不具合?リールの引っかかり・重い!工具不要の原因の追及方法とは?

原因,分解,オーバーホー,ギア,クレーム,引っかかり,ゴリ感,シャリ感.スピニングリール,ドラグ,マグシールド,メンテナンス,リール,初期不良,工具,不具合,交換,仕組み,代用,修理,値段,分解,初心者,初期不良,原因,巻き方,引っかかり,引っかかる,手入れ,欠点,水没,水洗い,道具,重い,釣り

DAIWAのアジングリールを久しぶりに購入。

ワクワク気分で釣りの最中、リールを巻いているとスプールが沈むタイミングで重くなる…。

繊細な感度が要求されるアジング釣行では「かなり痛い」リールの不具合だ。

原因追及のために新品リールを分解するのもリスクが高いし、そもそも釣りの工具セットなんて持っていない…。

まずは『工具を使わずにリールの不具合を発見する方法』をから試してみた。

「アジングを始めたばかりで、リールが壊れたっぽい」の方必見の内容です。

まずは私のリールの特徴から見ていこう(^^)/




ダイワ月下美人マグシールドのリール。

原因,分解,オーバーホー,ギア,クレーム,引っかかり,ゴリ感,シャリ感.スピニングリール,ドラグ,マグシールド,メンテナンス,リール,初期不良,工具,不具合,交換,仕組み,代用,修理,値段,分解,初心者,初期不良,原因,巻き方,引っかかり,引っかかる,手入れ,欠点,水没,水洗い,道具,重い,釣り

釣り友のえのんくんに薦められ、釣具屋POINTで購入したスピニングリール「DAIWA月下美人 mxlt1000s-p」。

リールの配色エックスメンマグニートが付けているヘルメットみたいでカッコイイ。

ダイワ製のリールに搭載されている防水機能「マグシールド」 のリールです。

マグシールド搭載のダイワリール。

マグシールド搭載のダイワリール。

従来のリールは、塩ガミや錆のトラブルが発生することが多く、釣行後は必ずメンテナンスをする必要がありましたが、「マグシールド」搭載のリールは高い防水性能があるので、入念なメンテナンスは必要ない。

水洗いと定期的なオーバーホールだけで使用できるみたいです。

ネットで調べるとマグシールドリールの分解は禁断らしい。

これはとんでもないリールを買ってしまったぜ…。

初期不良?不具合の症状は?

前述したとおり、不具合の症状リールを巻いているとスプールが沈むタイミングで重くなる。

ただ、釣行中にライントラブルを頻発させていたので、糸がスプールの内部で絡まっている事態を想定。

アジングブランド34(サーティーフォー)のラインは細いので、トラブルが起きやすい。

初心者アジンガーを痛感しました(^-^;

工具を使用せず分解。重くなる原因は?

原因,分解,オーバーホー,ギア,クレーム,引っかかり,ゴリ感,シャリ感.スピニングリール,ドラグ,マグシールド,メンテナンス,リール,初期不良,工具,不具合,交換,仕組み,代用,修理,値段,分解,初心者,初期不良,原因,巻き方,引っかかり,引っかかる,手入れ,欠点,水没,水洗い,道具,重い,釣り

上の画像のとおり、まずは反時計回りにドラグを回し緩める。

ドラグがゆるゆるになったら、ドラグのつまみをつまんで抜きます。

ドラグを取った様子。

ドラグを取った様子。

スプールを取り出す。

原因,分解,オーバーホー,ギア,クレーム,引っかかり,ゴリ感,シャリ感.スピニングリール,ドラグ,マグシールド,メンテナンス,リール,初期不良,工具,不具合,交換,仕組み,代用,修理,値段,分解,初心者,初期不良,原因,巻き方,引っかかり,引っかかる,手入れ,欠点,水没,水洗い,道具,重い,釣り

糸が巻いてあるスプールもスポッと抜く。

左からドラグ、リール、スプールに分解。

左からドラグ、リール、スプールに分解。

軸部分を確認すると、想定通りラインが絡まっていました。

原因,分解,オーバーホー,ギア,クレーム,引っかかり,ゴリ感,シャリ感.スピニングリール,ドラグ,マグシールド,メンテナンス,リール,初期不良,工具,不具合,交換,仕組み,代用,修理,値段,分解,初心者,初期不良,原因,巻き方,引っかかり,引っかかる,手入れ,欠点,水没,水洗い,道具,重い,釣り

ピンセットやカッターナイフを駆使して糸を取り払う。

リールをやや巻いて軸を上へ出してやるとラインがほどけやすい。

もう少し。

もう少し。

きれいにラインが取り払われた。

スプール、ドラグを元に戻し、ハンドルを回転させるとスムーズに動きました。

リールの扱いには十分注意したいです。

マグシールドの手入れは?

マグシールドのリール基本的にメンテナンス不要。

ラインローラー、軸受けベアリングなどマグシールド部分への注油は厳禁らしい。

ただシャフト部分(私がラインを絡ませた箇所)にオイルを塗布するのが有効のようです。

マグシールド本体はワンウェイローラークラッチとカラーの周辺のシールド機構ですので、ピニオンギアとシャフトの間にオイルを塗布しても問題ありませんが必要以上に塗布すると過剰なオイルがマグシールド部に付着して流れることがあります。

シャフトの汚れを除去したのち直接塗布するか防塵カバーを外してローターナットベアリングとシャフトの隙間にIOS-01を塗布します。

この方法はマグシールドが搭載されてないリールにも大変有効です。
IOSファクトリーさんHP日頃のメンテナンスより引用

釣り具(リールのオーバーホール)の整備にはWera(ヴェラ) マイクロドライバーがオススメです。

トルクがかけやすくネジを舐めにくい。

以上、『工具を使わずにリールの不具合を発見する方法』をピックアップしました!

かなり初心者向きな記事になってしまいましたが、最低限不具合は自分で見つけたいものです。

修理に出すと「リール1個買えるのでは?」と思えるくらい料金が高いですからね。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

伊豆大島ランガン釣行記事はこちら!

夜釣りや防災に大活躍する最強懐中電灯とは?

夏釣りカッコよくスタイリッシュに紫外線ケア!

釣果UP!?ダイワ腰巻きライフジャケットを徹底調査!

釣りおすすめ記事はこちら♪



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク