アウトドア・ロードバイク・銭湯に活躍の防水ポーチ!スマホ操作も可。

銭湯,ポーチ,無印,サイクリング,ドライ,マジックマウンテン,おすすめ,グッズ,丈夫,小物入れ,防水,スマホ,ロードバイク,ウエスト,ライド,財布,お風呂,スパバッグ,アイキャッチ

ひょんなことからいただいたドライポーチがかなり優秀で、旅行から銭湯まで幅広く使えている。

今日は『マジックマウンテン シームレス・ドライポーチ』をピックアップ!

ロードバイク乗りやアウトドア好きにおすすめのドライポーチをご紹介。

このようなポーチは100均や無印良品でも売っていますが、機能性が格段に違います。

「安物買いの銭失い」にならないために、まずは『マジックマウンテン ドライポーチ(1L)』の仕様から見ていきましょう(^^)/




『マジックマウンテン ドライポーチ(1L)』の仕様。

銭湯,ポーチ,無印,サイクリング,ドライ,マジックマウンテン,温泉,おすすめ,グッズ,シームレス,丈夫,小物入れ,防水,スマホ,ロードバイク,ウエスト,ライド,財布,お風呂,スパバッグ (49)

私が頂いたマジックマウンテンのドライポーチは1リットルサイズ。

マジックマウンテンって海外ブランドかと思いきや、1984年に創業した国内登山用品メーカーなんだ。

創業者である国井治氏本人もトップクライマーであることから、現場感覚が製品開発に活かされています。

私の1Lポーチのサイズは15.5×11×6cm。

始めはやや小さいかなと感じましたが、日帰り温泉グッズ程度なら1Lで十分収納できます。

サイズは2リットルや4リットルもあります。

4リットルサイズ「25×18×10(cm)」。

Surface goのサイズが「24.5 × 17.5 × 0.83(cm)」だから、ギリギリ入る大きさでしょうか(^-^;

『マジックマウンテン ドライポーチ(1L)』の詳細を見てみよう。

銭湯,ポーチ,無印,サイクリング,ドライ,マジックマウンテン,温泉,おすすめ,グッズ,シームレス,丈夫,小物入れ,防水,スマホ,ロードバイク,ウエスト,ライド,財布,お風呂,スパバッグ (49)

それではマジックマウンテンのドライポーチの機能性を見ていこう。

シームレスで丈夫!

ポーチはミシンの縫い目がない接着仕上げ。

折り曲げたぐらいでは破れないので丈夫です。

ドライポーチの底の様子。

ドライポーチの底の様子。

ボディ部の素材は柔軟に出来ていて、ペラペラした印象。

何も収納していない状態だと、不思議なくらい重さを感じない軽量素材だ。

ストラップもシンプルでGOOD

ストラップもシンプルでGOOD

ポーチを裏返して水洗いして乾かすことも出来るので、カビ対策もできる優れものです。

容量1リットルはどれくらい収納可能?

気になる収納面を試してみよう。

収納する旅行グッズは以下の通り。

左から日焼け止め、ジェル、シャンプー、洗剤、美容液、トリートメント

左から日焼け止め、ジェル、シャンプー、洗剤、美容液、トリートメント

小分けボトルは100均で買うよりも無印良品で買った方がサイズが豊富だし安いのでオススメ。

で、ボトル類を収めた様子がこちら。

余裕で収納できた。TPUの透明窓だから中の収納物が分かる。

余裕で収納できた。TPUの透明窓だから中の収納物が分かる。

上から見た様子

上から見た様子

まだ入りそうなのでホテルのアメニティの歯ブラシも入れてみた。

歯ブラシは入るかな?

歯ブラシは入るかな?

歯ブラシもサクッと入りました。

歯ブラシもサクッと入りました。

これでお泊り旅行もバッチリですね(^^♪

ドライポーチの防水性は?

気になる防水性のチェック。

ボディ部はもちろん防水OK

ボディ部はもちろん防水OK

注意していただきたいのが、マジックマウンテンは接着仕上げだが完全防水ではない点。

チャック面は完全防水ではないところが注意。

チャック面は完全防水ではないところが注意。

雨程度の水は防ぎますが、水中に対応していないので、「スマホを入れて海水浴!」なんて無謀なことはしないように注意。

水はある程度はじく。

水はある程度はじく。

チャックは最後までしっかり閉めておこう。

チャックは最後までしっかり閉めておこう。

ポーチ外部からスマホの操作も可能。

なんとポーチの透明窓からスマホの操作も可能。

私のポーチは窓部分中央に白十字がプリントしてあるので、かなり邪魔ですが(^-^;

ネットで販売している商品を見ると、窓部分にはマジックマウンテンのロゴのみ記載されているようです。

ロードバイク乗りの方は雨の日でもスマホ操作できるので便利かと思います。

以上、『マジックマウンテン シームレス・ドライポーチ』をピックアップしました!

この手のポーチ類は温泉などに忘れやすいので、カラーは派手な赤がオススメです。

失くさないように大事にしたいポーチですね(^^♪

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

アウトドア関連のグッズはこちらの記事を参照(^^♪



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク