コスパ良い登山手袋 Black Diamond。秋・冬に役立つグリップに優れたグローブ

冬山,おすすめ最強手袋,装備,秋,ウール,モンベル,ブラックダイヤモンド,防水,ワークマン,レイヤリング,暖かい,テムレス,厳冬期用,コンパクト,比較,軽い,UL,グリップ,スマホ,タッチ,代用,重さ,組み合わせ (2)

軽量でグリップが良い『ブラックダイヤモンド 登山グローブ』をピックアップ。

登山やキャンプで防寒、防風出来る手袋を購入。

以前まではナイキのランニンググローブやコンビニで買ったテムレスグローブを使用していましたが、登山シーンに合わない場面もあったので、ブラックダイヤモンドを選択しました。

積雪のない冬山や厳冬期用のインナーグローブとしても役立ちそうです。

本記事では ブラックダイヤモンドの軽量手袋の仕様から使い勝手までYoutubeを交えて詳しくご紹介。

旅行好き、山好き必見の内容です。

まずは『ブラックダイヤモンド 軽量手袋の仕様』から見ていこう(^^)/




冬におすすめBlack Diamond手袋の仕様。

冬山,おすすめ最強手袋,装備,秋,ウール,モンベル,ブラックダイヤモンド,防水,ワークマン,レイヤリング,暖かい,テムレス,厳冬期用,コンパクト,比較,軽い,UL,グリップ,スマホ,タッチ,代用,重さ,組み合わせ (3)

石井スポーツで購入したブラックダイヤモンド 軽量手袋(M)。
店頭で¥3,740(税込)でした。

手袋は高額な製品が多くあるけれど、この値段なら手が届きやすい価格設定と感じます。

ブラックダイヤモンドはどこの会社?

1989年にアメリカで創業されたブラックダイヤモンド。

多くのクライマーやスキーヤーに愛されるアメリカの登山用品メーカーです。

アルパインクライミングやスポーツクライミングなどにおいて高く評価されています。

グリップが良い手袋の外観の様子

手の甲にブラックダイヤモンドのロゴがあります。

ひっくり返すと全体的にシリコンで覆われているデザイン。

手のひら部分はシリコングリップを採用。

手のひら部分はシリコングリップを採用。

ツールのグリップ性能に優れ、撥水性のあるナイロン生地を用いた軽量グローブ。山岳マラソンレース、ウルトラマラソンなど激しいアクティブティに対応するグローブです。

・撥水性ナイロンシェル
・親指と人指し指にタッチスクリーン操作対応生地採用

温度域:-4/4度
重量:56g
サイズ:XS、S、M、L、XL
カラー:ブラック

手袋表面は滑りにくい質感。

手袋表面は滑りにくい質感。

岩場をガツガツ登るようなグローブではなく、トレッキングポールをグリップ良く握れるタイプの手袋です。

ブラックダイヤモンドの手袋の仕様

ブラックダイヤモンドの手袋の仕様

スマホ対応の軽い手袋。

両手の人差し指、親指部分はスマホタッチが出来る素材。

手袋をしたままスマホを操作できる

手袋をしたままスマホを操作できる

実際にスマホの操作をしてみたけど、文字入力など細かな操作はしづらい(^^;

スマホタッチは便利だけど使いづらい面もある。

スマホタッチは便利だけど使いづらい面もある。

私の場合、雪山ではタッチペンを使用しているので、特に必要ない機能でもあります。

手袋側面にリングがあり、左右をまとめられます。

手袋は無くしやすい傾向にあるので、この機能は嬉しい

手袋は無くしやすい傾向にあるので、この機能は嬉しい

実際に着用。サイズ感は?

私が購入したサイズはMサイズ。Mサイズは69gと軽量です。

私の身長体重は169㎝61キロ。Mサイズで指先が5ミリほど余る感じ。

私の身長体重は169㎝61キロ。Mサイズで指先が5ミリほど余る感じ。

手首部分もちょうど良い長さ、周囲です。

指1本分くらい入るストレッチカフ

指1本分くらい入るストレッチカフ

トレッキングポールを握ってみる。

同じくブラックダイヤモンドの冬山用ポールを握ってみた。

シリコンの面積が広いのでグリップ力は◎。

夏場は暑さで蒸れそうだけど、秋~春に役立ちそうです。

しっかり握れるグローブ。

しっかり握れるグローブ。

厳冬期用テムレスとレイヤリングしてみた。

私が厳冬期用手袋として使っているテムレスのインナーグローブとして着用してみました。

インナーグローブにブラックダイヤモンド使用。やや窮屈だけど防寒性は高い

インナーグローブにブラックダイヤモンド使用。やや窮屈だけど防寒性は高い

テムレスグローブのサイズはLLです。

内部の様子。もう少し薄手の手袋でもいいかも

内部の様子。もう少し薄手の手袋でもいいかも

トレッキングポールもしっかり握れます。

トレッキングポールもしっかり握れます。

動画のほうが仕様が分かりやすいです👇

Black Diamondグローブのメリット・デメリット。

冬山,おすすめ最強手袋,装備,秋,ウール,モンベル,ブラックダイヤモンド,防水,ワークマン,レイヤリング,暖かい,テムレス,厳冬期用,コンパクト,比較,軽い,UL,グリップ,スマホ,タッチ,代用,重さ,組み合わせ (3)

軽量手袋の良し悪しをまとめてみました。

軽量手袋のデメリットは?

①土砂降りには向かない。

②インナーグローブとしては△。

完全防水の手袋ではないので土砂降りには向かないです。

インナーグローブとアウターグローブの中間にあるような手袋なので、登山シーンや天候に合わせて使用したいところ。

軽量手袋のメリットは?

①グリップ力がある。

②耐候性に優れている

グリップ力は前述した通り◎。

強風時や冷え切った朝晩など手をしっかり守ってくれる材質。

10月の雷鳥沢キャンプ場や関東の低山に役立ちそうです。

私は年末に札幌をランニングする機会があるのですが、この手袋は積雪地域のランニングと相性がいい気がします。

以上、『ブラックダイヤモンド 軽量 手袋』をピックアップしました!

他にもアウトドアグッズをレビューしているの参考までに👇

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

キャンプなどアウトドアに役立つダウンパンツの記事はこちら👇

アウトドア好き必見の記事はこちらです♪

冬山で着用しているのはミレーのハードシェルです。

スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク