6月佐渡登山!花咲く『金北山縦走』撤退から尻立山を巡るルート。

おすすめ,タクシー,佐渡縦走登山,駐車場,両津港,テント泊,キャンプ場,宿泊,アオネバ登山口,アクセス,ブログ,ドンデン山荘高原ロッジ,日帰り温泉,装備,服装,YAMAP,高山植物,花,フェリー,6月,時期,夏 (1)

『新潟県 佐渡のドンデン登山コース』をピックアップ!

日本海に浮かぶ新潟県・佐渡島

6月中旬に訪れたドンデン山エリアはスプリングエフェメラルの時期はとうに過ぎていましたが、自然の魅力があふれていました。

本記事では2021年夏に訪れたアオネバ登山口~ドンデン山~マトネ~尻立山まで縦走登山した様子をご紹介。

Youtube動画もUPしているので参考になるかと思います。

まずは『1泊二日テント泊ドンデン山エリアのルート』から見ていこう(^^)/

ドンデン山荘・テント泊の様子はこちら👇




2021年6月 ドンデン山エリアの登山時間は?

ドンデン山荘でテント泊!金北山縦走は途中撤退。マトネ・真砂の峰・尻立山 / ミッチー🏃‍♂️🏔さんのマトネ尻立山(新潟県)の活動データ | YAMAP / ヤマップ

私が山行したドンデン山エリア1日目「約14.9㎞・約6時間(休憩1時間半)」、2日目「約11.2㎞・約2時間40分」かかりました。

※個人の体力差もあるので、タイムはあくまでも参考までに(私はかなりの健脚ハイカーです(^^;)。

1日目は新潟港6:00発~両津港8:30着。

金北山周辺は雲で隠れていた。(両津港から金北山をのぞむ)

金北山周辺は雲で隠れていた。(両津港から金北山をのぞむ)

往路の両津港~アオネバ登山口までタクシー(2910円)。

アオネバ登山口は圏外のため現金払い。

おけさタクシーを利用( メールで見積もりを相談して予約)。

◇おけさ観光タクシー

花鑑賞シーズンはドンデンライナーというバスがありますが、運行時期を過ぎていました(^^;

金北山への縦走・おすすめプランは?

アオネバ登山口の標高は約293m。ドンデン山荘の標高は888m、

金北山の標高は標高1171.9m。

標高はいわゆる低山ですが、車がない場合、アクセスが悪いのが難点。

私は金北山への縦走は天候が悪く途中で引き返しましたが、ドンデン山荘で1泊して、朝から金北山へ縦走するのが理想的と感じました。

ドンデン山荘は入浴施設もあるのでGood!

ドンデン山荘は入浴施設もあるのでGood!

6月の佐渡登山の服装(装備)は?

登山の服装はユニクロ長袖、半袖シャツ・ミレー網シャツ

下はマムートハーフパンツ。

手作り防虫スプレーを塗布していたが、ブヨに足を5箇所刺されてしまったので長ズボンがおすすめです!

テント泊装備なのでリュックが重い!

テント泊装備なのでリュックが重い!

2021年6月 まずは新潟市から佐渡へ渡航。

新潟市古町で一泊して新潟港へ(徒歩約25分)。

フェリーのチケットはWeb予約して発券するのでスムーズ。

往復の佐渡汽船チケット

往復の佐渡汽船チケット

85Lリュックはかなり大きい(^^;

85Lリュックはかなり大きい(^^;

フェリーでゆったり2.5時間

2度目の佐渡への渡航ですが、フェリーが立派で感心する。

タイタニックみたいな船内(盛りすぎ)。

タイタニックみたいな船内(盛りすぎ)。

毛布は1枚100円で貸し出し。「そうだ!寝袋持ってきてた。」

5万円越えのシュラフでリッチに寝る

5万円越えのシュラフでリッチに寝る

2年ぶりに佐渡に到着!

2年ぶりに佐渡に到着!

タクシーでアオネバ登山口へ。ドンデン山へGo!

タクシー運転手さんに「シラネアオイみたいんですよね~」と告げると「見れたら奇跡」とのこと(^^;

今年は開花時期が早く、一斉に咲き、一斉に姿を消したそうです。

何かしら咲いていることを期待して、登山開始!

おニューのSALEWA!配色がロキにているのでLOKIと呼んでいる。

おニューのSALEWA!配色がロキにているのでLOKIと呼んでいる。

登山開始40分後に登山靴のインソールを忘れたことに気づく…。

キショウブが咲いていた。

キショウブが咲いていた。

ウツボグサかな?

ウツボグサかな?

ウツギかな?

ウツギかな?

紫陽花も山の中で咲いていると可憐です。

絵になる可憐な紫陽花

絵になる可憐な紫陽花

前回来た時(2年前)は4月だったので、森の様子が全然違う。

鬱蒼としたジャングル!

鬱蒼としたジャングル!

2年前に訪れた雪解け時期。多分同じ場所。

2年前に訪れた雪解け時期。多分同じ場所。

早春の花は姿を消していたが、いくつかの花は健気に咲いていた。

エゾエンゴサク

エゾエンゴサク

沢を越えて山頂を目指す。

ちょろちょろと流れる沢をガシガシ進んでいく。

足元が滑りやすい

足元が滑りやすい

オオバギボウシ

オオバギボウシ

山の中にイタリアンパセリがあった…。

イタリアンパセリと思って食べたら、激苦で違った!

イタリアンパセリと思って食べたら、激苦で違った!

沢のせせらぎを聴きながらジャングルを進む。

人がいないので不安だが、行程は短いので気持ちは少し楽。

沢を横切る。増水してなくてよかった。

沢を横切る。増水してなくてよかった。

カタツムリが絵になる森林。

カタツムリが絵になる森林。

アオネバ十字路からドンデン山荘をめざそう。

短い急登を登りきるとアオネバ十字路に到着。

ここからはミスティな山道をハイキング。

細い山道を進む

細い山道を進む

木の足元に「ユウレイタケ」が咲いていた。

不思議な形状ユウレイタケ!

不思議な形状ユウレイタケ!

山の植物はひっそりと咲いているので、見つけると嬉しくなるね。

佐渡っぽい樹木がデンと立つ

佐渡っぽい樹木がデンと立つ

道の途中、めったに見ない獣〇〇と出会って驚きました。詳細は後述のYoutubeで確認してね(^_-)-☆

ドンデン山荘へ行こう。

ドンデン山荘へ行こう。

ドンデン山荘から金北山へ縦走。

ドンデン山荘横にあるテント場でテントを張り、荷物を置いて身軽に。

テントが吹っ飛んだハプニングは必見です(^^;

アタックザックを背負って金北山を目指します。

マトネから真砂の峰

マトネへ行く途中にユウレイタケが咲いていた。

白くて美しいユウレイタケ

白くて美しいユウレイタケ

身軽になったのでトレランのように稜線を走る。

マトネ!

マトネ!

香しいにおいのハマナスが咲いている。

ピンクのハマナス。

ピンクのハマナス。

ウラジロヨウラク

ウラジロヨウラク

立派な木!

立派な木!

ヤマオダマキ

ヤマオダマキ

トレランはゆっくり写真が撮れないので性に合わないことを知る(^^;

風が冷たい。

風が冷たい。

芍薬も美しい

芍薬も美しい

「真砂の峰」から金北山まで1時間弱。

上着をテントに置いてきたり、道のりが長いことを踏まえて途中撤退しました。

「真砂の峰」で撤退を決断。集中力も切れていた。

「真砂の峰」で撤退を決断。集中力も切れていた。

金北山まで辿り着いても眺望は期待できないの、またの機会に楽しみを取っておく。

ドンデン避難小屋と尻立山。

天候が一段と悪くなるが、せっかくなのでドンデン池方面へ足を伸ばす。

吸い込まれるような道

吸い込まれるような道

避難小屋の前はマーガレットが咲き誇り、幻想的な雰囲気だった。

非難小屋へ続くマーガレットの道

避難小屋へ続くマーガレットの道

風に揺れるマーガレット

風に揺れるマーガレット

避難小屋はやや埃っぽかった。

ドンデン非難小屋。

ドンデン避難小屋。

ここであんぱんタイム

ここであんぱんタイム

キッチンもあるが使えるのだろうか?

キッチンもあるが使えるのだろうか?

避難小屋を出て、風の冷たさに戸惑いながらもなんとか尻立山に到着。

う~~とにかく寒かった尻立山。

う~~とにかく寒かった尻立山。

晴れてれば絶景が見れるらしいです。

夕暮れから朝焼けへ。テント泊の醍醐味を味わう。

ドンデン山荘でひとっぷろ浴びて佐渡の夕暮れを楽しんだ。

流線的な島のシルエットが美しい

流線的な島のシルエットが美しい

「黄昏時の佐渡の音」をレコーディングしました。

佐渡の朝焼けに息を飲む。

実を言うと今回の佐渡遠征は「朝焼け」が目当てだった。

朝4時。じんわり日が登る

朝4時。じんわり日が登る

ガスが山を伝って降りてくる

ガスが山を伝って降りてくる

火の玉のような太陽が現れます。

ドンデン山荘から見る朝日

ドンデン山荘から見る朝日

朝の魔法使い

朝の魔法使い

ずっと朝日を見ていたかったが、9:15両津港発のフェリーに乗るため準備。

朝ごはん。

朝ごはん。

ドンデン山荘から両津港へ。

悔しいくらい晴れ渡った金北山縦走路。

金北山の縦走路が一望!悔しい。

金北山の縦走路が一望!悔しい。

下山中、滑って手を汚したが、沢で洗える。

気を付けないと滑るね

気を付けないと滑るね

アオネバ登山口からタクシーを使うこともできたが、交通費節約のため8キロラン&ウォーキング。

金北山を振り返る。また来たい!

金北山を振り返る。また来たい!

朝っぱら重たい荷物を背負ってランニングはかなりストイックでした(^^;

午後から新潟で仕事なんだけど…。

帰りの佐渡汽船にて。

帰りの佐渡汽船で、佐渡出身の老夫婦と談話。

奥さん曰く「佐渡島は何もないので、いたらボケる。」

ボケ防止にこれから競輪場に頭を使いに行くそうだ。

夫婦で仲良く競輪の予想をしている姿はなかなかいい光景でした(^_^)

色々ハプニングがあったが、実りの多い佐渡遠征でした!

Goproで撮影した登山動画はYoutubeで確認しよう👇

以上、『新潟県 佐渡のドンデン登山コース』をピックアップしました!

佐渡島の観光情報はこちら♪

他には関東の山を多く登っているので、読んでみてくださいね♪

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク