マウンテンクイップメント トレッキングパンツ(ロング)のサイズ感は?

AMAZON,トレッキングパンツ,好日山荘,マウンテンクイップメント,登山,ランキング,サイズ感,男,180㎝,ウルトラライト,オールシーズン,キャンプおすすめ,軽い,防水,トレラン,旅行,カッコイイ,夏,コーデ (2)

『MOUNTAIN EQUIOMENT(マウンテンクイップメント) ソフトシェルパンツのサイズ感』をピックアップ!

登山はもちろん、アウトドア、スポーツシーンに適したソフトシェルパンツ。

トレッキングパンツ(ロング)を探していたところ、裾周りがすっきりとしたシルエットのパンツを発見。

今までショートパンツ+タイツスタイルで登山をしていたが、ソフトシェルパンツは1着持っておくと何かと便利です。

本記事ではMOUNTAIN EQUIOMENT ・ソフトシェルパンツのサイズ感から素材まで詳しくご紹介。

サイズ感ZOZOスーツを使って分かりやすく記載しています。

アウトドア好きやファッション好き必見の内容です。

まずは『MOUNTAIN EQUIOMENT ・ソフトシェルパンツの仕様』から見ていこう(^^)/




好日山荘でマウンテンクイップメント(ME)ハーフパンツを購入。仕様は?

AMAZON,トレッキングパンツ,好日山荘,マウンテンクイップメント,登山,ランキング,サイズ感,男,180㎝,ウルトラライト,オールシーズン,キャンプおすすめ,軽い,防水,トレラン,旅行,カッコイイ,夏,コーデ (3)

MOUNTAIN EQUIPMENT(マウテンイクイップメント) イギリスマンチェスター発祥のブランド。

ハードシェルからグローブ、ゲイターにいたるまで、質実剛健な「山道具(MOUNTAIN EQUIPMENT)」を提供し続けています。

好日山荘でマウンテンクイップメント「ソフトシェルパンツ(メンズ)(425456」Sサイズを購入。
約14000円(税込)で購入しました。

同じ様な製品でマムートもあったが、以下の理由でマウンテンイクイップメントを選択しました。

✅肌触りがマウンテンイクイップメントのほうがサラサラしており、べたつきが少なそう。

✅マムートは登山中履いてる方をよく見かけるため

✅値段がMEのほうが2000円ほど安かった

気になるマウンテンイクイップメントのサイズ感。

店頭でよ~くサイズを吟味して買いました(Sサイズ)。

ちなみに私が前回購入したマウンテンイクイップメントのダウンパンツ・ジャケットはMサイズを購入。

マウンテンクイップメントの公式サイトでサイズが確認できます。

XS : ウエスト66-84 ヒップ94 ワタリ28 股上23 股下74
S : ウエスト70-88 ヒップ98 ワタリ29 股上24 股下76
M : ウエスト74-92 ヒップ102 ワタリ30 股上25 股下78
L : ウエスト78-98 ヒップ108 ワタリ31 股上26 股下78
XL : ウエスト84-104 ヒップ114 ワタリ33 股上27 股下80

参考までにZOZOスーツで計測した私のサイズ感(身長168㎝61㎏)はこちら👇

ZOZOスーツで計測した結果

ZOZOスーツで計測した結果

ソフトシェルパンツはSサイズを購入しました。

ソフトシェルパンツはSサイズを購入しました。

ハーフパンツの外観。肌触りの良いパンツ。

マウンテンクイップメントのソフトシェルパンツの材質は薄手、スッキリしたデザインです。

春先や秋はもちろん、夏の北アルプス縦走に役立ちそう。

裾周りはダボつきがないので、岩場も歩きやすそう

裾周りはダボつきがないので、岩場も歩きやすそう

サイドポケットは通気性が良いメッシュデザイン。

出し入れしやすいサイドポケット

出し入れしやすいサイドポケット

縫製がきれいです

縫製がきれいです

ファスナーは蓄光性があり、光ります。

ファスナーは蓄光性があり、光ります。

品質表示 ナイロン88%、ポリウレタン12%

品質表示 ナイロン88%、ポリウレタン12%

今回買ったパンツはまだ洗濯してないので、使い続けて評価したいと思います。

トレッキングパンツ防水性はある?材質は?

上の写真のようにパンツは撥水効果もありました。

裏地は汗でべたつきやすい腰回り、ポケット周りはメッシュ素材でサラッとしてます。

裏地も柔らかく汗でべたつかない

裏地も柔らかく汗でべたつかない

左膝頭にマウンテンイクイップメントのロゴがあります。

さりげないロゴもGood

さりげないロゴもGood

ウェストベルトもワンタッチで留められるので便利。

ウェストベルトの操作性も良し!

ウェストベルトの操作性も良し!

軽くてコンパクト。ショートパンツ+タイツと重さ比較。

ソフトシェルパンツは薄手なのでコンパクトにたためて収納◎。

私は今まで「ショートパンツ+パンツ」のほうがコンパクトだし軽いと思っていたが、そんなことなかった。

左:ショートパンツ+タイツ 右:MEロングパンツ

左:ショートパンツ+タイツ 右:MEロングパンツ

タイツのほうが足さばきはいいが、蒸れるのがデメリット。

タイツのほうが足さばきはいいが、蒸れやすいのがデメリット。

重さを比較比較してみます。

まずは「ショートパンツ+タイツ」。

「ショートパンツ+タイツ」は351g。

「ショートパンツ+タイツ」は351g。

「トレッキングパンツ(ロング)」は284g。

「トレッキングパンツ(ロング)」は284g。

ソフトシェルパンツはメーカー公表は307gだが、実測値は284gでした。

ショートパンツ+タイツより60g以上軽いのは、山行時に影響大きそうです。

ストレッチの効いたソフトシェルパンツ(メンズ)を履いてみる。

早速「Sサイズ」のソフトシェルパンツを履いてみました。

全体のパンツのシルエット。Sサイドでちょうどいい感じ

全体のパンツのシルエット。Sサイドでちょうどいい感じ

横から見た感じ

横から見た感じ

ウエストの位置確認

ウエストの位置確認

座ってみても窮屈さはなく、動きやすいです。

腰回りもきつさはなく柔らかい印象

腰回りもきつさはなく柔らかい印象

ソフトシェルパンツの背面の様子

裾幅が狭いデザインなので歩行の妨げになりにくい

裾幅が狭いデザインなので歩行の妨げになりにくい

靴を脱いでパンツを履いた時、裾が床に付くか付かないかくらいの少し長めの丈が登山で使いやすいと思います。

短すぎると、靴の中に小石が入りやすくなるので。

ストレッチの様子。

ももを上げても窮屈感なし。長い距離の移動もストレスなくできそうだ。

生地が伸びるので歩きやすかった

生地が伸びるので歩きやすかった

パンツの色味はネイビーなので、コーデしやすいと思います。

パンツの色味はネイビーなので、コーデしやすいと思います。

山小屋や釣りなど様々なシーンで役立ちそうなので、履く機会が増えそう。

厳冬期には合わないけれど、春秋、夏の高山帯、積雪のない冬山に適してそうです。

実際に登山でソフトシェルパンツ使用してこの記事を更新したいと思います。

以上、『釣りや登山におすすめ!MOUNTAIN EQUIOMENT ソフトシェルパンツ』をピックアップしました!

着心地の良いトレッキングパンツを履いて快適に登山を楽しみましょう(^^)

他にもブランド・アイテム毎にサイズ感をピックアップしているので参考までに👇

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク