軽量&持ち運びが楽な『テン場サンダル』を100均グッズなどでDIY!

ワークマン,テン場サンダル,作り方,ブログ,キャンプおすすめギア,ホームセンター,NRスポンジ活用,登山靴,テント泊,UL,100均ダイソー,収納,軽いコンパクト,安いスリッパ,夜行バス,アイデア道具 (7)

『縦走登山やテント泊におすすめ!テント場サンダルの作り方』をピックアップ!

テント泊や山小屋で登山靴を脱ぎ履きするのはなかなか面倒・・・。

そんな悩みを一発で解決する「テン場サンダル」を手作りしてみました。

薄くて軽量、かさばらないサンダルはUL(ウルトラライト)なギアを目指しているハイカー必見です。

本記事ではYoutube動画で作り方もUPしているので参考になるかと思います。

まずは『テン場サンダルの作り方・道具編』から見ていこう(^^)/




登山におすすめ!テン場サンダルの作り方・道具編。

2つの道具さえあれば、20分くらいでテン場サンダルが作れてしまいます。

今回必要な道具は下の通りです。

①NRスポンジ(NRS-04)➡217円 × 2枚
②面ファスナー➡110円
◎合計 544

他にハサミや油性ペンがあればOK!

NRスポンジはホームセンター・コーナンで購入。

※厚さ5ミリ 1辺30㎝ を2枚購入。

※厚さ5ミリ 1辺30㎝ を2枚購入。

クッション性は期待できないが、最軽量の靴が作れる

クッション性は期待できないが、最軽量の靴が作れる

思い切りつねらない限り破れない。

思い切りつねらない限り破れない。

面ファスナーは100均で購入しました。

何かと役立つ面ファスナー

何かと役立つ面ファスナー

動画でサンダルの作り方を確認。

テント場におすすめなサンダルの作り方はYOUTUBEでも確認できます👇

軽量×コンパクト!テント場サンダルの作り方。

もともとEVERNEWというアウトドアギアを製造している会社が「テンバサンダル」を作っていたので、オマージュしました(^^;

ちなみにEVERNEW製品は2000円くらいするので、手作りのほうがはるかにコスパが良いです。

サンダルの最適なデザインを練る。

足形のシルエットをもとにA4用紙にデザインを落とし込みます。

ニトリのスリッパをもとに紙にデザイン

ニトリのスリッパをもとに紙にデザイン

サンダルのベルトに悩みましたが、おおざっぱに描いてみました。

イクラでも修正できるので雑で構わない。

いくらでも修正できるので雑で構わない。 

紙でサンダルのプロトタイプを作る。

いきなりNRスポンジを切るのは失敗しそうなので、紙でイメージを深掘り。

登山ソックスを履いて作ったほうがイメージしやすいかも。

ベルトは斜めがいいのか悩みました。

ベルトは斜めがいいのか悩みました。

ベルトの留め具はボタンにするか、穴を開けてはめ込み式にするか検討したが、作りやすさと履きやすさの観点から面ファスナーを採用。

強度や重量も考慮しないといけないプロダクトだ。

強度や重量も考慮しないといけないプロダクトだ。

NRスポンジに転写後、切り取り!

油性ペンでスポンジにデザインを転写してカット!

なかなか切りづらいしギザギザになるが、細かいことは気にしない。

シンプルなサンダル!

シンプルなサンダル!

100均の面ファスナーを配置。

足の形に合わせて、最適な場所に面ファスナーを張り付ける。

ペペっと面ファスナーを張り付け!

ペペっと面ファスナーを張り付け!

面ファスナーを留めてみると…

あら、いい感じのサンダルやないか!

あら、いい感じのサンダルやないか!

お値段以上のサンダルが出来上がった。自己満足!

お値段以上のサンダルが出来上がった。自己満足!

隣の奥さんに自慢したいくらい薄いサンダルです。

この薄さ、あっぱれ。

この薄さ、あっぱれ。

軽くしてパッキングするのがテント泊登山の要なので、ULハイカーに拡散してほしいなぁ。

ウルトラライトな軽量サンダルを履いてみる。

左右のサンダルを作ったところで、登山靴下を履いて試着してみよう。

キャンプ場でも脱ぎ履きが楽な疲れないサンダル。

見てみて!フラットな状態から履けるよ!

段差がほぼないのでユニバーサルデザインだね!

段差がほぼないのでユニバーサルデザインだね!

ササっとベルトを巻いて、サンダル着用完了!

靴ひもを結ぶ工程から解放された。気持ちいい…。

靴ひもを結ぶ工程から解放された。気持ちいい…。

正面から見るとこんな感じ。

シンプルイズベストなサンダル。

シンプルイズベストなサンダル。

クッション性は全くないが、キャンプ場でトイレに行ったり、豆腐を買いに行ったりするにはうってつけだ。

一回り大きいくらいがちょうどいいかも

一回り大きいくらいがちょうどいいかも

隣の奥さんに自慢すると不審者に思われるので、ベビーグルートに自慢してみた。

わい「これ超軽いっす!」グルート「アイム、グルート!」

わい「これ超軽いっす!」グルート「アイム、グルート!」

もはやテント泊登山に欠かせない装備品だ。

まるで飛行機のようなシルエット。空も飛べそうなくらい軽い。

理想形はアイアンマンスーツのように遠隔で操作して自動的に靴が履けるようにしたいね(あほか)。

呆れるくらいシンプルなつくり

呆れるくらいシンプルなつくり

ホテルや夜行バス、飛行機の中でも役に立ちそうなサンダルです。

実際に家の中を歩き回ってみても、壊れる感じはしない。

手作りだから愛着が湧く。汚したくないなぁ。

手作りだから愛着が湧く。汚したくないなぁ。

ワークマンでも安いサンダルを販売してましたが、軽さ・コンパクト・コスパが良い点で私の勝利だ。フフフ。

実際にテント泊時にテン場サンダルを使ってみた感想は後日UPしますね(^^)/

以上、『縦走登山やテント泊におすすめ!テント場サンダルの作り方』をピックアップしました!

アウトドア好き必見の記事はこちらです♪

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!



スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク