

ドリルビットを取り付けた様子

打つ面に対して、垂直になるようにしっかり押さえてドライバーを使用。

慎重に穴を開ける。ドライバーのヘッドをしっかり押さえるのがコツ。

慎重に穴を開ける。ドライバーのヘッドをしっかり押さえるのがコツ。

無事に穴があきました

無事に穴があきました

正/逆転切り替えスイッチ、変速スイッチもあるので穴があけやすかったです。

机に収納ラックを取り付けた記事はこちら👇

LEDライト付きで機能的。

ドライバー本体の下部に作業灯があるので、スイッチON時に点灯してくれます。

ドライバーのLEDライト

ドライバーのLEDライト

スイッチを握るとライトが点灯。薄暗い場所での作業が助かる。

ライトが付いた様子。

ライトが付いた様子。

ただ、電源スイッチON時(稼働時)にしかライトが付かないので、以前購入した「意外と便利なランタン」が役立ちました。

夜間作業はランタンが役立つ

夜間作業はランタンが役立つ

DIY!電動ドリルで木材に穴開け。

キャスターが余っていたので、木材に大きな穴を開けてDIYしてみました。

鉢植えの下にキャスター台を敷いて稼働させたいのです。

一番大きなドリルビットを使ってみた。

キャスターのネジはサイズ径が大きかったので、一番サイズの大きいドリルビットを使用。

ゆっくり穴を開けていく。

ゆっくり穴を開けていく。

キャスターのサイズと穴を確認。

キャスターのサイズと穴を確認。

コードレスだから屋外で作業できるのが良いですね。

とりあえず穴を開けれた。

とりあえず穴を開けれた。

ボルト締めの工具が無いのでペンチでキャスターを回転させて取り付け。

押し込むようにナットを回していれてく。

押し込むようにナットを回していれてく。

一枚の板にキャスターを4つ取り付けられました。

キャスター台の完成

キャスター台の完成

穴にしっかり入ってます。

穴にしっかり入ってます。

鉢植えが移動出来て便利。なかなか安定してます。

鉢植えが移動出来て便利。なかなか安定してます。

大きな鉢の移動がしやすい。

大きな鉢の移動がしやすい。

Prostormer電動ドリル (充電式) のまとめ。

Prostormer電動ドリルは初心者の私でも扱うことが出来ました。

使い始めて間もないため耐久性は分からないですが、しばらく使ってみてこの記事を更新したいと思います。

・他メーカーと比べて安いので、使用頻度が少ない人におすすめ

・最低限の機能が備えられているので操作性はシンプル

以上、『Prostormer電動ドリル』をピックアップしました!

みなさんもコスパの良いドリルで充実したDIYをしみてはいかがでしょうか?

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

機能的なモニターアームの記事👇

リモートワークゲーミングチェアで能率アップ!

ロジクール無線キーボードこの値段で買えるのは

高速給電!エレコムUSBハブの記事はこちら!

愛してやまないロジクールマウスの記事はこちら!

現役システムエンジニアが推奨するノートPCはこちら!

IT従事者における『視力低下問題』抜本的解決策!

プロジェクトリーダーともろかぶりした「ノートパソコンもさっと入るオススメなビジネスリュック」はこちら!

心地よい風でかなり便利なUSB扇風機

ひろゆきがYoutube配信で使用しているマイクはこれだ!

スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク