コーヒー豆保存容器はハリオで決まり!キャニスターおすすめサイズは?

ハリオ,おすすめ,キャニスター,とは,ガラス,容器,真空,ボトル,缶,耐熱,ブログ,評価,コーヒー豆,珈琲,Amazon,アマゾン,楽天,円錐,ドリッパー,口コミ,評価,ランキング,カリタ,詰め替え,無印良品,蓋,

『コーヒー豆保存容器・ハリオのキャニスター』をピックアップ!

最近、コーヒー電動ミルを購入してから珈琲豆にこだわり始めたイケメンコーヒー男子の私。

コーヒー好きを悩ますのが「コーヒー豆保存問題」だ。

ネット情報を漁ると「真空容器がオススメ!」とか「冷凍保存が良い」など様々な意見がありますが、最終的に私が行き着いたのが『ハリオのキャニスター』でした。

本記事では「ハリオの保存容器の使い方」から「サイズ感」まで気になる方必見の内容をご紹介♪

まずは『ハリオ 珈琲キャニスターL MCN−300B』の仕様から見ていきましょう(^^)/




HARIO 珈琲キャニスターL MCN−300Bの仕様。

HARIO株式会社東京都日本橋に本社をおく日本の耐熱ガラスメーカー。

Wikipediaによるとガラスの王様「玻璃王(はりおう)」が由来しているそうです。

創業は1921年で来年(2021年)で100年目を迎える老舗カンパニーだ。

私がなぜハリオの商品と出会ったのかというと、近所にある「珈琲問屋」というコーヒー専門店にキャニスターを販売していたのが理由です。

ニトリや無印良品でもキャニスターは販売していますが、コーヒー製品に特化しているHARIOには敵わないと思います(質・値段において)。

そもそもキャニスターとは?

キャニスター(canister)とは、紅茶やコーヒー、パスタなどを保存する防湿用の蓋付き容器(缶、円筒)のこと。

珈琲豆はキャニスターに入れておけば劣化スピードは遅くなるものの、劣化そのものは避けられないので、およそ2~3週間で飲み切れる量が入るサイズがおすすめです。

キャニスター選びで重要なのが『サイズ・密閉性・遮光性・使いやすさ』だ。

私が購入したキャニスター(MCN300B)はコーヒー豆300グラムは余裕で入り400グラムまで入ります(詳細は後述参照)。

●型式:MCN300B(MCN-300B)
●JANコード:4977642413634
●カラー/ ブラック
●製品サイズ  幅 99 × 奥行 99 × 高 189mm
●容量  コーヒー粉300g
●重量(個箱含む)  約400g
●材質  ガラスボール:耐熱ガラス、フタ:ABS樹脂、パッキン:シリコーンゴム、フタ金属部品:ステンレス
●原産国  中国製

ハリオのコーヒー豆保存容器の詳細を見てみよう。

それではハリオ缶の詳細を見ていこう。

上の画像を見ての通り、見た目がシンプル

なので、説明も極めてシンプルになります(^^;

HARIOキャニスターの密閉性は?

ハリオの素敵なところ説明書きがわかりやすい点。

英語表記もあるので老舗企業の心意気を感じます。

ハリオのわかりやすいキャニスター説明書。

ハリオのわかりやすいキャニスター説明書。

まずは蓋のつまみを上げて、ガラスにセット。

サクッとつまみを持ち上げる。

サクッとつまみを持ち上げる。

パッキン部分はシリコン製なので密閉性が高いぞ。

パッキン部分はシリコン製なので密閉性が高いぞ。

ガラス容器本体に蓋をセットし、蓋のつまみを下げます。以上!

しっかり蓋がハマるので安心。

しっかり蓋がハマるので安心。

つまみのワンタッチだけで開閉ができるので、楽ちん快適です。

使用感としては、コーヒーの風味の落ちさほど感じずコーヒーを蒸らした時の膨らみ具合も良いので、鮮度が保たれている気がします。

※私の場合、珈琲豆300グラムだと2,3週間で飲み切れます。

キャニスターのサイズ感は?

サイズ感コーヒー豆300グラムを実際に入れて確かめよう。

私が珈琲問屋で購入した珈琲豆300グラム(ブラジルサンジョゼ)。

袋に入れたまま容器にも入る。

袋に入れたまま容器にも入る。

珈琲豆をザクっと入れると7分目くらい楽勝で入ります。

300グラム余裕で入るぜ!見た目もおしゃれ!

300グラム余裕で入るぜ!見た目もおしゃれ!

ガラス容器は透明で残量がわかりやすいのがGOOD

200グラムのキャニスターもあります。

400グラムのコーヒー豆も入る。

400グラムのコーヒー豆が入った様子です。

横から見るとちょうどいい感じに収まる。

横から見るとちょうどいい感じに収まる。

上から見た様子。

上から見た様子。

蓋をするとギリちょうどいい感じ。

400グラムはギリギリ収まる感じです。

400グラムはギリギリ収まる感じです。

ハリオのキャニスターの唯一の問題点。

紹介したキャニスターの問題点を一つ上げるならば「遮光性」だ。

珈琲豆は紫外線によって劣化が進むので、太陽光や蛍光灯の光も劣化の要因となります。

私はそこまで神経質にこだわりませんが、ゴリゴリにこだわりたい方はUVカット仕様のキャニスターをオススメします。

ツイッターでの口コミ&評判は?

TwitterHARIOキャニスターのトレンドを検索してみよう。

私がバリスタを気取って珈琲を淹れた様子がこちら♪

以上、『珈琲豆の保存容器・ハリオのキャニスター』をピックアップしました!

みなさんもHARIOのキャニスター充実したコーヒーライフを楽しんでみてはいかがでしょうか(^^)?

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

あわせて読みたい「最強のコーヒー電動ミル」の記事はこちら。

HARIOドリップケトルも質が高い。

リバーズエッジの効いたコーヒーアイテムとは?

珈琲アイテム・オシャレカフェ情報もチェック!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク