ダイナブック・SurfaceBook2の保護ケースはtomtoc!

ダイナブック,軽量,サーフェス,Surface,保護ケース,tomtoc,おすすめ,surfacebook2,ケース,カバー,prz63fs-nnd,MacBook,13.5インチ,dynabook,トムトック(キャッチアイ)

SurfaceBook2・dynabookなど、ノートPCをしっかりガードしてくれる『tomtoc 360度 保護ケース』をピックアップ!

前回ご紹介したtomtoc保護ケースの型番『A14-C02H-JP』。

『A14-C02H-JP』フロントポケットが充実している保護ケースです。

今回はさらにシンプルな構造tomtoc『A13-C01D-JP』をご紹介!

ダイナブック,軽量,サーフェス,Surface,保護ケース,tomtoc,おすすめ,surfacebook2,ケース,カバー,バッグ,持ち運び,MacBook,サーフェイス,dynabook,トムトック (4)

この記事では、それぞれの製品の長所・短所を掘り下げてご紹介します。

まずは『totmtoc保護ケース(A13-C01D-JP)』の仕様から見ていきましょう♪




『tomtoc保護ケース(A13-C01D-JP)』の仕様。

内側の360度保護エッジと厚みのあるふわふわした素材で、衝撃を吸収するように設計。

最大対応機種寸法:326 × 232mm

・13インチ 旧型 MacBook Pro Retina搭載 A1502 A1425

・13.3インチ 旧型 MacBook Air A1466 A1369

・13.5インチ Surface Book

・Surface Laptop、SurfaceBook2(13.5インチ)に対応。

※Amazon商品説明より引用。

僕が購入したバッグのカラブルーブラック。

に限りなく近い色合いです。

色はほかに「ブラック・ブルー・ミントブルー・ライトグレー・ピンク」があります。

持ち手がないので、ショルダーバッグ、バックパックに収納可能。

保護ケースをそのまま持つ場合小脇に抱えるスタイルになります。

小さめの通勤鞄には収まらないかもしれないので、サイズに注意しましょう。

『tomtoc保護ケース』の詳細を見てみよう。

僕が今回使用するPCは”dynabook PRZ63FS-NND”

会社から支給された13.3インチのノートパソコンです。

dynabook PRZ63FS-NND(13.3インチ)。

dynabook PRZ63FS-NND(13.3インチ)。

厚さは約1.8cm。非常にスリムなPC。

厚さは約1.8cm。非常にスリムなPC。

保護ケースの内部は?

tomtocの開閉部分バッグの長辺がペロッと開くので出し入れがしやすい!

※前回紹介した”A14-C02H-JP”は短辺部分しか開かないので出し入れがしづらい。

中のクッションはぬいぐるみのようにふわふわ。360度しっかり保護してくれます。

中のクッションはぬいぐるみのようにふわふわ。360度しっかり保護してくれます。

ちなみにSurfaceBook2(13.5インチ)もしっかり収まりますよ♪

SurfaceBook2(13.5インチ)も保護ケースにピッタリ。

SurfaceBook2(13.5インチ)も保護ケースにピッタリ。

SurfaceBook2dynabook(PRZ63FS-NND)ほぼ同じサイズです。

(重さは圧倒的にdynabookが軽い)

SurfaceBook2とdynabook(PRZ63FS-NND)を比較。

SurfaceBook2とdynabook(PRZ63FS-NND)を比較。

シンプルなフロントポケット。

tomtoc(A13-C01D-JP)ポケット厚さ1センチ以内ならスリムに収納可能。

ポケットWifiやスマホくらいの厚さなら収納出来ます。

ポケットWifiやスマホくらいの厚さなら収納出来ます。

dynabookの充電器コンパクトですが…

dynabookの充電器

dynabookの充電器

tomtocに収納してみると…

若干ふくらみが目立ちます。

若干ふくらみが目立ちます。

ふくらみが気になる方は、前回紹介したtomtoc『A14-C02H-JP』を推奨します。

『A14-C02H-JP』と『A13-C01D-JP』を比べてみた。

『A14-C02H-JP』(前回紹介)『A13-C01D-JP』(今回紹介)を比べてみましょう。

ファスナーが違う。

結論から言うとファスナー今回紹介したバッグの方が安っぽい(良く言えば軽量)。

左:『A13-C01D-JP』(今回紹介)、右:『A14-C02H-JP』(前回紹介)

左:『A13-C01D-JP』(今回紹介)、右:『A14-C02H-JP』(前回紹介)

A13プラスチックっぽいのに比べ、A14は金属製です。

A13のファスナー。

A13のプラスチックっぽいファスナー。

バッグの厚みは?

左:『A14-C02H-JP』(前回紹介)、右:『A13-C01D-JP』(今回紹介)。

左:『A14-C02H-JP』(前回紹介)、右:『A13-C01D-JP』(今回紹介)。

厚みは圧倒的にA13の方が薄い。

ただ収納面、機能面を考えるとA14の方が使い勝手がいいような気がします。

A13とA14の比較まとめ!

旅行や空港で持ち運ぶなら断然A14

勤務地から自宅、日帰り出張程度ならA13が使いやすい。

以上、『tomtoc 360度 保護ケース』をピックアップしました!

それにしてもtomtoc製品”コスパが良い”です。

A4用紙サイズ、B5ノートも入るのでブリーフケースとしても活躍しますよ♪

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

前回紹介したtomtoc『A14-C02H-JP』の記事はこちら!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク