口当たりの良いサーモスおすすめマグカップ。蓋つきはオフィスに◎!

THERMOS,サーモス,マグカップ,保温,割れない,オフィス,コーヒー,電子レンジ,おすすめ,手入れ,マグ,タンブラー,350ml,口当たり,蓋,容量,職場,男性,おしゃれ,ブログ,手入れ

保温・機能性に優れた『サーモス 真空断熱マグカップ(350cc)』をピックアップ!

陶器製のマグカップは大事に扱っていても、日常的に使っていると必ず割れてしまいます(>_<)

割れにくく、保温性の高いマグカップを探した結果、真空断熱商品の大手『サーモス』のマグカップに行き当たりました。

仕事中に温かいコーヒーを入れた直前に打ち合わせが…気づいたらコーヒーが冷めていた(涙)

そんな悲しいシチュエーションを改善できます!

前回の記事ではサーモスのエスプレッソタイプ(240㏄)を紹介しましたが、本記事ではたっぷり飲める350㏄のマグカップをご紹介。

240㏄と350㏄のコーヒーマグを分かりやすく比較しています。

まずは「真空断熱マグカップ(JDG-350C)」の仕様から見ていこう。




保温もバッチリ!真空断熱マグカップの仕様。

私が購入した真空断熱マグカップ(JDG-350C)の色はブラック。

保温・保冷どちらも対応しているので機能的だ。

さすがサーモス!

保温・保冷!

保温・保冷対応!

真空断熱カップで蓋つきです。

真空断熱カップで蓋つきです。真空断熱構造だから、飲み頃温度をキープ。

マグカップの作りは非常にシンプルで、衛生面に優れています。

蓋と本体。つくりがシンプル!

蓋と本体。つくりがシンプル!

ホコリ防ぎや保温効果も高める蓋オフィス・職場に持って来いの仕様ですね。

サーモスマグの蓋。

サーモスマグの蓋。

ほこりを防ぎ保温に効果的なフタ

ほこりを防ぎ保温に効果的なフタ

【容量(㎖)】350
【保温効力(1時間)】67℃以上
【保冷効力(1時間)】8℃以下
【本体寸法/幅×奥行×高さ(約cm)】8×11×10
【本体重量(約kg)】0.2

『THRMOS JDG-350C』の詳細を見てみよう。

それではTHRMOSのコーヒーマグの詳細を見ていこう。

外側の色ブラックだが、内側はシルバー。

THERMOS,サーモス,マグカップ,保温,割れない,オフィス,コーヒー,電子レンジ,おすすめ,手入れ,マグ,タンブラー,350ml,口当たり,蓋,容量,職場,男性,おしゃれ,ブログ (1)

ステンレス製魔法びん構造だ。

内側が銀色なので「コーヒーの色を楽しみたい。」と言う方にはあまり向かないマグかもしれません。

ただ、陶器製のマグカップにはないメリットが多くあるのがサーモスの良い点だ。

底の様子もシンプルです。

サーモスマグの底。

サーモスマグの底。

底の円形の保護シートは剥がしてはいけないみたいです。

使用上の注意

使用上の注意①

使用上の注意②

使用上の注意②

コーヒーマグカップの使用感をレビュー。

実際に臼式電動ミルでコーヒー豆を挽いて、珈琲を淹れてみました。

ちょうどいいサイズ感。

ちょうどいいサイズ感。

外側は熱くならないので、やけどの心配は不要。

何よりも特筆すべき点マグカップの淵部分!

淵の厚さが改善されてる!

淵の厚さが改善されてる!

後述で詳しく記載しますが、丸みを帯びた口当たりの良い飲み口が進化してます。

コーヒーを味わう上で口当たりは非常に重要な要素を占めるので、この点は評価が高いです。

『サーモス コーヒーマグカップ』の比較。

前回紹介したサーモスのエスプレッソタイプ(240㏄)とJDG350を比べてみましょう。

まずは上から見た様子

JDC241はやや円錐状だ。

JDC241はやや円錐状だ。

左のJDG350の方が底が丸みを帯びているので洗いやすい点もGOOD!

JDC241はホルダーから分離できる点が良い。

ホルダーから分離した時の本体。

ホルダーから分離した時の本体。

サーモスマグのホルダー。

サーモスマグのホルダー。

エスプレッソカップYOUTUBEでも紹介してます。

そして、口当たり部分はJDG350の方が丸みを帯びてます。

この口当たりの違いはかなりでかい。

この口当たりの違いはかなりでかい。

お値段はJDG350の方が数百円高い(JDC-351と比較した場合)。

私はスッキリデザインのJDG350派です(^^)

『サーモス 真空断熱マグカップ』の手入れはどうする?

サーモスマグの手入れはいたって簡単。

陶器製のマグカップと大した相違はありません。

普段のお手入れ

普段のお手入れ

念入りなお手入れ

念入りなお手入れ

『サーモス マグカップ』はどこで買うとお得?

私は東急ハンズ1958円(税込み)で購入。

日常的に使うものは実店舗で確認してから購入したいです。

2019年1月現在の価格ではヨドバシカメラが税込1740円(送料込)。

Amazonでは1598円なので、アマゾンの方がお得です(^^)

ホルダーの取り外しができるJDC351はこちらです。

『サーモスJDG-350C』の口コミ・評判は?

Twitterで気になる『サーモスJDG-350C』の口コミ・評判を見てみよう。

密閉性はあまり高くないので、保温力を求める方はピッタリ蓋ができるマグを選択した方が良さそうですね。

以上、『サーモス 保温マグカップ』をピックアップしました!

THERMOSの商品コーヒーやお茶が好きな人へのちょっとしたギフトにも喜ばれるかもしれませんね♪

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

合わせて読みたいコーヒーミルの記事はこちら♪

手挽ミルはこの記事を見よう。

オフィスの悪臭対策はこちら♪



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク