ナンガシュラフをlitumeコンプレッションバッグでスッキリ圧縮!サイズ感は?

コンプレッションバッグ,100均,モンベル,自作,寝袋,大型,イスカ,スタッフバッグ,テント,ナンガ,NANGA,サイズ感,大きさ,litume,AMAZON,楽天,評判,口コミ,軽量,ウルトラライト,コンパクト,収納袋,おすすめ (3)

『コンパクトなテント泊におすすめ!litume(リツメ)コンプレッションバッグ』をピックアップ!

かさ張りやすいシュラフ(寝袋)をスッキリ収納するために「コンプレッションバッグ」を購入。

コンパクトで持ち運びやすいのでキャンプや登山にピッタリのアイテムです。

本記事ではlitumeコンプレッションバッグのサイズ感から機能までYoutubeを交えて詳しくご紹介♪

キャンプ好き&アウトドア好き必見の内容をお届けします。

まずは『litume コンプレッションバッグの仕様』から見ていこう(^^)/




コスパが良いコンプレッションバッグ・リツメの仕様は?

Amazonで購入した『リツメ コンプレッションスタッフバッグ』サイズはM(8.L)

Amazonではイスカやモンベルなど3000~5000円の製品が多数ありやや割高。

Litumeの圧縮袋は2000円弱くらいなのでお買い得でした。

正直、ピンからキリまでコンプレッションバッグはあるので、サクラレビューに騙されないように評価を見極めたいものです。

リツメってどこの会社?

Amazonで見るとLitumeはインナーシュラフなども取り扱っているようです。

会社名で検索しても該当がなかったので、商標を調べると出願人が「嘉偉興業股份有限公司」という台湾の会社でした。

材質と外観、重さは?

コンプレッションバッグを開封すると、ベルト付きのスタッフバッグみたいな外観。

リツメ コンプレッションスタッフバッグ

リツメ コンプレッションスタッフバッグ

コンプレッションバッグの重さは75g。

重さは75g

重さは75g

ちなみにNANGA630DXのシュラフ袋は「21g」でした。

NANGA630DXのシュラフ袋は21g

NANGA630DXのシュラフ袋は21g

約50g重くなってしまうが、リュックのデッドスペースが削減できるので目をつぶる。

手に持った様子。18 x 18 x 33 cm;

手に持った様子。18 x 18 x 33 cm;

材質は蓋と底はナイロン100%、本体はポリエステル100%。

お手入れ方法と材質

お手入れ方法と材質

洗濯機利用可能

洗濯機利用可能

スタッフバッグの底はしっかり縫い付けてあります。

スタッフバッグの底の様子

スタッフバッグの底の様子

コンプレッションバッグのサイズ感。

私のNANGA630DXの収納時のサイズは高さ31cm。

サイズ表を確認するとMサイズが妥当でした。

リツメコンプレッションバッグのサイズ表

リツメコンプレッションバッグのサイズ表

数グラム重くなるけどサイズに余裕を見たほうがいいかも。

Mサイズと表記がある

Mサイズと表記がある

ナンガの寝袋をコンパクトに収納。

シュラフを収納しやすいように、事前に底までめくっておく。

シュラフ収納前のコンプレッションバッグ

シュラフ収納前のコンプレッションバッグ

優しく寝袋を詰めていきます。

よいしょ、よいしょ。

よいしょ、よいしょ。

ナンガシュラフをコンプレッションバッグに収納すると下の画像の通り。

NANGA630DXを収納した様子

NANGA630DXを収納した様子

開口部の様子

開口部の様子

次に4つあるベルトをギュギュっと縮めていく。

ベルトを引っ張って圧縮!

ベルトを引っ張って圧縮!

生地が丈夫なので問題なく圧縮できそうだ。

生地が丈夫なので問題なく圧縮できそうだ。

バランスよく圧縮しないとシルエットが汚い。

バランスよく圧縮しないとシルエットが汚い。

圧縮後の寝袋は?

寝袋の圧縮前後比較。

高さ約33㎝

高さ約33㎝

ギュッと圧縮!

20㎝前後くらいになった。

20㎝前後くらいになった。

どや!

どや!

上から見た様子

上から見た様子

バッグはかなり丈夫なつくりなので破れることはなさそう。

メジャーで計測

メジャーで計測

20数㎝くらいだね。

20数㎝くらいだね。

重さは「1128g」。

コンプレッションバッグの重さは「1128g」

コンプレッションバッグの重さは「1128g」

ちなみにNANGA630DXは「1080g」なので、プラス48g増えたことになる。

取手部分は持ちやすくてイイネ

取手部分は持ちやすくてイイネ

気になる点。

少し気になったのは圧縮後のベルトの長さ。

だらしなく見えるベルト

だらしなく見えるベルト

適当に結んで見た目を良くしました。

ぐるっとベルトを結ぶ

ぐるっとベルトを結ぶ

85Lリュックに収納してみる。

まずは85Lリュックにの底部に圧縮しないで入れてみる。

圧縮前は全然入らない。

圧縮前は全然入らない。

圧縮後はスッキリ入る。

余裕で収納できました。

余裕で収納できました。

NANGAのカッコいいシュラフケースに入れられないのは残念だが、テント泊ではコンパクトなコンプレッションバッグが役立ちそうだ。

ちなみに収納しないときはシュラフが痛まないように圧縮ベルトを緩めておこうね。

Youtubeは圧縮の様子が分かりやすいので必見👇

ツイッターでみんなのコンプレッションバッグの口コミ&評判は?

Twitterコンプレッションバッグのトレンドを検索してみよう。

以上、『テント泊やキャンプにおすすめ!litume・コンプレッションバッグ』をピックアップしました!

コンパクトな最強コンプレッションバッグで楽しくテント泊していきましょう(^^)/

羽毛ジャケットの収納にも使えるアイテムだと思います。

ウルトラライトなランタンも必見!

パタゴニアシャツのサイズ感はこちら👇

ウルトラライト系ハイカーにおすすめな記事2選👇

Nafroコンプレッションバッグのレビューはこちら👇

アウトドア好き必見の記事はこちらです♪

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!


私が実際に揃えた『雪山装備一覧』の費用はこちら。

『ヒコトピ!』を投げ銭で応援する✨

パタゴニアシャツ、イイネ!

いつも『ヒコトピ!』をご覧いただきありがとうございます。

「この記事に満足した!」
「コーヒーを一杯ごちそうしてやろうかな?」

という方は”投げ銭”していただけるとありがたいです✨

投げ銭はAmazonギフト券で15円から自由に金額設定できます。

ギフト送信時『受取人』に入力するメールアドレスは「COPYボタン」でコピー可能です👇

life.is.beatiful.japan2021@gmail.com
Copy

※上記のアドレスは投げ銭受け取り専用です。他のメールは受け取れない設定にしてます。

メッセージも添えてくださるととてもに嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク