ミラノが一望できる穴場的観光スポット・トッレブランカで一悶着…。

イタリア旅行,ミラノ,ドゥオーモ以外,観光,穴場,おすすめ,展望台,トッレブランカ,ブランカ塔,楽しみ方,最新,スポット,フォトジェニック,夜,出会い,最高,Torre Branca (アイキャッチ)

『ミラノ・トッレブランカ(ブランカ塔)』をピックアップ!

2019年7月に訪れたイタリア・ミラノ。

ミラノと言えばドゥオーモが有名ですが、果たしてドゥオーモ以外の観光スポットは何があるのだろうと調べたところ、「トッレブランカ」を発見。

「トッレブランカ」は高さ108mのタワー。

ミラノでは数少ない展望スポットです。

六角形の展望室からはミラノ市内を360度一望。天気がよい日はアルプスも見渡せるそうです。

私はミラノの土地勘が全くないので、ブランカ塔へ行けるか不安…(というか海外旅行自体初めて)。

まずは『トッレブランカへのアクセス』から見ていきましょう(^^)/




『トッレブランカ』へのアクセス。

トッレブランカへはミラノ地下鉄(M1)のカドルナ駅(Cadorna FN)から徒歩15分ほど。

スフォルツェスコ城があるセンピオーネ公園内にブランカ塔はあります。

センピオーネ公園には『平和の門』があり、ミラノの歴史を感じる観光スポットが密集していました。

朝のカドルナ駅。

朝のカドルナ駅。

イタリア旅行初日。夜にトッレブランカを訪れる…。

私がミラノに到着したのが20時くらい。

ミラノのホテルにチェックインし、ドゥオーモ訪問後にカドルナ駅に到着すると時刻はすでに21時50分でした。

夜は危険な雰囲気がするミラノ。

夜のCadorna FN。

夜のCadorna FN。

「ミラノの夜は危ない」「治安が悪い」など悪い噂をよく聞きますが、私は実際に目にしたものしか信じない性分(新宿や渋谷だって治安は良くないと思うんだけど…)。

かなりリスクは大きいですが、死ぬこと以外かすり傷な私はミラノの街へ繰り出しました。

地下鉄・カドルナ駅に降り立つと、ここはどこ状態…。

早速スマホを取り出し、GoogleMapで現在地を確認。

通りをテクテク歩くと「スフォルツェスコ城」が見えて安心。

スフォルツェスコ城

スフォルツェスコ城

私は日本の城には全く興味がないですが、西洋の城(塔?)は本当に美しい。

ライトアップがきれいだなぁと写真を撮りながら歩いていると、薄暗い通りを進んでいる自分に気づきました…。

不気味なライトアップ。

不気味なライトアップ。

かなり薄暗いセンピオーネ公園内を歩くと、ベンチに座っていた黒人のオジサンに声を掛けられます。

私は言葉が分からないので、聞こえないふりをして早足で素通り(怖いよ怖いよ)。

おそらくですが「ドラッ〇いらんかね、そこの東洋人。」的な言葉をしゃべっていた雰囲気でした(たぶん)。

そんな感じのオジサンに2人ぐらい話しかけられましたが、聞こえないふりで神対応。

公園内ではミラノの若者が煙草(だといいんだけど)をふかして、リラックスしているので、とりあえず公園を出て明るい通りを歩きます。

写真中央にトッレブランカ。

写真中央にトッレブランカ。

センピオーネ公園ではランニングしている人の姿もちらほら。

サイのオブジェが不気味ちゃん

サイのオブジェが不気味ちゃん

トッレブランカに近づくと、何やらクラブミュージックが聴こえてきました…。

なぜ??

トッレブランカに到着。イタリアの洗礼を食らう。

トッレブランカに無事到着したのはいいけれど、塔の下で何やらパーティーが開かれて賑やか。

入り口では渋谷のクラブハウスのように、ボディガード風の男が客のボディチェックをしている。

ムーディーな展望台下の様子。

ムーディーな展望台下の様子。

私は入り口で、

「Vorrei andare a Torre Branca(ヴォッレイ アンダーレ ア トッレブランカ)」

(トッレブランカに行きたいのですが)

と伝えるとすんなり入場できました。

入場できたのはいいけれど。

入場し受付で展望台料金の6€を支払い。

係の若い娘さんに「Can you speak English?」と聞かれたので「yes.yes.」と返答。

どうやら20分展望台下で待つようなので、受付近くのベンチで係の若い娘さんと待機していました。

展望台へのエレベーター前では10人ほどの行列。

エレベーターは1台しかなく、1回の乗車で5,6人くらいが乗れます

約10分間隔でエレベーターが戻ってくる。

私は後方のベンチでおとなしく待っていると、どうやらパーティーの客も展望台の列に並んでいるようで、次から次へと列に加わってきます。

「まぁ、20分待てば展望台に行けるだろう」とたかをくくっていると、どうやら雲行きが怪しい。

私は隣にいる係の娘さんに話しかけ、列を指さし「Next,Next, me?」と確認。

するとまさかの「yes!」と返答が…。

私は呆れ顔「私はもう帰るので、金を戻してほしい」と片言の英語で伝えたところ、小娘は「I don’t understand」とプリプリふてくされてる始末。

プリプリ小娘は私の腕時計を指さし、

「22:30までには行けるわよ!tre、zero!(トレ、ゼェロォ!) Can you speak English?」

となぜか私が怒られる…。

その後、プリプリは別の小娘と交代して、不機嫌顔でどこかへ行ってしまった。

結局エレベーターに乗れたのは22:40。

もうホテルへ帰って床に就きたいところだったが、トッレブランカのエレベータに乗り込みました。

エレベーターの入り口。

エレベーターの入り口。

360度ミラノの夜景を一望。

エレベーターが上昇し、40秒ほどで展望台に到着。

エレベーターを降りると真っ暗。

エレベーターを降りると真っ暗。

展望台は夜の小学校のように真っ暗。

窓の向こうにはミラノの夜景が広がっていました。

窓越しの夜景。

窓越しの夜景。

遠くの白い明りがドゥオーモ。

遠くの白い明りがドゥオーモ。

手前は先ほど私が歩いてきた道のりが見える。

手前は先ほど私が歩いてきた道のりが見える。

思っていたよりも町の明かりが少ないのに驚きました。

東京の夜景と比べてみましょう。

貿易センターから撮影した夜景

貿易センターから撮影した夜景

ミラノは高いビル群が少ないので、夜景としては見応えが少ないのかもしれません(というか東京が異常?)。

カドルナ駅の様子。

カドルナ駅の様子。

ミラノの夜景を眺めていると、なんだか宇宙的孤独感に包まれます。

「日本から飛行機で12時間かけて、俺は一人ここで何をやっているんだろう(小娘に怒られるし)。」

そんな宇宙的概念をヒシヒシ感じるミラノ夜景

下を見ると平和の門が見えます。

下を見ると平和の門が見えます。

翌日の午前中に平和の門を訪れましたが、造形美に感動しました。

イタリア旅行,ミラノ,ドゥオーモ以外,観光,穴場,おすすめ,展望台,トッレブランカ,ブランカ塔,楽しみ方,最新,スポット,フォトジェニック,夜,出会い,最高,Torre Branca (2)

平和の門。伝統的な職人芸に感動します。

長時間フライトや慣れない英語、土地に疲れていた私は夜景を楽しむ余裕はなかった(^-^;

しかしながら、トッレブランカからミラノの街を眺めると「ミラノを知った気になれる」ので、ミラノ通な方に是非オススメの観光スポットです。

『ブランカ塔』の基本情報。

イタリア旅行,ミラノ,ドゥオーモ以外,観光,穴場,おすすめ,展望台,トッレブランカ,ブランカ塔,楽しみ方,最新,スポット,フォトジェニック,夜,出会い,最高,Torre Branca (3)

【営業時間】(5月から9月中旬まで)
・火曜日15:00〜19:00/20:30〜00:00
・水曜日* 10:30午前0時まで12時30分/ 15時00分まで
・木曜日15:00〜19:00/20:30〜00:00
・金曜日15:00 – 19:00 / 20:30 – 00:00
・土曜日10:30 – 14:00 / 14:30 – 19:30 / 20:30 – 00:00
・日曜日10:30 – 14:00/14:30 – 19:30/20:30 – 00:00

【定休日】
・夏季:月曜
・冬季:月・火・木・金曜

*水曜日は学校の団体や定年退職者のために無料で利用できます。
悪天候や強風の場合は、ブランカタワーは閉鎖されたままになります。

【料金】
・大人(6歳から): 6€
・子供(3歳から5歳): 5€
・幼児(2歳以下):無料

以上、『ミラノ・トッレブランカ(ブランカ塔)』をピックアップしました!

夜のミラノは怪しいエリアもあるので、なるべく明るい通りを歩いた方がいいかもしれません。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク