東京から浜松市までの手段はレンタカー(車)?新幹線?バスがお得?

東京から浜松市までの経路はレンタカー(車)?新幹線?バス_アイキャッチ
今日は『東京から浜松市(静岡)までの交通手段』を考察します!

僕は先月、ニコニコレンタカー東京(調布)~浜松市へプチ旅行を決行。

『東京~静岡県浜松市』の交通手段、

 ①レンタカー(車)

 ②新幹線

 ③バス メリット・デメリットを各々挙げてみます。

あなたのプチ旅行の参考にしてみてね♪




レンタカー(車)で行く場合。

東京から浜松市まレンタカー(車)

僕はニコニコレンタカー軽自動車・ダイハツムーヴ(ナビ付き・4人乗り)を利用。

レンタカー料金(往復)の合計額は?

結論から言うと、レンタカーを利用した場合

【合計額】1,6769円
内訳)
・レンタカー代…4140円(Kクラス・24時間)
・高速料金代…8900円
・ガソリン代…3729円

ガソリン料金計算は、

・移動距離(東京・浜松市往復):470㎞

・ガソリン代(円/l): 146円

・燃費(km/l): 18.4km/l  で計算しています。

車の燃費や計算方法は、以下のサイトを参考。

ガソリン代の計算 | 自動計算サイト – 計算フォーム

所要時間は?

高速道路利用で片道2時間33分(※渋滞は加味していません)。

往復約5時間です。

車のメリット。

メリットは、以下の2点が挙げられると思います。

自由に行きたい場所へ行ける。行動範囲が広がります。

多人数で利用すると安い。

車のデメリット。

車は渋滞・事故に巻き込まれる可能性もあります。

僕は平日・金曜日AM8:00に調布のレンタカー屋から出発。

甲州街道、東名高速が渋滞してました。

休日だともっと混むのかも?

東京から浜松市まレンタカー(車)渋滞_調布から首都高へ向かう時には朝のラッシュに気を付けて!

調布から首都高へ向かう時には朝のラッシュに気を付けて!

レンタカーだと、予約の手続きが面倒。

返車時間に間に合わないとペナルティーもあります。

あとは運転手の”ドライブによる疲労”デメリットですね。

新幹線で行く場合。

東京から浜松市までの経路はレンタカー(車)?新幹線?バスがお得?

新幹線の交通費は?所要時間は?

新幹線の料金・時間(品川から浜松)は、片道 \8,290円 (約1時間21分~37分)

往復だと 16,580円 (約2時間40分~3時間)です。

新幹線のメリット。

メリット移動時間が速い!

交通事故の可能性も少なく安全。

駅弁もゆっくり食べられるし、移動時間を有意義に使えます。

東京から浜松市までの経路はレンタカー(車)?新幹線?バスがお得_駅弁 (2)

品川駅で購入の駅弁『鯵の押し寿し』

新幹線のデメリット。

新幹線のデメリットは、浜松市周辺を観光するには別途交通料金が発生する可能性もあります。

観光の行動範囲も限られるのもデメリットですね。

バスで行く場合

東京から浜松市までの経路_バス_

バスの交通費は?所要時間は?

東京駅~浜松駅を想定すると…

料金・時間は 片道 3,100円〜4,900円(約4.5時間)。

往復だと6,000~10,000円(約9時間)。

料金『バス比較ナビ』参照です。

バスのメリット。

何よりも料金が安い。

夜行バスだと、東京から一眠りして、早朝に浜松市に到着出来ます。

最近では女性専用や、ひざ掛け・耳栓のサービスもあるみたいですよ♪

バスのデメリット。

移動時間がかかります。

往復9時間のバス移動はなかなかしんどいです。

僕はバスで『東京⇔大阪』を体験しましたが、渋滞するとだいぶ遅れるし、体力的に辛かった。

バスの後部座席に液晶テレビが付いていて、無料で映画も見れるタイプでしたが、画面が小さすぎるし車酔いします(笑)。

『東京~浜松間』の交通手段まとめ。

僕の個人的主観による判定をしてみました。

料金・移動時間・体力・観光のしやすさ別の判定です。

~ 車・レンタカー ~
<料金>…個人利用:△、多人数利用:◎
<時間>…△
<体力>…△
<観光>…◎
~ 新幹線 ~
<料金>…△
<時間>…◎
<体力>…〇
<観光>…△
~ バス ~
<料金>…◎
<時間>…×
<体力>…△
<観光>…△

結果的に新幹線が得点が高いように見えるけど、移動の目的によって交通手段が分かれると思います。

例えば、移動の目的「釣り」だと「車」になるし、

「結婚式」だと「新幹線 OR バス」にもなるしね♪

以上、今日は東京から浜松市(静岡)までの交通手段をピックアップしました!

静岡県エリア浜松餃子、美術館、沼津・万葉の湯の情報はこちらです。

参考にしてみてはいかがでしょうか?

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク