初心者でも簡単!パラコードの編み方は?おすすめアイデア&応用まとめ。

編み方,ホームセンター,モンベル,ブレスレット,売り場,おすすめ,アクセサリー,コメリ,応用,初心者,余り,ワークマン,種類,結び方,ブレスレット,ストラップ,キャンプ,アレンジ,自作,登山,代用,ダイニーマ (1)

『パラコードの結び方やアイデアの作例』をまとめ!

強度があり、様々なアウトドアシーンに活躍する「パラコード」。

洗濯物を干す際の紐や靴紐、着火剤の代わりとしても利用できるなど、いくつか持っておいて損はしないアイテムです。

本記事ではパラコードの使い方~アイデアまで詳しくご紹介。

アウトドア好き&DIY好き必見の内容をお届けいたします。

まずは『私が購入したパラコードの種類』から見ていこう(^^)/




アウトドアショップで購入した『パラコード』。

アウトドアグッズ専門店・秀岳荘で購入したパラコード。

長さや色がそれぞれ違う3種類のタクティカルコードを購入しました。

2種類のタクティカルコード。2.4㎜×30m

2種類のタクティカルコード。2.4㎜×30m

ダイニーマのパラコードはやや高価でした。

ZANE ARTS ゼインアーツ ダイニーマロープ。長さ10mのカットロープです。

2.0㎜×10m1298円。

2.0㎜×10m1298円。

パラコードの作例。編み方は?

ネットで編み方を調べながら編み込んでいきました。

紐ひとつでいろんな応用ができるのでなかなか楽しい。

ファスナー×パラコード!

サングラスケースのファスナーが壊れてしまったので、パラコードを取り付けてみました。

使用したのはダイニーマのパラコード

使用したのはダイニーマのパラコード

初めてのパラコードの編み方は「スネークノット」に挑戦。

編み込み始めでやや失敗した(^^;

編み込み始めでやや失敗した(^^;

ジッパータブで「コブラ編み」もしてみました。

コブラ編みは簡単!

コブラ編みは簡単!

コブラ編みしたパラコードを釣り糸切りに付けてみた。

コブラ編みしたパラコードを釣り糸切りに付けてみた。

定番のキーホルダー。編み方も様々!

次は2本のロープを使用した「ボックスノット」でキーホルダー。

屋や難易度が高い「ボックスノット」

屋や難易度が高い「ボックスノット」

クロスステッチ編みもなかなか難しい。

クロスステッチ編みのキーホルダー

クロスステッチ編みのキーホルダー

パラコードは災害時にロープとしても代用できるので、キーホルダーは携帯しやすくてイイネ!

紛失防止に役立つパラコード。

Bluetoothイヤホンのケースが落としやすい形状だったので、パラコードでストラップ代わりに。

フィッシュテール編みでストラップに。魚じゃなくて虫に見えるな…

フィッシュテール編みでストラップに。魚じゃなくて虫に見えるな…

持ちやすくていい感じです!

ランニングで使用するLEDライトバンドは外れやすかったので、パラコードで固定しました。

バンドが外れやすい。

バンドが外れやすい。

Matthew Walker Knotという編み方はほどけにくい。

Matthew Walker Knotという編み方はほどけにくい。

パラコードがあると日常生活をいろんな視点で見ることができるね(^_^)

スノーバスケットの紛失防止に。

外れやすいスノーバスケットもパラコードで固定。

※上の写真はアッパーストップを取り外してないので外れやすくなってます。

スネークノット&ダイヤモンドノットで固定した詳細はこちらの記事参照です。

100均グッズでカスタマイズ。

100均グッズのコードストッパーで巾着袋の留め具に。

ストッパーもいろんな種類があるのでアレンジが楽しい。

工夫次第で軽量化も可能。

SOTOのガスバーナーケースの紐がダサかったのでパラコードに交換。

コードを交換した。

コードを交換した。

もともと付属していたコードは2.1g

もともと付属していたコードは2.1g

1.4gのコードに交換。

1.4gのコードに交換。

僅か0.7gだけど、軽量化にこだわりたい人はスタッフバッグの紐や長さを見直すと軽くできるかも。

防虫に効果あり!オニヤンマくん。

実家に帰省した時に親がオニヤンマのキーホルダーを手作りしていた。

出来はイマイチだけど、黄色と黒の配色で防虫効果が期待できそうです。

パラコードで作る目玉の大きなオニヤンマ

パラコードで作る目玉の大きなオニヤンマ

ツイッターでパラコードのトレンドは?

Twitterのみなさんのパラコードアイデア&応用を検索してみよう。

以上、『パラコードの結び方や作例アイデア』をピックアップしました!

パラコードでものづくりにハマると、色やロープの太さなど様々なパターンが欲しくなってしまいます(^^;

軽くて風防いらずなバーナーも必見!

アウトドア好き必見の記事はこちらです♪

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク