ライカQの互換性バッテリー(電池)はシグマbp-51がおすすめ。

LeicaQ,ライカ,ライカq,ライカqp,電池,パナソニック,leica,q-p,シグマ,おすすめ,充電,bp-51,ブログ,バッテリー,カメラ,互換性,持ち,sigma (キャッチアイ.)

LeicaQ互換性バッテリー『SIGMA Li-ionバッテリー BP-51』をピックアップ!

僕が購入したライカQPバッテリーが2個付属していましたが、LeicaQは電池の消耗が早く、予備電池1個じゃ撮影が不安。

かといってライカの純性バッテリーは1万円以上するし…。

今日は約2000円で購入できる互換性バッテリー『SIGMA バッテリー BP-51』をご紹介♪

まずは『SIGMA Li-ionバッテリー BP-51』の購入ポイントから見ていきましょう(^^)/

※ライカQの取扱説明書では『ライカで指定したバッテリー以外は使用しない
でください。』と明記があるので、ご使用は自己責任でお願いいたします。




『SIGMA Li-ionバッテリー BP-51』の購入ポイント。

LeicaQ,ライカ,ライカq,ライカqp,電池,パナソニック,leica,q-p,シグマ,おすすめ,充電,bp-51,ブログ,バッテリー,カメラ,互換性,持ち,sigma (1)

僕はシグマのバッテリービックカメラで購入。

ビックカメラだと店舗取り置きサービスがあるので、非常に便利です。

ただAmazonで購入した方がPrime会員だと200円くらい安かったです(^-^;(2019年5月22日現在)

まぁ、ビックカメラのポイントを使用したので問題はないけれど。

『シグマLi-ionバッテリー BP-51』の詳細を見てみよう。

見た目はもちろんライカ純正品のバッテリーと変わりません↓↓↓

上がシグマ、下がライカの純性バッテリー。

上がシグマ、下がライカの純性バッテリー。

Leicaの充電器でも、もちろん充電できました。

Leicaの充電器で充電。

Leicaの充電器で充電。

Amazonの口コミを見てみると、使用感は純正品と変わりなく使えている模様。

LeicaQ,ライカ,ライカq,ライカqp,電池,パナソニック,leica,q-p,シグマ,おすすめ,充電,bp-51,ブログ,バッテリー,カメラ,互換性,持ち,sigma レビュー

Amazonの口コミ。

嬉しい付属品もある。

付属品としてバッテリーケースもありました。

シグマのバッテリーケース。

シグマのバッテリーケース。

バッテリー同士がバッグの中でぶつからないので安心。

バッテリーを見分けるためのシールも付いてます。

付属品のシール。

付属品のシール。

充電済みか否かの目印になるので、意外と活用できそうなシールですね。

以上、『SIGMA Li-ionバッテリー BP-51』をピックアップしました!

LeicaQをお持ちの方は予備バッテリーを購入して、充実した写真撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか?

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

合わせて買いたい「レンズキャップ紛失対策グッズ」はこちら↓↓↓

フルサイズの写真はデータ容量が大きいので、バックアップをしっかり管理しようの記事はこちら↓↓↓

ライカ関連の記事はこちら!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク