千葉県に日帰りハイキング!養老渓谷の夕木駐車場は無料!温泉情報も。

千葉,デート,インスタ映え,養老渓谷,おすすめ,トレッキング,ハイキング,コース,トレラン,関東,東京,日帰り,ドライブ,夕木駐車場,無料,温泉,ブログ,レンタカー,七里川温泉,評判,営業,混雑,キャンプ

『千葉県養老渓谷』をピックアップ!

日帰りドライブにおすすめ「千葉県養老渓谷」はトレッキングや森林浴が楽しめ、気分転換に最適。

本記事では養老渓谷のおすすめ駐車場から穴場な温泉までご紹介♪

関東在住の方やアクテビティ好き必見の内容をお届けいたします。

まずは『養老渓谷の無料パーキング・夕木駐車場』のアクセスから見ていこう(^^)/




『養老渓谷 夕木駐車場』のアクセス。

養老渓谷の無料駐車場・夕木駐車場の住所は「〒290-0536 千葉県市原市戸面608」。

私はカーナビに住所を入力しても迷ってしまったので、GoogleMAPに案内されてたどり着くことができました(^-^;

案内看板があるので安心。

案内看板があるので安心。

駐車場スペース10台くらいは軽く停められそうです。

日曜日の午前10時ごろ。空いてました。

日曜日の午前10時ごろ。空いてました。

お手洗いがあるパーキング。

嬉しいことに無料でトイレが利用できます。

トレッキング前に用を足しておきましょう。

開放的でワイルドなトイレ。

開放的でワイルドなトイレ。

手洗いも完備。

手洗いも完備。

駐車場は杉林に覆われていて、夜はちょっと怖いかもね。

幻想的な杉林

幻想的な杉林

『養老渓谷』で森林浴を楽しむ。

夕木駐車場を出発して杉林を歩く。

テクテク、テクテク。

テクテク、テクテク。

養老渓谷には「粟又(あわまた)の」や「幻の滝 (小沢又の滝)」など様々な滝がありますが、遠そうなので今回は断念。

森の中を歩けて、渓谷を流れる川の横に行ければ満足です。

見上げると新緑に圧倒される。

見上げると新緑に圧倒される。

なんてことはないただの森の景色ですが、カメラで撮ると美しく見えます。

苔むした木。

苔むした木。

養老渓谷を訪れたのは2020年5月下旬。

新緑が気持ちよかったです。

パワースポット・出世観音に着く。

20分程アップダウンの激しい道を歩くと「出世観音」の裏手にたどり着く。

養老山立国寺

養老山立国寺

「出世観音」は今を去る八百年前、源頼朝公が天下統一の旗揚の際、石橋山合戦において大庭景親に敗れ、九死に一生を得て安房に逃れ転じ上総に入り、再起を賭け昼間なお暗き当処の山谷に立て篭もり、平素甲冑に持参の観音像を茅舎に奉祭して、一心不乱に戦勝祈願をされ、三浦義澄・上総介広常・介常胤・下野の小山朝政・下総の下河辺行平・安西景益等の助けを借り下総より関東に攻め入り天下を平定・掌握し、公家社会から武家社会の初めての頭領と成ったとされています。

※出世観音の由来より引用。

参拝するには上り坂がきついぞ。

参拝するには上り坂がきついぞ。

観音橋が風光明媚だ。

観音橋が風光明媚だ。

川の流れを聴きながら。

観音橋を渡り右手に進むと渓谷へ下る道があった。

飛び石を渡る。

飛び石を渡る。

「中瀬キャンプ場」へ進む道をテクテク歩く。

川を横目に進む

川を横目に進む

川を見ながら休憩。

道を外れると川のそばに降りる事ができた。

川のせせらぎが心地いい。

川のせせらぎが心地いい。

川の水は澄んでいて、見ているだけで癒された。

澄んでいてキレイな川面。

澄んでいてキレイな川面。

私は携帯していたマジックマウンテンの「山ザブトン」を敷いて、腰を落ち着かせた。

マジックマウンテン・ナノテックマットが便利。

マジックマウンテン・ナノテックマットが便利。

足にはクールタオルを敷いて体の熱を冷ます。

熱中症対策にちょうどいいタオル。

熱中症対策にちょうどいいタオル。

このタオル、イタリアトレッキングでも使ったが、夏場の在宅ワークでも使えるのでかなりおすすめだ。

KAVUの登山ハットとミレーのリュック。

KAVUの登山ハットとミレーのリュック。

リュックからアンパンを取り出してモグモグタイム。

私はアンパンが大好きだ。

私はアンパンが大好きだ。

養老渓谷では渓流釣りも可能。

養老渓谷では渓流釣りも楽しめるそうです。

いかにも鱒やアユなんかがいそうで、釣りしたくなりました。

遊漁承認証(遊漁券)は必須なのでご注意を。

いろりの宿 七里川温泉でゆったり。

養老渓谷の温泉は「黒湯の宿 喜代元(きよもと) 」が有名ですが、今回は七里川温泉を利用。

施設内では囲炉裏でモクモクと宴会を楽しんでいるお客さんがいて、ちょっと逡巡しました。

食材を持ち込んで囲炉裏で焼けるらしい。

食材を持ち込んで囲炉裏で焼けるらしい。

温泉の様子は、内湯は洗い場が4席ほどでこじんまり。

露天風呂は浴槽が2つあり、ベンチも置いてあるのでかなりのんびりできました。

山に囲まれて温泉でゆっくり寛げるのは最高です(大人880円)。

七里川温泉の駐車場の様子。

七里川温泉の駐車場の様子。

以上、『千葉県養老渓谷』をピックアップしました!

皆さんも房総ドライブの際は是非、養老渓谷へ寄ってみてはいかがでしょうか?

千葉県の新たな魅力を発見できるかもしれません。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

千葉県の魅力がたくさん詰まった記事はこちら!













スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク