長崎県ねじねじスイーツ♪『よりより』は独特の食感がクセになる!


長崎銘菓・福建の『よりより』をピックアップ!

長崎県へ行ってきた方からお土産でいただいた「よりより」。

見た目のインパクトがあって、なかなか個性的なお土産です♪




『よりより』とは?

Wikipediaによると『よりより』とは…

麻花(マーホア、中国語: 麻花)は、小麦粉をこね、油で揚げて作る中国陝西省起源の菓子
きつね色に揚がった、香ばしくさくさくした食感と甘い味が特徴。

日本では長崎県の長崎新地中華街や神奈川県横浜中華街などに製造業者があり、「よりより」、「唐人巻」(とうじんまき)、「麻花巻」、「ねじりんぼう」などとも呼ばれる。

語源は、糸・縄などをねじって、互いにからみ合わせた形状の「縒り(より)」から由来していると思われます。

「ねじねじ」でも良さそうな気がしますけどね(笑)。

よりよりの第一印象は「中尾巻き」でした(^^)

View this post on Instagram

熊切あさ美さん(@asami_kumakiri)がシェアした投稿

福建のよりよりは、熟練の職人全て手作業で”ねじり作業”を行っています。

”株式会社 福建”とは?

”株式会社 福建”1963に設立。

華僑の方を祖先に辿る老舗で、中華菓子の製造および販売を行う会社です。

「月餅」「よりより」「唐人巻」などの中華菓子の製造および販売を手掛ける。

中華街の直売店での販売を行う他、Webでの販売にも対応する。また、「長崎ちゃんぽん」「長崎皿うどん」「担々麺」なども取り扱う。

引用:Baseconnect

日本三大中華街(横浜・神戸市南京町)と呼ばれる、長崎新地中華街直売店があります。

直売店には珍しい中華の食材や調味料などを輸入しているので、商品を見るだけでも楽しめるそうです。

いざ『よりより』を実食!

「よりより」のパッケージの様子。

よりより真っ赤な袋に1本ずつ小分けされています。

View this post on Instagram

@miiilchanがシェアした投稿

小分けされた袋の上部には『中華銘菓』と記載があるので、中国のお菓子かと思いました。

中華銘菓って書いてあるから、中国の商品かと思いました。

袋の裏には、福建の会社住所の記載があります。

袋の裏には、福建の会社住所の記載があります。

開封!味はどんな感じ?

手触り硬いです。

力を加えると、下の画像のようにパキンと折れます。

一口食べてみると…「コリコリ、パキパキ」不思議な食感。

歯が弱い年配の方には向かないかなぁ。

味はかりんとうほど甘くなく香ばしい風味があります。

よりよりを口に含んで1分ほどすると、水分を含んで柔らかくなるので、食べやすい。

でもパキパキの食感が癖になって、結局噛んでしまいます。

これは病みつきになります(^^。

『よりより』はどこで販売してる?

長崎空港新地中華街の直売店で購入できます。

東京では日本橋にある長崎県のアンテナショップで購入できるようです。

以上、今日は福建『よりより』をピックアップしました!

福建の「長崎ちゃんぽん」や「皿うどん」も食べてみたくなりました(^^)

『よりより』Amazonや楽天でも購入できますよ♪

”長崎県”アジングスポットが沢山あるので、ぜひ近いうちに足を運んでみたいと思います♪

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク