スノーピークのスモーカーで『手羽先&ささみの燻製』にチャレンジ!

0.燻製,スノーピーク

秋・冬は空気がカラッと乾燥しているし、天候が読みやすいので燻製にベストなシーズン♪

前回の「豚バラベーコンの燻製」やや失敗感があったので、

今日はスノーピークのコンパクトスモーカー『手羽先&ささみの燻製』にチャレンジします!




鶏肉に『下味』を付ける。

まずは燻製をする前に、鶏肉に下味を付けます。

レシピは僕のオリジナル(テキトー)なので、参考までに(笑)。

・塩…5g(手羽先容量の2%)
・はちみつ…2.5g(塩の半分)
※本当は砂糖を入れるのですが、僕んちは砂糖がないので蜂蜜で代用。
・ローレル…適量(お好みで)
・にんにく…適量(お好みで)
・胡椒…適量(お好みで)
・ウィスキー…小さじ1くらい
・醤油…大さじ2

※【味付けの注意点】
低濃度の食塩水では、細菌の繁殖を促進することもあるので、食材の表面を洗う、アルコール等で殺菌する、お湯を潜らすなど清潔に処理することが重要。

・手羽先5本

・手羽先5本

・ささみ3本(筋切り)

・ささみ3本(筋切り)。本当は5本くらい欲しかったです。

ささみに筋がある場合は、そのままでもOKです。

初めて買いました。カレーに良く入れるハーブですね。

ローレルを初めて買いました。カレーによく入れるハーブですね。

ジップロックに手羽先投入。

ジップロックに手羽先投入。

ジップロックにささみ投入。

ジップロックにささみ投入。

全体に味が良く馴染むようにし、冷蔵庫で半日寝かせます。おやすみなさい。

半日『風乾燥』。

ジップロックから取り出したら、キッチンペーパーで水気を取り通気性の良いバットなどに並べます。

さらに半日乾燥

※直射日光が当たらないように注意。

いよいよ『燻煙』でいぶします!

確実に燻製を成功させるため燻製時間を分割して、各工程で様子を見ます。

燻製1回目。

スモーカーのボトムにアルミホイルを敷き、サクラチップを2握りほど載せ、汁受け皿を設置。

汁受け皿。

汁受け皿。

さらに、1段目のネットの上に食材を並べます。

2段目のネットには、キッチンペーパーを載せます。

蓋の裏に着いた蒸気が、食材に滴り落ちるのを防ぎます(これ結構大事!)。

キャンプ用ガスコンロの上にスモーカーを設置し、着火!

弱火3分ほどで、煙が出てきます。

プーンとスモーキーな煙が出てきます。画像でわかるかな?

プーンとスモーキーな煙が出てきます。画像でわかるかな?

火が風で消えないように、そばで見守りましょう。

着火から10分ほどしたら火を消し、さらに10分待ちます。

レイモンド・チャンドラーを読みながら待機。

レイモンド・チャンドラーを読みながら待機の図。

スモーカーの蓋を取って、食材を確認。

ほんのり色付いてます。食材に付く水気をキッチンペーパーで拭き取って下さい。

ほんのり色付いてます。

食材に付いた水気を、キッチンペーパーで拭き取りましょう。

燃え尽きたので、捨てます。チップの量が少なかったみたい。

チップが燃え尽きたので捨てます。チップの量が少なかったみたい。

1回目の燻製より、チップの量を一握り分増やし、再び着火します。

燻製2回目。

2回目の燻製は、着火から15~20分ほどで火を消し、さらに10分待機。

良い感じに色づきました。

良い感じに色づきました。

美味そうな色!すぐ食べたくなるけど、3時間くらい風乾燥させます。

美味そうな色!すぐ食べたくなるけど、3時間くらい風乾燥させます。

コンロの後片付け。

タールでベトベトになったコンロ。

ヘビースモーカーの肺の中を見ているようです(笑)。

タールの汚れ

洗い物が嫌になる前に、なるはやで片付けちゃいましょう♪

一般的なスポンジで洗うと、スポンジがダメになってしまうので、メラミンスポンジを推奨します!

焦げなど気持ちよく落とせますよ。

手羽先&ささみ燻製の『実食』!

鶏肉の断面を見て、火が肉に通ってることを確認。

ちょうどいい具合にいぶされています!

一口食べると、スモーキーフレーバーが鼻を抜けます♪

下味もちょうどいい具合

ただ、手羽先の皮がスルメのように堅くて、噛み切れないのが残念。

yahoo知恵袋で調べると、こんな解答がありました。

手羽先のタレ漬は、せいぜい6時間。
乾燥は表面を指で触って濡れない程度。ジプロックに入れてピッチリと空気を抜き70℃で15~30分ボイル。
燻煙は豪勢に煙を出して30分、温度を上げないように、加熱不要。

僕は加熱し過ぎたようです。

下味のジップロックごと茹でればよかったんですね。

ラップをして冷蔵庫で一日寝かせると、燻煙臭が低減して、さらに美味しくなりますよ(^^)/

ささみの燻製を小さく切って、サラダにしました。

ささみの燻製を小さく切って、サラダにしました。

燻製の反省のまとめ。

手羽先は、下味のジップロックごと70℃で15~30分ボイルする

燻製のいぶし時間「10分弱火⇒10分予熱」×2回。

 加熱し過ぎないように注意

燻製後の洗い物は、メラミンスポンジを使用。

この記事で使用した機材を紹介します。

スノーピーク『コンパクトスモーカー』

僕はスモーカーはAmazonで購入。

横約31cm、縦22cm、奥行約17cmのボックスタイプで折り畳み式ハンドルが付いているので、持ち運びに便利です。

網棚を2段セット

網棚は2段セット。たくさん焼けます。汁受け皿もついてますよ。

持ち手部分は天然木。画像は若干傷ついてますが。

持ち手部分は天然木。画像は若干傷ついてますが。

スモーカーひとつあれば、屋外でチーズやゆで卵の燻製が手軽に出来るのでオススメです♪

ソト(SOTO) のスモークチップス さくら

チップの量は500グラム。

肉や魚に使えるので、初心者に最適です♪

ガス&バーナー

災害グッズの記事でも紹介したガスセット。

ガスは230gで、今回のような燻製が5,6回くらい楽しめます。

ガスバーナーコンパクトに収納できるので便利です

以上、今日は『鶏肉の燻製』をピックアップしました!

燻製は少し難易度が高いけれど、奥が深~いスローフードです。

みなさんも、燻製がベストなシーズンに、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

前回の豚バラ燻製に挑戦した記事はこちらです。



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク