メンズスカルプシャンプーのサービス品・ジャンボコームの使い方とは?

100均,amazon,おすすめ,べっこう,コーム,ジャンボコーム,ジャンボコームとは,デプス,depth,トリートメント,ナノキャリア,メンズ,ロフト,使い方,売り場,所沢,手ぐし,梳かすだけ,無造作,百均,眉毛,粗目,美容師 (4)

私が2019年から使い始めたスカルプシャンプー『Depth(デプス)』。

バイオベンチャー・ナノキャリアが開発したオシャレでハイクオリティなシャンプーだ。

ナノキャリア,スカルプ,ゼプス,間隔,アルビオン,depth,ヘアケア,バイオ銘柄,使用感,ナノテクノロジー,ナノテク,評判,口コミ,店舗,シャンプー,トリートメント,育毛 ,定期 (12)

私はデプスの定期購入の契約をしており、商品が数か月に1度届くのですが、今回は「大きな櫛(くし)」が入っていました。

どうやら”ジャンボコーム”と呼ぶらしいのですが、使い方・使う場面が良くわからないので調べてみました。

まずは『ジャンボコームとは?』ってとこから見ていきましょう(^^)/




ジャンボコームとは?

ブラシは毛がたくさんついたもので、乾いた髪につかい、コームは平たいくし。

ジャンボコーム櫛が荒めなので、摩擦が起きにくいのが特徴。

シャンプー前のブラッシングトリートメントの際のブラッシングにも最適だそうです。

ネット上では…

シャンプー前のコーミングで、絡んでいる毛髪をほぐしましょう!汚れを取り除きましょう!!
ブラッシングをすると頭皮に適度な刺激があって育毛に効果あり!!

という情報をよく見かけますが、

コーミングやブラッシングは正しくない方法だと、毛髪に摩擦を起こしてキューティクルダメージを起こすので、手グシで毛髪を梳かし、問題なく指が通る・絡まらないのであればコーミングをする必要ないようだ。

ってことは、手櫛なんてしない髪が短い男性諸君ジャンボコームは必要ないらしい(^-^;

Depthのジャンボコーム。

Depthのロゴが入ってカッコイイジャンボコーム。

プラスチック製で落としたら櫛の歯を割りそうなので注意ですね。

デプスのジャンボコームはプラスチック製。デプスのジャンボコームはプラスチック製。

握りやすい形状だ。

握りやすい形状だ。

目の粗いコームでトリートメントをなじませることで、髪に負担をかけずに万遍なくつけることができ、トリートメントの効果をさらに高まる。

その際、コームで頭皮をやさしくマッサージすると、血行も促進されます。

<コーム仕様>

サイズ:縦61mm×横11.2mm 厚さ(最大)8mm
素材:スチロール樹脂

色:
「植原セル」といえば、美容院、スタイリスト御用達の「デルリンコーム」の製造メーカー。

美容師ならば、誰もが1本は持っているというコームです。

今回は、コーム初心者にも使いやすい目の粗いコームでDepthオリジナルコームを制作いただきました。

持ち運びにも便利なコンパクトサイズ、ポーチやポケットにも入るサイズです。

インバスで、アウトバスで、外出先で、色々なシーンで活用ください。

※Depthプレリリースより引用。

ドライヤーで乾かす前に。

ヘア・アンジェリーナのマツオ氏のブログによると、ドライヤーで乾かす前にコームでとかすのが、髪を痛ませずに乾かす事ができるそうだ。

【正しい髪の乾かし方】

・シャンプー→タオルでふき取り(タオルドライ)→くしでとかす→ドライヤー

※引用:ドライヤーで乾かす前に~コームでとかす~

濡れた髪をコーミングすることで、根本の水分を毛先に持ってきて、髪の水分を均等にしてから髪を乾かすことができるので、髪が痛まないようだ。

復元ドライヤーで有名なLOUVREDO(ルーヴルドー)のジャンボコームも性能が良さそうです。

以上、『ジャンボコーム』をピックアップしました!

オシャレなスカルプシャンプーDepthのレビュー記事はこちらです♪

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク