内房で釣ったソイ・ヒラメ&潮干狩りで得たアサリ&ハマグリを調理♪

メバリング,内房,千葉,潮干狩り,房総,料理,レシピ,根魚,釣り,ワーム,ロックフィッシュ,刺身,メバル,アジング,5月,酒蒸し,ヒラメ,ブログ,あら汁,ハマグリ,おすすめ,クロソイ(キャッチアイ)

『内房で釣った根魚&貝の調理』をピックアップ!

2019年5月、ゴールデンウイークの内房釣行でゲットした根魚(ロックフィッシュ)と、

朝マヅメ後に行った千葉ポートパークの潮干狩りでゲットした貝の調理をご紹介♪

※前回の釣果の記事はこちら↓↓↓




まずはヒラメを刺身に。

僕の同僚・ハゼオの妹が朝マヅメで釣ったヒラメ。

ハゼオ君がペットボトルの蓋でウロコを取って、YouTubeを見ながら5枚おろしにしてくれました。

ヒラメの5枚おろし。

ヒラメの5枚おろし。

中骨が太く大きいため、実際の身は意外に少ない。

クロソイも刺身に。

クロソイ(黒曹以)とはカサゴ目フサカサゴ科メバル属の海水魚。

僕は毎年室蘭へ墓参りに行く際に、白鳥大橋の麓で小さいソイを釣ってますw

こちらは室蘭で釣ったソイ。

クロソイも良いサイズなので刺身に。

捌いていると、クロソイの腹の中から「カニ」が出てきました(汗)。

クロソイの腹の中からカニ。

クロソイの腹の中からカニ。

丸飲みやんけ。

丸飲みやんけ。

クロソイは、鯛が水揚げされない北海道において「北海道の鯛」とも称される高級魚です。

削いだ物はあら汁へ。

クロソイの削いだ物はあら汁にします。

クロソイの各パーツが大きいので、あら汁に最適です。

煮込む前の黒ソイのあら汁。

煮込む前の黒ソイのあら汁。

良い感じに煮立ってきました。

良い感じに煮立ってきました。

潮干狩りで採った貝は酒蒸し。

千葉ポートパークで採った天然のホンビノス、アサリはよーく洗って酒蒸しにします。

ホンビノス貝は、北アメリカの大西洋岸が原産の二枚貝。

日本では、1998年に千葉市で初めて発見されたそうです。

秋田県屈指の老舗蔵「天寿」の人気ブランド鳥海山 純米大吟醸』を酒蒸しに使います。

贅沢だよなぁ。

『鳥海山 純米大吟醸』

『鳥海山 純米大吟醸』

使用酵母はND-4(撫子酵母)。なでしこって酵母にできるんですね。

使用酵母はND-4(撫子酵母)。なでしこって酵母にできるんですね。

アサリとホンビノスを並べて…

アサリとホンビノスを並べて…

蒸します。

蒸します。

う~ん、美味そう!

う~ん、美味そう!

ハマグリは浜焼きに♪

唯一採れた大きなハマグリ浜焼きに。

ネットでホンビノス貝とハマグリの違いを見たけれど、なんだか大きなホンビノス貝に見えてきました。

アルミホイルを敷いて、弱火で焼く。

アルミホイルを敷いて、弱火で焼く。

パカッと開いた!

パカッと開いた!

中身は色白でぷっくりしているから、間違いなくハマグリでしょう!

みんなで食べるので、カットします。

みんなで食べるので、カットします。

つまみに最適な根魚料理&貝料理。

内房の自然の恵みで調理した3品。

内房の自然の恵みで調理した3品。

ヒラメのお味は?

まずはヒラメの刺身からいただきます!

ヒラメの刺身。

ヒラメの刺身。

味は淡泊ですが、とても繊細

普段は煮つけで食べることが多いヒラメですが、刺身は非常に美味。

一晩寝かせた方がうま味成分が出て、魚が持つ旨みを最大限に感じることが出来そうです。

黒ソイのお味は?

続いて、僕が釣ったクロソイの刺身!

刺身の完成。

黒ソイの刺身。

クロソイの身コリコリしていて、食感が良い。

なかなか食べ応えのあるお魚です。

黒ソイのあら汁は?

あら汁も良くだしが出ていてうまし!

小骨が多いけれど、身もしっかりしているので満足度が高い一品です。

酒蒸し、浜焼きプリップリで塩味が効いていて、酒のつまみに最高でした!

以上、今日は『内房で釣った根魚の調理』をピックアップしました!

やはり自分の力で釣りあげたり、採った海産物を食すのは、美味さもひとしおでした。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

黄金アジが爆釣したB港でショアジグをしてみた記事はこちら♪

釣り人気関連記事はこちらです↓



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク