SONYミラーレス一眼 α6600で星空撮影の作例。レンズ比較&設定は?

SEL20F28,sony,星空撮影,カメラ,おすすめ,2021,α7III,神レンズ,機材,α6600,安い,設定,機能,ソニー,ミラーレス,単焦点,SEL35F18F,レビュー,作例,広角,パンケーキ,登山,薄い,雷鳥沢,写真,コンパクト,月

『ソニー α6600で星空撮影の作例』をピックアップ!

2021年9月に購入したSONYミラーレス一眼a6600。

以前愛用していたライカQを修理に出しているので、サブ機として購入しました。

a6600はライカと比べて星空撮影がしやすく、素人ながらも星空の写真に満足。

本記事では星空撮影で使用した機材からレンズの比較など詳しくご紹介♪

カメラ好きや写真好き必見の内容をお届けいたします。

まずは『星空撮影で使用した機材』から見ていこう(^^)/




星空撮影で使用した機材(アクセサリー)は?

本格的な星空撮影というより、お手軽にできる撮影グッズの一覧です。

ミラーレス一眼・SONY a6600

sony α7iiiとa6600どちらを買うか悩んだが、コンパクトなミラーレス一眼のa6600を購入。

ライカQと比べると機能が多くて扱いづらいが、写真のバリエーションが増えて面白い機種でもあります。

Eマウントの神レンズ?「SEL35F18F」

「FE 35mm F1.8 SEL35F18F」は、2019年に発売された大口径広角単焦点レンズ。

Eマウントの神レンズとして紹介されることもあるようですが、やや大きく感じるので使うのを渋ってしまいます。

手前がSEL35F18F。奥のa6600にはSEL20F28を装着。SEL35F18Fは登山にはやや不向きかも。

手前がSEL35F18F。奥のa6600にはSEL20F28を装着。SEL35F18Fは登山にはやや不向きかも。

SEL35F18Fは皇海山登山で使用してみたが、山全体をフレームに収めにくかったです。

SEL35F18Fで撮影した皇海山。もっと広角に撮りたい。

SEL35F18Fで撮影した皇海山。もっと広角に撮りたい。

レンズとの相性は人それぞれなので、いろんなレンズに触れてみることをおすすめします。

薄い単焦点レンズ「SEL20F28」

Eマウントレンズの中でも薄型で小型の広角パンケーキレンズ。

今のところ私と最も相性のいいレンズだ。

登山をしていても意外とこの手の薄いレンズを使用している人を見かけます。

レンズにはプロテクターが付いてる。

レンズにはプロテクターが付いてる。

カメラの持ち歩きはPeakDesignキャプチャーを使用👇

プロテクターをはめた様子。

プロテクターをはめた様子。

Kenko レンズキャップ「フリップキャップ」

レンズキャップを取り外すのが面倒に感じる人におすすめなのがKenko レンズキャップ「フリップキャップ」。

Amazonで980円で購入しました。

見た目はややダサいが、片手でサクッと開閉できる点が最高。

ボタン一つでパカット開く。

ボタン一つでパカット開く。

SEL20F28、プロテクター、レンズフィルター、フリップキャップを装着。やや長くみえるが使い勝手は良い。

SEL20F28、プロテクター、レンズフィルター、フリップキャップを装着。やや長くみえるが使い勝手は良い。

キャップを開いた様子

キャップを開いた様子

詳しいレンズキャップの記事はこちら👇

アルカスイス対応!登山に最適な軽量三脚。

有名三脚メーカー・Velbonのトラベル三脚「ULTREK UT-3AR」。

786gと軽く、持ち運び時には29.5cmとコンパクトで気軽に持ち出せる。

星空撮影ではシュラフに入りながらカメラを三脚にセットして使ってました。

超コンパクトな「Manfrotto PIXI EVO」より使い勝手が良いのでおすすめです。

レビュー記事はこちらです👇

湿気対策!防湿バッグ。

登山用に購入したHAKUBA 防湿カメラケース。

テント内は湿度が高くなりやすいので、安心してカメラ&レンズを保管出来ます。

日帰り入浴時の貴重品入れとしても重宝しました。

ややかさ張るのがネックだけどね(^^;

a6600で星空撮影@雷鳥沢キャンプ場

2021年10月、富山県 雷鳥沢キャンプ場を登山で訪れました。

深夜の気温は0度以下と寒かったが、かなり我慢して撮影に臨みました。

SEL35F18Fで星空撮影の作例。

まずはSEL35F18F(FE35mmF1.8)で撮影した写真を見ていこう。

※撮影はすべてオートフォーカスでピントを合わせています。

ISO320 露出時間25秒 露出補正+1.3 絞りf/1.8

ISO320 露出時間25秒 露出補正+1.3 絞りf/1.8

なんだか星が白い粉みたいに見える…。

ISO320 露出時間25秒 露出補正+1.3 絞りf/1.8

ISO320 露出時間25秒 露出補正+1.3 絞りf/1.8

ISO320 露出時間30秒 露出補正+1.3 絞りf/1.8

ISO320 露出時間30秒 露出補正+1.3 絞りf/1.8

ライカだと星に全然焦点が合わなかったが、a6600は意外と星にフォーカスしてくれます。

※星が良く見えることが条件ですが。

ISO320 露出時間25秒 露出補正+1.3 絞りf/1.8

ISO320 露出時間25秒 露出補正+1.3 絞りf/1.8

初日は意外と星空が撮影出来たことに喜んで、設定をあまりいじらなかったのが後悔💦

ISO320 露出時間25秒 露出補正+1.3 絞りf/1.8

ISO320 露出時間25秒 露出補正+1.3 絞りf/1.8

ISO320 露出時間30秒 露出補正+1.3 絞りf/1.8

ISO320 露出時間30秒 露出補正+1.3 絞りf/1.8

単焦点レンズSEL20F28の星空撮影の作例。

次は薄型のSONY E 20mm F2.8(SEL20F28)で撮影。

18:15 ISO50 露出時間5秒 露出補正-1.7 絞りf/3.5

18:15 ISO50 露出時間5秒 露出補正-1.7 絞りf/3.5

夕暮れ時はテントがきれいです。

ISO50 露出時間30秒 露出補正-1.7 絞りf/3.5

ISO50 露出時間30秒 露出補正-1.7 絞りf/3.5

19時ごろ ISO50 露出時間30秒 露出補正-1.7 絞りf/3.5

19時ごろ ISO50 露出時間30秒 露出補正-1.7 絞りf/3.5

夜中7時でも天の川が肉眼で見えるくらい澄んでいました。

夜2:00頃に目覚めて撮影。

ISO6400 露出時間8秒 露出補正0 絞りf/2.8

ISO6400 露出時間8秒 露出補正0 絞りf/2.8

う~ん、全然星が映らない。

ISO6400 露出時間8秒 露出補正0 絞りf/2.8

ISO6400 露出時間8秒 露出補正0 絞りf/2.8

ISO6400 露出時間8秒 露出補正0 絞りf/2.8

ISO6400 露出時間8秒 露出補正0 絞りf/2.8

ISO2000 露出時間30秒 露出補正+0.7 絞りf/2.8

ISO2000 露出時間30秒 露出補正+0.7 絞りf/2.8

露出時間が長いと星が線になってしまうので、ポラリエが欲しいなぁ。

ISO2000 露出時間30秒 露出補正+0.7 絞りf/2.8

ISO2000 露出時間30秒 露出補正+0.7 絞りf/2.8

ISO6400 露出時間15秒 露出補正0 絞りf/2.8

ISO6400 露出時間15秒 露出補正0 絞りf/2.8

タイマー設定は2秒にして手振れしないようにしてます。

ISO2000 露出時間25秒 露出補正+0.7 絞りf/2.8

ISO2000 露出時間25秒 露出補正+0.7 絞りf/2.8

a6600はシャッターを切った後にノイズリダクション(ノイズを減らす画像処理)がなされるため、写真1枚撮るのに1,2分かかります。

寒い中撮るのでなかなか苦痛です(^^;

ISO2000 露出時間25秒 露出補正+0.7 絞りf/2.8

ISO2000 露出時間25秒 露出補正+0.7 絞りf/2.8

ISO2000 露出時間25秒 露出補正+0.7 絞りf/2.8

ISO2000 露出時間25秒 露出補正+0.7 絞りf/2.8

ISO2000 露出時間25秒 露出補正+0.7 絞りf/2.8

ISO2000 露出時間25秒 露出補正+0.7 絞りf/2.8

ISO2000 露出時間25秒 露出補正+0.7 絞りf/3.2

ISO2000 露出時間25秒 露出補正+0.7 絞りf/3.2

4:38頃に起きると、月が出てきました。

ISO2000 露出時間25秒 露出補正+0.7 絞りf/5

ISO2000 露出時間25秒 露出補正+0.7 絞りf/5

ISO2000 露出時間25秒 露出補正+0.7 絞りf/2.8

ISO2000 露出時間25秒 露出補正+0.7 絞りf/2.8

ISO2500 露出時間25秒 露出補正+0.7 絞りf/8

ISO2500 露出時間25秒 露出補正+0.7 絞りf/8

どちらのレンズも甲乙つけがたい星空写真でした。

もう少し検証してみないとどちらのレンズが星空撮影に向いているのか判別できないですね💦

ツイッターでSONY a6600の口コミ&評判は?

ISO2000 露出時間30秒 露出補正+0.7 絞りf/2.8
Twittera6600の星空写真を検索してみよう。

以上、『ソニー α6600で星空撮影の作例』をピックアップしました!

星空撮影は撮影環境が厳しかったり設定が難しいのでかなり苦戦しました💦

もう少しきれいに撮れるようになりたいものです。

あわせて読みたい写真関連の記事はこちら!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

『ヒコトピ!』を投げ銭で応援する✨

パタゴニアシャツ、イイネ!

いつも『ヒコトピ!』をご覧いただきありがとうございます。

「この記事に満足した!」
「コーヒーを一杯ごちそうしてやろうかな?」

という方は”投げ銭”していただけるとありがたいです✨

投げ銭はAmazonギフト券で15円から自由に金額設定できます。

ギフト送信時『受取人』に入力するメールアドレスは「COPYボタン」でコピー可能です👇

life.is.beatiful.japan2021@gmail.com
Copy

※上記のアドレスは投げ銭受け取り専用です。他のメールは受け取れない設定にしてます。

メッセージも添えてくださるととてもに嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク