雨の登山におすすめ。ミレーレインウェアが最強。ティフォン50000レビュー

ミレー,おすすめ,上下レインウェア,ティフォン,50000,レディース,洗濯,評価,ゴアテックス,たたみ方,装備,防水,サイズ,比較,軽い,雨具,コンパクト,ポンチョ,合羽,テント泊登山,ワークマン,安い,キャンプ (2)

抜群の透湿性を誇る『ミレー 防水レインウェア』をピックアップ。

「雨の登山時に着るレインウェアは蒸し暑くて不快…」そう感じる方はミレーのティフォン50000がおすすめ。

スリーシーズン着用できるレインウェアは、山行時の強い味方となってくれます。

本記事では ミレーの防水レインジャケットの仕様から使い勝手までYoutubeを交えて詳しくご紹介。

実際に利尻山や大雪山縦走、白馬岳縦走で着用してレビューしてます。

まずは『ミレー 防水レインウェアの仕様』から見ていこう(^^)/




防水透湿Milletレインウェアの仕様。

大雪山縦走,コースタイム,おすすめ,ロープウェイ,白雲岳避難小屋,ご来光,テント泊,キャンプ場,レベル,最短ルート,アクセス,百名山,デポ,日帰り温泉,装備,きつい,予約,8月,紅葉,初心者,難易度,水場,バス (1)

高機能なフランス生まれの本格的アウトドアブランドMillet(ミレー) 。

アウターやシャツ、帽子など機能的で高品質な製品が多いブランドです。

ヨドバシカメラでネット注文したミレー 防水レインウェアは28,600円(税込)でした。

ケース収納時のサイズ感、重さは?

ミレーのレインジャケットはケース付きではないです。

上の写真は私が以前使用していたミレーゴアテックスレインウェアの収納袋。

きれいに折り畳めば楽に収納できます。

直径は9cmくらい

直径は9cmくらい

収納ケースに入れて重さを計ると340g

収納ケースに入れて重さを計ると340g

レインジャケット単体では270 gです。

着用時もあまり重さを感じない軽さです。

製品仕様と2年間保証について。

製品仕様と2年間保証について。

2年間保証があるのは有難い

2年間保証があるのは有難い

機能が最強なレインウェアの特徴。

ミレ―製品はリュックやハードシェル、ポーチなど持ってますがどれも機能的。

このレインウェアもかゆいところに手が届く機能があります。

だぼつきやすい手首は調節可能。

だぼつきやすい手首は調節可能。

お腹部分にあるポケット。左右あります。

お腹部分にあるポケット。左右あります。

ポケット裏地はメッシュになっておりサラッとしている。

ポケット裏地はメッシュになっておりサラッとしている。

耐水圧は20000㎜あるので土砂降りでも平気だ。

高い透湿性と耐水圧。

高い透湿性と耐水圧。

冬山に着るハードシェルは蒸れやすいけど、レインウェアはあまり蒸れにくい着心地でした。

Typhon50000は柔らかく着心地も良い。

Typhon50000は柔らかく着心地も良い。

この製品はゴアテックスではないですが、TYPHON50000で十分防水透湿性が立証できていると感じます。

フードの頭頂部で視界を調節できます。

頭のベルトで視界を調節できる

頭のベルトで視界を調節できる    

・人間工学に基づいたエルゴノミックフィット
・STOEM & FITシステムを採用したフードと袖口
・ベンチレーションを兼ねたジップポケット
・ポケット内側がメッシュ
・サイズ調整可能な立体裁断フード
・フード内側へのクイック&イージー収納システム
・調整可能な裾

お洒落なレインウェア!メンズのサイズ感は?

ミレー,おすすめ,上下レインウェア,ティフォン,50000,レディース,洗濯,評価,ゴアテックス,たたみ方,装備,防水,サイズ,比較,軽い,雨具,コンパクト,ポンチョ,合羽,テント泊登山,ワークマン,安い,キャンプ (4)

身長168㎝、体重62キロの私が購入したサイズはEURO S(日本ではMサイズ)。

EURO Sサイズを購入

EURO Sサイズを購入

以下は私のZOZOスーツの測定結果

サイズ感,ZOZOスーツ,ジャッカル,おすすめ,アマゾン,ライジャケ,おしゃれ,ダイワ,ライフジャケット,使用期限,価格,ゾゾ,ボンベ交換,必要,メーカー,説明書,手動膨張,安全,釣り,腰巻き,楽天,桜マーク (5)

Sサイズでちょうどいいサイズ感。

実際に着てみた様子。

腕はやや長いかなと感じるが、肩回り・裾の長さはちょうどいい。

風が下から入らないように裾も調節できる

風が下から入らないように裾も調節できる

ゆったり着れるサイズ感。

ゆったり着れるサイズ感。

横から見た様子。ネイビーとイエローの配色がオシャレですね。

横から見た様子。ネイビーとイエローの配色がオシャレですね。

ヘルメット装着時の様子。

ヘルメットの上からフードを被った様子です。

マムートのヘルメットを被ってみた

マムートのヘルメットを被ってみた

ヘルメットの上からフード。頭がでかく見えるけどしょうがない。

ヘルメットの上からフード。頭がでかく見えるけどしょうがない。

フードの先がやや硬めにできているので、上にあげることが出来る。

視野が狭くなることなく登山できます

視野が狭くなることなく登山できます

動画のほうが使い方が分かりやすいです👇

Milletレインジャケットのメリット・デメリット。

防水レインウェアの良し悪しをまとめてみました。

防水レインウェアのデメリットは?

①収納ケースがない。

②パンツは別売り。

③フードの収納がない。

レインウェアの収納ケースが無いのはやや残念。

上下セットでは販売してない点も注意です。

フードを被らない場合、首元に収納できるミレー製品もあるが、このレインウェアには付いてないです。

防水レインウェアのメリットは?

①蒸れない!

②ウィンドシェルとしても◎

③動きやすく柔らかい素材

④シワになりづらい。

実際に登山で着用してみると、蒸れないし動きやすい。

9月(大雪山)テント泊の就寝時にダウンジャケットの下に着ても蒸れませんでした。

きれいにパッキングするとシワはそんなに目立たない点も優秀です。

10月の白馬三山の稜線歩きでは防風効果が役立ち、ウィンドシェルとしても機能しました。

雨の日の山行はストレスが多くなりがちですが、TYPHON50000のジャケットで少しでも快適に山行できます。

以上、『ミレー 防水レインジャケット』をピックアップしました!

他にもアウトドアグッズをレビューしているの参考までに👇

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

キャンプなどアウトドアに役立つダウンパンツの記事はこちら👇

アウトドア好き必見の記事はこちらです♪

冬山で着用しているのはミレーのハードシェルです。

スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク