イタリア・ミラノ中央駅からCrema(クレマ)へ。電車の行き方は?

『ミラノ中央駅からCrema(クレマ)への行き方』をピックアップ!

2019年7月に決行した北イタリア旅行。

旅行2日目ミラノから列車で1時間の場所にあるクレマの街へ向かいます。

今日はミラノ中央駅からの行き方~トレニタリア鉄道の電子チケット、クレマの公園の様子まで詳しくご紹介。

まずは私の北イタリア旅行の日程を再確認しましょう(^^)/




イタリア旅行の日程。

イタリア,個人,旅行,1週間,費用,お金,ツアー,安い時期,おすすめ,予算,学生,jtb,his,ハネムーン,注意点,相場,服装,7泊8日,バックパック,リュック,ルート

一番左(西)のマルペンサ空港~ミラノ~少し下りクレマ~ガルダ湖~上(北)のドロミテ巡り~ヴェネツィア~マルペンサ空港へ戻るルート。

【 1日目 】
・12:35(日本時間)⇒ 18:15(イタリア時間)
・東京 ⇒ ミラノ ※12時間40分飛行

【 2日目 】
・ミラノ 穴場巡り ⇒ クレマの街

【 3日目 】
・クレマの街 ⇒ ガルダ湖・シルミオーネ

【 4日目 】
・ガルダ湖 ⇒ドロミテ・シウジ コンパッチョ

【 5日目 】
・ドロミテ・シウジ コンパッチョ ⇒ コルチナダンペッツォ(cortina d’ampezzo)

【 6日目 】
・トレチーメトレッキング

【 7日目 】
・コルチナダンペッツォ ⇒ ヴェネツィア

【 8日目 】
・ヴェネツィア⇒・ミラノ(マルペンサ国際空港 12時間10分のフライト。成田へ)

航空料金などの詳細は以下を参照。

事前にWebでチケットを購入。

私にとって今回の旅は初めての海外旅行なので、事前にトレニタリア鉄道の公式サイトからチケットを購入。

事前に買っておけば、乗り換えや時刻表の確認、慣れない現地での切符購入の手間が省けるメリットがある。

カード払いで購入すると、予約時に登録したメールアドレスにチケットのPDFファイルが送られるので印刷しておきましょう(列車内の係員にスマホでQRコードの提示でもOK)。

ミラノ中央駅からクレマへは乗り継ぎがあるので、1PDFファイルに2枚分のチケット情報がありました(いずれも自由席)。

ミラノ中央駅からトレビリオ。

ミラノ中央駅からトレビリオ。出発時刻、列車便(2067便)などを確認。

トレビリオ~クレマ。

トレビリオ~クレマ。チケットコードも控えておきましょう。

私は出発駅を間違えて購入してしまいましたが、Webから払い戻しも可能(有料)。

払い戻しやチケット内容の確認チケットコードが必要になるので覚えておきましょう。

自動券売機で購入する際の注意点

私は自動券売機の利用は、メストレ駅~ヴェネツィア・サンタルチア間に乗る際に利用しました。

トレニタリア鉄道の自動券売機

トレニタリア鉄道の自動券売機

券売機はカード払いももちろん可能。

自動券売機で購入した場合、駅の構内にある印字機でチケットに印字させるのをお忘れなく!

※Web予約時は不要。

トレニタリア鉄道の印字機。

トレニタリア鉄道の印字機。

クレマへの道のり。

ミラノ中央駅から出発!

カツアゲ,イタリア,恐喝,ジプシー,詐欺,スリ,窃盗,置き引き,犯罪,盗難,ミサンガ売り,鳩おじさん,スカーフ売り,ミラノ,殴る,グッズ,海外旅行 (7)

路線数が多いミラノ中央駅。

人の往来が激しい様子はどこか東京駅に似ている。

入場ゲートで係員に”印刷したチケット”を見せ、ゲートに入場。

12:25発の2067便だ(赤枠)。

12:25発の2067便だ(赤枠)。

どのレーンから出発するかわからなかったが、1番レーンから順に電光掲示板を確認して自分の乗る列車を確認。

12:25発の列車を発見!

12:25発の列車を発見!

ドアのボタンをポチっと押し乗車。

ドアのボタンをポチっと押し乗車。

席は自由席。

トレビリオ駅で乗り継ぐので、念のために乗客にトレビリオ行きかイタリア語で尋ねます。

出発を待っているとペネロ・ペクルスに似た女性「この列車トレビリオ行きかしら?」と聞かれたのでイエスと応答。

「grazie!(ありがとう!)」と笑顔で親指を立てる彼女がとてもかわいかった(^^)

なんてしている間に列車は定刻通り出発。

時間通りに出発。意外と遅れないトレニタリア鉄道。

時間通りに出発。意外と遅れないトレニタリア鉄道。

ミラノとしばしの別れ。

ミラノとしばしの別れ。

列車はミラノを出発すると「札幌の苗穂」のような光景が広がる。

苗穂っぽいミラノ(^^)

苗穂っぽいミラノ(^^)

トレビリオで乗り継ぎ~。

ミラノから20分程でTreviglio(トレビリオ)に到着。

乗り換え時刻、レーンを確認。

乗り換え時刻、レーンを確認。クレモナ行きに乗る。

当たり前だが、クレモナとクレマは別の駅なので注意。

乗り継ぎを確認していると、浮浪者っぽい人にチップをねだられたが、Noと返答。

Treviglio(トレビリオ)のグラフィティ。

Treviglio(トレビリオ)のグラフィティ。

地上へ上がるエレベーターは壊れていて動かない(イタリアあるある)。

地上は30度を超えているので地下で電車を待ちました。

炎天下の地上。

炎天下の乗り場。

かわいい電車のグラフィティ。日本で駅にこんなの描いたらニュースになるな。

かわいい電車のグラフィティ。日本で駅にこんなの描いたらニュースになるな。

10分程で電車が到着。

電車から降りてきた黒人女性はあまりの暑さに「ジーザス!」と言っていたのが印象的だった。

列車内の様子。

列車内の様子。

乗車すると車内がかなり暑く、窓を全て開ける。

後で気づいたが、クーラーが壊れていたようです(イタリアあるある…)。

別の車両に移ればよかった…。

風が吹き抜ける車窓。いよいよクレマに到着だ。

列車から見える景色は、とうきび畑やポプラの木々が続く。

北海道っぽいイタリアの車窓。

北海道っぽいイタリアの車窓。

車内は暑いが窓から吹き込む風が気持ちよく、立ちっぱなしで流れる景色をずっと見ていた。

途中駅のカラバッジョ駅。

途中駅のカラバッジョ駅。

イタリア旅行,アクセス,クレマ,買い方,おすすめ,地図,チケット,君の名前で僕を呼んで,ロケ地,切符,crema,クレーマ,トレニタリア,北イタリア,ミラノからクレマ,ブログ,聖地巡礼 (キャッチアイ)

途中駅のcasaletto

憩いの水路・カナーレヴァッケッリ(Canale Vacchelli)。

クレマの街が近づくと、水路のような川『カナーレヴァッケッリ(Canale Vacchelli)』と並行するように電車が走る。

列車から川を見るのが好きだ。

列車から川を見るのが好きだ。

橋の上では日光浴や川水浴(?)を愉しむクレマの人々がいて、日の長いイタリアを羨ましく感じた。

おじさんも少年のように川で遊ぶ。

おじさんも少年のように川で遊ぶ。

カナーレヴァッケッリとセーリオ川が交錯した場所にあるのが”クレマ”だ。

CREMA駅。

CREMA駅に到着。

こじんまりとしたCREMA駅。

こじんまりとしたCREMA駅。

”あの映画”のロケ地!クレマの場所は?

2008年、アカデミー賞・脚色賞を受賞した映画『君の名前で僕を呼んで』のロケ地でもあるクレマ。

街はこじんまりとしているが歴史的建造物が沢山あり、ミラノと違ってのんびりとした街でした。

私は宿のレンタル自転車を利用し、クレマを走り回りました(^-^)

セーリオ川市民公園「Giardini pubblici di Porta Serio」

クレマ駅から数分南下すると、セーリオ川市民公園(私が勝手に命名した)に行きつきます。

Giardini pubblici di Porta Serio

Giardini pubblici di Porta Serio

真駒内公園のようです(^-^;

木漏れ日が気持ちよく、真駒内公園のようです(^-^;

小川も流れているので、気持ち的に涼しい。

小川も流れているので、気持ち的に涼しい。

クレマの街はいかつい城壁で囲まれており、歴史を感じる。

わき道からクレマの街へ入ることも可能だ。

橋を渡って、わき道からクレマの街へ入ることも可能だ。

30cmくらいの魚も泳いでいた。

30cmくらいの魚も泳いでいた。

以上、今日はここまで!

『ミラノ中央駅からCrema(クレマ)への行き方』をピックアップしました!

次回はいよいよ歴史感じるクレマの街中を巡ります。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク