映画のセットみたいな起雲閣『玉姫・玉渓の間』熱海の名所に感動。

穴場,起雲閣,熱海駅,建築,玉姫,玉渓,滞在時間,アールデコ,おすすめ,インスタ映え,洋室,徒歩,デート,スポット,観光,所要,写真,デート,風呂,ローマ,美術,ステンドグラス.

『熱海 起雲閣の”玉姫・玉渓の間”』をピックアップ!

2020年3月に訪れた静岡県熱海市。

人生3度目となる熱海でしたが、熱海三大別荘の『起雲閣』を今まで訪れていなかったのは致命的(外せない観光スポット!)。

前回の記事では起雲閣の和室を紹介しましたが、本記事ではまるで映画のセットのような起雲閣 玉姫・玉渓の間を取り上げます。

歴史好きや美術・建築好きには堪らないおすすめのスポットです。

まずは『起雲閣のアクセス』から見ていこう(^^)/




”起雲閣”のアクセスと滞在時間の目安。

起雲閣へは熱海駅から徒歩で20分、来宮駅からは徒歩13分ほどで行けます(下り坂道)。

開館時間9:00~17:00 (入館は16:30まで) 。

※休館:水 水曜日が祝祭日の場合は開館*臨時休館日有り

滞在時間はじっくり回りたい方は1時間~1.5時間くらい見積もっておいたほうが良いです。

私はゆっくり写真を撮ったり、喫茶店を利用したので2時間以上滞在していました(^^;

煌びやかなサンルームに酔いしれる。

起雲閣の和室の間の次に訪れたのが「サンルームの間」。

開放的で美しい間取り。

開放的で美しい間取り。

床のタイルの配色もきれいで、舐めたら美味しそうなキャンディのようだ(^^)

床のタイルがいい感じ。

床のタイルがいい感じ。舐めちゃだめです。

上を見上げるとステンドグラスの天井。

朝の陽ざしが差し込む天井。

朝の陽ざしが差し込む天井。

これだけ太陽の光を浴びたら、体がみるみる元気になるに違いない。

光が燦燦と降り注ぎます。

光が燦燦と降り注ぎます。

上を見たり、下を眺めたり、とにかく見どころが沢山あるサンルームの間。

光がタイルに反射して色鮮やか。

光がタイルに反射して色鮮やか。

きらきら輝くタイル。

きらきら輝くタイル。

窓の向こうには庭園も見えます。

サンルームから見た庭園

サンルームから見た庭園

よく手入れされた洋風の棚の上には胡蝶蘭が気持ちよく咲いていた。

居心地が良さそうな胡蝶蘭。

居心地が良さそうな胡蝶蘭。

雨の日にはサンルームがどんな姿に変わるのか見てみたいです。

クラシックな風格の玉姫。

サンルームの隣にある玉姫の間。

正面中央には暖炉がありヨーロッパのデザインを基本にしていますが、「折上格天上」(おりあげごうてんじょう)など日本の神社仏閣に見られる建築様式が用いられているそうだ。

和と洋が入り交ざっているがシックに統一されている。

和と洋が入り交ざっているがシックに統一されている。

玉姫の間は足を踏み入れることはできませんが、外から眺めるだけでも十分楽しめます。

玉姫・玉渓の説明図。

玉姫・玉渓の説明図。

今にもレオナルドディカプリオとサミュエルエルジャクソンが椅子に座り、会食しそうなインテリアです(映画「ジャンゴ 繋がれざる者」見た人は分かるよね?)。

まるで映画のセットだ。

まるで映画のセットだ。

温かみのある玉渓の間。

サンルームの間を奥に抜けると現れる「玉渓の間」。

ウッディな山荘を思わせる玉渓の間は「名栗仕上げ」を取り入れたヨーロッパ風の造りだ。

※「名栗仕上げ」とはノミなどで独特の削り痕を残す日本古来からの加工技術。

暖かさを感じる名栗仕上げ。絵になるなぁ。

暖かさを感じる名栗仕上げ。絵になるなぁ。

それにしても金持ちのニオイがプンプンとする部屋です(贅沢!)。

座りたいけど座ったらダメなソファ。猫の爪とぎの餌食確定だな(^-^;

座りたいけど座ったらダメなソファ。猫の爪とぎの餌食確定だな(^-^;

暖炉の覆いにはサンスクリット語の飾り。

暖炉上の仏様が独特。

暖炉上の仏様が独特。

私の家にも暖炉欲しい。

私の家にも暖炉欲しい。

これまた窓辺のステンドグラスも華やか。

アールデコ調なステンドグラス

アールデコ調なステンドグラス

もう完璧なまでに洗練されたセンスのいい部屋です(^-^;

朝の柔らかな光の中で。

朝の柔らかな光の中で。

写真好きには堪らない起雲閣の洋室

また訪れたいなあ(というか住んでみたい)。

ツイッターで起雲閣の口コミを見てみよう。

Twitter起雲閣の玉姫・玉渓について検索してみました。

色々とタメになるつぶやきが多い。


以上、『熱海 起雲閣の和館”玉姫・玉渓の間”』をピックアップしました!

今回は起雲閣の洋室を紹介しましたが、次回はこれまた必見のローマ風浴室をご紹介。

起雲閣は見どころが沢山あるので要チェックのスポットです。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

起雲閣の和室も渋くて最高です。

あわせて読みたい”熱海猫”の記事

熱海で海産物ランチもいいけれど、文豪が愛した喫茶店”ボンネット”がおすすめ。

熱海のホテルの記事はこちら。

熱海から伊豆大島へフェリーで行くのもおすすめです。

伊豆大島関連の記事はこちらです♪



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク